国連が毎年調査を行っている、『世界の町、住みやすさランキング』において、常に
世界のトップをひた走る、ウィーン市内の定期券のデザインが一新された。 これさえ
あれば、ウィーン市内の国鉄、私鉄、地下鉄、バスの全ての交通機関に無制限で
乗り降り可能となる万能定期とでも言うべきもの。

ドイツ語圏、フランス語圏共に、『改札』というものがないため、切符を購入した際には、
改札らしき場所で、切符に自分でパンチを押さなければ、切符が有効にはならないため、
注意が必要。 よって、キセルをしようと思えば、幾らでも出来るのだが、度々車内に
抜き打ちで、検札のコントローラーがやって来るため、その際に切符、または、定期券を
所持していなければ、一か月分の定期券と同額の罰金を徴収される。

オーストリア国鉄には、『年間券』という制度があり、こちらは、年間1万円程度の会費を
支払って会員になると、オーストリア国鉄が全て半額になるというお得な制度。

尚、ドイツ語圏、フランス語圏では、鉄道の中に普通に自転車を積み込む事が出来る。
これは、日本とは、決定的に異なる点と言える。 毎日、ぎゅうぎゅう詰めの電車に
揺られていると、物と同じような扱いを受けているような気分になるのは何故なのだろう?

尚、ウィーンのIKEAは、ギリギリ ウィーン市外にあるため、この定期だけでは行けない。
1662016_855194184532491_1012935357312723612_n
>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村