多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:殺人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    カナダ・バンクーバーで留学中に行方不明となり遺体で見つかった、青森県出身の
    古川夏好さん(30)。 「なぜこんなことに」「無事を祈っていたのに」-。 青森市で
    娘の帰りを待っていた母恵美子さん(57)や、古川さんを知る関係者は1日、最悪の
    知らせに涙し、深い悲しみに暮れた。

    34c35498.jpg


    恵美子さんは2016年10月1日午前、同市の自宅で取材に応じ「元気で帰って
    来ると思っていたのに、いまだに信じられない」と憔悴しきった様子で語った。

    行方不明になる前の9月7日、無料通信アプリLINE(ライン)で、古川さんから
    「お母さん、ちゃんと寝なきゃ駄目だよ」と、健康を気遣う内容が送られてきたのが
    最後のやりとりになった。 「家族のことを常に気に掛けてくれる、優しい娘だった」と涙を流した。

    恵美子さんによると、9月30日午前、外務省から「古川さんの遺体が見つかり
    容疑者が逮捕された」と電話があった。近く恵美子さんらが現地に向かうという。 
    10月1日、恵美子さんの店舗兼住宅から出てきた親戚の女性は「外務省からの連絡を待っている状態。 今は何も話すことができない」と話した。

    近隣住民によると、恵美子さんは自然食品を販売する店舗を経営しているが、最近は
    店を休みがちだったという。恵美子さんを知る女性は「まさか娘さんがこんな事件に
    巻き込まれていたとは」と驚いた様子だった。

    複数の関係者によると、古川さんは子どもの頃、青森市から旧平賀町(現平川市)に
    引っ越し、小国小学校、小国中学校(いずれも廃校)に通った。 バドミントンの
    部活に励み成績も優秀で、弘前高校に進んだ。 高校の同級生の悲しみは深い。
    ある女性(30)は「行方不明のニュースを見てからずっと心配していた。 こういう
    ことになってただただ悲しい。 夢もあっただろうに」と声を落とした。 青森市の
    会社員女性(30)も「あんなに明るくていい人がなぜこんな被害に遭うのか。 夏好がもう帰ってこないなんて信じられない」と話した。

    16100100

    小国中時代の古川さんを知る津軽地域の男性教諭は「無念だ。 無事に戻ってきて
    くれるよう毎日祈っていたのに、なぜ…」とショックを隠さない。

    小国小学区の平川市切明に住み、子どもの頃の古川さんと親しくしていた女性(76)も
    「これからの人生だったはずなのにかわいそう。 何と言ったらいいのか」と
    やり切れないという表情で遠くを見つめた。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    介護や保育関連、その他、福祉系の仕事は、かなり仕事がキツイ割には、
    給与も非常に安く、それプラス、正規労働者であったとしても、平気でクビを
    切られるので、日本の雇用環境が生んだ闇とも言える事件。 特に、関東の
    雇用環境は最悪なので、日本の雇用環境は、待ったなしのところまで来ていると
    理解すべき。

    この事件を個人の問題と捉えている人は、現在の日本の劣悪な雇用環境を理解
    出来てはいない。 関東では、自殺は日常茶飯事だが、その殺意が内側に
    向いたか、或いは、外側に向いたかの違いです。 いい加減、他人事だけでは
    済まさずに、自分の問題として考えるべき。 そのためには、まず政治が変わら
    なければならないが、今の日本にそれは期待出来ない。

    1607280050

    今の関東では、一度クビになったり、退職をすると、まともな転職先はないので、
    皆ブラック企業で死に物狂いで働いているが、それ以前も経済的に余裕が
    なかったところに、東日本大震災で完全に底が抜けたため、転職自体が出来なく
    なった。 そこへ更にアベノミクスで追い撃ちを掛けられて、他人の事など
    気に掛ける余裕すらなくなったが、現在の生きづらい世の中は、とどの詰まり、
    寛容性のなさから来ているため、社会の隙間に落とされた人間には、居場所
    すらない。

    この事件の犯人を批判するのは簡単だが、その前に、日本社会の闇を良く理解
    すべき。 事件が起きるのには、それ相応の理由があるはずだが、複雑に絡み
    合ったその理由を理解しない限り、単なる個人批判で終わるであろう。 日本
    では、何もかも個人のせいにして闇に葬り去る傾向が強いため、これを期に、
    社会全体の問題として総合的に考えるべき。

    現代日本社会は、皆ギリギリの精神状態で生きているため、最終的には、
    誰しもがこうなる可能性を秘めている。 特に、目標が高い人の場合は、理想と
    現実が反比例しているため、挫折を経験することが多い。 日本で幸せになれる
    のは、支配者になるか、バカになるしか道がないと理解しておくべき。 まとも
    ではない人達が支配している国では、まともな考えは生まれない。 その事を
    無視している限り、この国は変わらない。

    200000011

    安倍政権がこの事件に対して、暫くだんまりを決め込んでいたは、元々国民の
    命には関心がないから。 早急に対策を考えるとはしたものの、この障害者
    施設の安全だけを考えたところで、そもそもが、根深い社会問題であるため、
    その根本部分を変えない限り、何も変わらない。 結局は、口先だけなので、
    単なるパフォーマンスと言えるであろう。

    この種の事件は、『格差』が問題であるため、精神鑑定以前に、社会格差を
    何とかしない限り、このような事件は何度でも起きる可能性がある。
    ヨーロッパで最近頻発しているテロは、そもそもが、格差と差別が原因とも
    言える。 アベノミクスは、むしろ、この格差を拡大しているのと、社会的な
    問題を何もかも無視しているため、安倍張本人が、この事件の原因であると
    言っても過言ではない。

    日本は、民主主義の国などではなく、ひとつのことしか許さない全体主義の国
    であるため、ある種の『たが』が外れてしまうと、このような事件は、何度でも
    起きる可能性がある。 逆に、これまでこのような事件が起きなかった方が
    不思議なぐらいなので、別に驚くような事件ではないと思う。

    特に、関東は、人と人の繋がりが希薄なので、何をしようが、周囲が無視する
    ため、変な人間が特に多い地域。 日本が全体主義の国だと気付いてすらいない
    人たちの場合は、全て『自己責任』にしてしまっているが、その全体主義に
    馴染めなかった人間は、切捨てられて、闇に葬り去られるため、社会全体の
    考え方を変えない限り、このような事件は、今後も増えるため、単に、この事件の
    犯人だけの問題とは言えない。

    この事件を教訓として、この先、自分自身も何かの拍子で被害者にも加害者にも
    なり得るということをしっかりと認識しておくべきなのでは?

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    西ヨーロッパに行くと、必ず1度は体験するであろうもの、それは、『差別』。 欧米
    社会では、あくまでも、自分たちが正しい事が大前提となっているため、それ以外の
    ものは、全て差別の対象となります。 それを生み出す最大の要因は、自分と異なる
    人間を認めない、『心の狭さ』と『無知』です。 欧米では、この『差別』的な心理が、
    常に、社会の根底にある事を忘れてはなりません。

    charlie13n-1-web
    全ては許される

    日本でも、最近では、『ヘイトスピーチ』が問題となっていますが、今回事件が起きた
    フランスの『表現の自由』と比較すると、まだ相当可愛い部類に入ります。 そもそも、
    『言論の自由』とは、何でも無責任に吐き捨てて良い権利などではなく、社会批判等を
    行う際に、自分の意思表示や、異なる意見の人たちに対して、異を唱える権利の事で
    ある筈が、どこで間違ったのか、『誹謗中傷を助長する権利』、または、『無責任に何でも
    言える権利』にまで成り下がっています。

    5cf5c337

    東日本大震災が起きた際にも、欧米系のメディアは、一切に大袈裟な報道をしましたが、
    それは、自分達からは遠く離れた話であり、特に自分達には、そのしっぺ返しが返って
    来ない事が大前提となっており、今回のフランスのみならず、ドイツや、アメリカの報道にも、
    未確認な情報が多々見受けられました。

    『美味しんぼ』騒動の際にも、『表現の自由』云々の騒動が起こりましたが、不確定要素を
    大袈裟、または、それをさも事実のように述べるのは、『表現の自由』などでは、決してなく、
    単なる『デマ』です。

    『表現の自由』が何でもまかり通るのであれば、今度は、それを受け取る側が、自分の頭を
    使って、それらの情報を正しく選別すべきです。 そもそも、感情的にものを述べている人の
    ところには、同じレベルの人間しか集まりません。 よって、『同属嫌悪』同士での応酬
    合戦となり、いつまで経とうが、話が先に進まなくなります。

    24A5649200000578-2907035-image-a-22_1421089342735

    異なる意見や文化の人たちに対して、敬意のない『言論の自由』は、単に差別でしか
    ありません。 まず、相手に対して、敬意を示さない限り、自分も完全に同じ扱いを
    受けます。 これを因果応報と言います。 自分の権利だけを主張する人は、まず、
    相手を認めない限り、自分の権利も当然認められません。

    『表現の自由』は、弾圧や、いじめ等々を受けている側が保障されるべきものであり、
    逆に弾圧や、いじめを行っている側に、そのようなものが堂々と保障されてしまうと、
    ますます勢いに乗るため、むしろ、ある程度、規制を入れてしかるべきもの。

    その明確は判断は、やはり、ひとりひとりの意識に寄るところが大きいのですが、道徳力の
    欠如と、差別の助長は、必ず比例します。 そもそも、自分以外の人間は、全員異なる
    という意識がない人の場合は、他人を受け入れる事すら困難なため、それを政治家に
    利用されると、歪んだ『愛国主義』へと容易に発展するため、ますます扱いづらいものへと
    変貌します。

    Charlie


    自由には、責任が伴うという事を忘れてしまうと、このような事態になると言う事を、
    まざまざと見せ付けられたのが、今回のフランスでの事件だと思います。 テロ行為や、
    殺人行為は、もちろん、非難されるべきですが、その原因を作ったのは、逸脱した過激な
    『表現の自由』であるため、それを保障しろと言われても、お門違いも甚だしいと思います。
    西ヨーロッパでは、『エゴイスト』が多く、東ヨーロッパでは、『ファシスト』が多いので、
    個人主義と全体主義が過剰反応したものが、フランスとウクライナの事件であるとも
    言えます。

    むしろ、日本の場合は、『事なかれ主義』が花盛りであるため、一切何も言わない、
    言わせない、監視社会へと変貌を遂げております。 よって、フランスよりも、日本の方が、
    『表現の自由』が保障されてしかるべき。 中央メディアに至っては、既に、『表現の自由』
    すら一切ありません。 日本の情報公開度は、既に地に落ちています。

    日本とフランスとでは、完全に両端を行っているため、どちらに傾き過ぎても、問題だらけ
    です。 このような状況を防ぐためには、何でも情報を鵜呑みにはせずに、自分の頭で
    考え、何が正しくて、何が間違っているのか、正しい情報を元に、正確な判断を下す事が
    非常に重要になってくると思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本では、生活保護不正受給の事ばかりが論じられているが、本当に問題なのは、
    受給を受けたくても、受けられない人が大量に居る事。 日本国民は全体的に、
    貧困化しているため、この問題は、この先、更に酷くなる事が予想される。

    日本は生活保護の捕捉率が極端に低く、2割に満たない。 つまり、生活保護を
    受ける資格がある人のうち、実に8割の人が受給していない。 世間体を気にする
    余り、申請に行かない人も多く居るが、それは、わざわざ申請に行ったとしても
    窓口で追い返されるため。
     
    10628244_719248774829989_1246176308736117682_n

    もちろん、母親による殺人は絶対に正当化出来ないが、これは行政による殺人でも
    あると思う。 今この瞬間にも、様々な理由により、ジワジワと殺されつつある
    人たちが無数にいるが、日本はこの先、それで良いのか?

    『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』 


    9月24日、千葉・銚子市の県営住宅で女子中学生が死亡しているのが見つかり、母親が逮捕された。

    この日は家賃滞納による立ち退き強制執行の日で、訪問した裁判所や県の職員が発見した。

    母親は「娘を殺して自分も死のうと思った」「住むところがなくなると生きていけなくなると思った」
    などと供述している。

    2人暮らしだったこの母娘は07年に県営住宅に入居。

    しかし娘が中学に入学する際に10万円ほどの出費が発生、それから家賃が滞納されて額が膨らみ、今回の
    立ち退き強制執行に至った。

    母親の月収は7万円ほどであり、家賃の8割減免の対象であったが、県住宅課は「相談がなかった」ため、
    母親に減免制度のことを伝えていなかった。

    また、母親は13年に市の生活保護担当課を訪れているが、担当者によると「申請の意思はなかった」
    「切羽詰まった状況ではなかった」とのことで、申請を受けなかった。

    実際には母親の収入は生活保護の対象であり、申請すれば月3万5000円の支給が可能であった。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ