多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:殺害

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    金正男(キム・ジョンナム)氏は、北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)
    総書記の長男で、現在の北朝鮮の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)
    第1書記の異母兄。 1971年5月に平壌で生まれ、母親は北朝鮮の
    映画女優、成恵琳(ソン・ヘリム)。 成の両親は、朝鮮戦争の最中に
    韓国から北朝鮮に移住した共産主義の知識人だった。

    0008hgjkuiy

    母親が既婚者であったことから、出生当時は父・正日によって存在を隠されて
    いた。 スイスやロシアへの留学歴があり、母国語の他に数カ国後を操ると
    される。 コンピューターにも精通し、北朝鮮の光ファイバー情報ネット
    ワークの構築などを指導した。

    金正日の後継者候補に挙げられていたが、政治に関心がなく、出生に問題もある
    ことから、2009年、三男の正恩が後継者に指名された。

    2007年より中国・マカオに滞在していたが、この頃、正恩によって暗殺を謀られた
    とされる。 以来、海外メディアの取材に母国の3世代世襲制について批判的な
    見解を述べていることもあり、北朝鮮の軍部などに敵視されているとも言われる。

    hqdefault

    正男氏の殺害現場となったマレーシア警察は2017年2月15日、実行犯と見られる
    女2人組のうち1人をこの日朝、暗殺現場と同じクアラルンプール国際空港で
    逮捕したと発表した。 警察によると、女はベトナムの旅券を持っていたが、
    ミャンマー人とも報じられている。 もう1人の女と、監視カメラの映像から
    浮上した仲間とみられる男らの行方を追っている。

    マレーシアの報道によると、警察は殺害に使用されたとみられる有毒薬物を特定
    したとしている。 15日に逮捕された女は、残りの仲間が逃走するため、おとりに
    された可能性があると警察は考えている。

    一方、国情院によると、正男氏は2012年4月、『私と家族を助けて欲しい』と暗殺
    指令の撤回を求める助命嘆願書を正恩氏に送っていた。 しかし、その後も北朝鮮
    当局は、暗殺の機会をうかがっていたとみられる。

    正男氏の身辺を保護していたのは中国当局で、暗殺を強行すれば中国との関係悪化が
    予想される。 家族は北京とマカオにおり、中国当局が保護しているという。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    新しく就任したカナダのドルドー首相は、カナダの先住民族との関係を完全に一新
    することを約束し、
    先住民族の女性1,200人が殺害されたり行方不明になっている
    事件の調査を開始する計画だと発表した。

    犠牲者の親族、活動家、先住民族の
    リーダーたちは、5年以上に渡って調査を開始するように
    カナダ政府に求めてきたが、
    ハーパー前大統領は調査を拒否していた。



    トルドー首相は、ファースト・ネーションズ会議で次のように述べた

    『被害者には
    正義が必要だ。 彼らの家族には、治癒と、(事件の真相を)知る機会が必要だ。
    我々は、この継続する悲劇に終止符を打つために、一緒に活動しなければならない』。

    活動家のクローデット・コメンダ氏は、これは『歴史的出来事』だと強調し、先住民族
    たちの『声に耳が傾けられる時が訪れた』と指摘した。 ガーディアン紙によると、
    先住民族の女性がカナダの女性全体に占める割合はわずか4%だが、先住民族の
    女性は、カナダで殺害された女性の16%を占めている。

    b3a8a117.jpg


    尚、イヌイット民族やメティス民族が暴力を受ける割合は、他の民族の3倍となって
    いる。 カナダの与党・自由党は、先住民族殺害事件を調査するための2年計画
    プロジェクトに、4,000万ドルを拠出すると約束した。 プロジェクトは来年春に始動
    する見込み。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ