多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:権利

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2011年10月に発令されたスポーツ選手の移籍に関する課税制度
    「Taxe Buffet(タックス・ビュフェ)」は、2012年度の財政法に関する
    議論が行われ、2011年夏にフランスリーグのプロサッカー選手3名の移籍に
    関して、3%の税金を課す新たな税金の導入を提案したが、この提案は直ちに
    プロサッカークラブ連盟事務局長らにより批判され、廃止された。 但し、
    この法案が、「Taxe Buffet」導入の元となった。

    2911701

    スポーツイベント放送時の権利に関するこの課税制度は、一般税制法302
    bis ZE条項として導入されることとなり、2000年度の財政法第59条として
    制定された。 2008年度の財務法では、この適用範囲が拡大され、その税率は
    5%となり、各スポーツ協会、企業、競技連盟、競技リーグ、その他、スポーツ
    イベントを主催する者から集められることとなった。 この制度では、再放送権が
    移譲され、現在この税金は、スポーツ振興センター(CNDS)へと支払われている。

    その一例として、プロサッカーリーグは、競技をテレビで放送する際の権利を
    委譲しなければならず、この際に、手数料を支払うものとする。 この放送権の
    金額の一部は、クラブチームに還元されるが、債権者としての課税の義務はない。
    2009年度は、サッカーによる課税金として、CNDSへ4,300万ユーロがもたら
    された。

    【フランスで人気のスポーツ】
    515133772

    【テレビ放送】
    フランスでは、ケーブルテレビが一般的となっており、スポーツ専用放送
    チャンネルは存在しないものの、ある特定の競技と主な競技大会に限定して
    スポーツ放送を行なっている。 TF1ではサッカー(ワールドカップ、主に
    フランスチームの試合)やセーリングを主に放送している。

    フランスのテレビでは、オリンピック、サッカー、ラグビー、自転車競技
    (ツール・ド・フランス)、陸上競技等を放送している。 有料チャンネルでは、
    フランス・チャンピオンシップリーグ1の限定放送、チャンピオンズリーグの
    試合を放送するスポーツ・チャンネルがある。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ノーベル平和賞の授賞式が12月10日、スウェーデンの首都ストックホルムで開かれ、
    史上最年少の受賞となったパキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)と、インドの
    人権活動家であるカイラシュ・サティヤルティさん(60)に、メダルと賞状が送られた。

    女性や子供の教育の権利を訴えて活動してきたマララさんは、式典で『なぜ戦車を
    つくることは簡単で、学校を建てることは難しいのか』と講演。 発展途上国の
    子供たちの教育環境の改善が、進みが鈍いことを指摘し、各国の政治家に教育に
    力を入れるよう求めた。

    戦争はその国を滅ぼします。 教育はその国を造ります。 よって、戦車を作り、
    それを使う事は非常に簡単で、しかも、何もかも破壊するのは、実は、一瞬で出来ます。
    学校を創り、その国の教育の礎とし、それが実を結ぶのには、約20年程度掛かります。
    一瞬で壊したものを、元に戻すのには、最低でも、20年の歳月が必要と言う事です。
    この事から考えても、この国の未来を変えるためには、約20年の歳月が必要です。

    今から、すぐに方向転換をしたとしても、20年です。 あなたは、この先20年後に
    住むであろう、未来の人たちの事を考えて生きていますか? 木を切り倒すのは、
    一瞬です。 但し、それを再生するためには、膨大な『時間』が必要です。

    子供と教育は、この国の未来です。 今、この瞬間だけ良ければ良いのではなく、
    未来の事も考えて下さい。 自分だけ儲かれば良いのではなく、周りを見渡して、
    飢えている人、困っている人が居ないか、もう一度確かめて下さい。 自分だけ
    幸せになれば良いのではなく、周りにも自分の幸福を分け与えて下さい。
    そうすれば、自分も必ず、幸せになれると思います。 日本の大学は、無料化
    すべきです。 お金持ちの親を持った学生も、そうではない学生も、皆平等に
    学べるようにすべきです。 学生は、その国の宝、未来を創ります。

    10846227_404756723012149_705713177949365872_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ