多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:栃木

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    ★旅行★ に参加中!

    東日本大震災、津波被災地への旅。 まずは、東北自動車道経由の高速バスに乗って、
    新宿バスターミナルを出発するところから♪



    【新宿バスターミナル】
    東京みやげは、『雷おこし』が一番有名ですが、貰って困るおみやげのかなり上位に
    食い込んでいる思います。 このような貰って困るものは避けて、おみやげは、せんべい
    とか、万人受けする無難なおみやげにしたいところ。 東京(新宿)⇔仙台間の高速バスの
    料金は、2,500円~あるので、是非お試しあれ。 再来年からは、仙台空港が、格安
    LCC航空会社のピーチ・アヴィエーションの拠点空港となるため、成田⇔仙台間の
    航空運賃は、3,000~8,000円程度になるものと思われ、高速バスの料金は、更に下がる
    かも知れません。

    IMG_0596
    IMG_0592
    IMG_0594
    IMG_0595
    IMG_0608
    IMG_0617

    【羽生サービスエリア(埼玉)】
    今回は、JRバス東北での高速バスの旅ということで、最初の休憩場所は、埼玉県最北の
    パーキングエリアである、羽生PAです。 羽生PAは、下り線は余り大したことがないの
    ですが、上り線のPAは、時代劇のような設備となっており、東北道を利用する際には、
    必見の場所となっています。 高速バスの休憩箇所は、そのバス会社によっても異なるの
    ですが、2ヶ所の場合は、この羽生SAと、福島の安達太良SAの場合が多いです。

    IMG_0620
    IMG_1616
    IMG_1627
    IMG_0623
    IMG_0624
    IMG_0626



    【那須高原サービスエリア(栃木)】
    栃木県北部にある、那須高原サービスエリア。 このサービスエリアで販売されている
    商品は、どれも美味しい☆ 他では販売していないような商品が多いため、東北道の
    旅では、欠かせない場所となっています。 栃木は、低迷が続く北関東の中でも、
    『都道府県魅力度ランキング』において、頭一つ抜け出ているのですが、その結果は、
    このおみやげに完全に現れています。 東北道を北上する上で、最もお勧めの休憩
    場所は、この那須高原SAとなっています。

    IMG_0635
    IMG_0637
    IMG_0641
    IMG_0642
    IMG_0638
    IMG_1602

    【国見ービスエリア(福島)】

    福島最北端、宮城県境に隣接する、国見サービスエリア。 被災当初は、かなり線量が
    高かったが、最近では、かなり落ち着きました。 線量が高い時期でも、野外で野菜や
    果物を販売していたのには閉口しましたが、福島では、今のところ、特に影響は出ていない
    そうです。 この辺りまで来ると、ご当地キャラクターが豊富になり、何を買おうか目移り
    します。

    IMG_1589
    IMG_0649
    IMG_0652
    IMG_0651
    IMG_1593
    IMG_0657

    【終点 仙台駅】
    高速バスの終点は、仙台駅東口駅前にあります。 一部、広瀬通に到着するバス会社も
    ありますが、その殆どは、東口に到着します。 仙台駅東口は、現在、大規模再開発中で、
    2年後の完成を目指して、着々と工事が進められています。 以前は、仙台駅に阻まれて、
    駅東西の発展度合いが著しく異なっていたのですが、最近では、東口周辺が、大規模
    再開発されたため、東口の方が綺麗になりました。

    IMG_0671
    IMG_0674
    IMG_0679
    IMG_1554
    IMG_0688
    IMG_1578



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    日本の方言 に参加中!

    首都圏方言とは、共通語、東京方言および西関東方言が融合して成立した、
    この地域の地域共通語であり、新東京方言や東京新方言などとも呼ばれる。
    首都圏方言の使用地域は、東京中心部および東京への通勤・通学圏が中心と
    なっている。

    首都圏方言の使用地域は、主に、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に該当する
    地域、更に、茨城県の県南地域や栃木県と群馬県の一部地域にもまたがっており、
    首都圏方言の影響は、広範囲に及んでいる。

    首都圏では、標準語で話していると思い込んでいる人が多いが、実は、若干
    訛っているため、他地域の人達には、意味が通じない事があるため、以下の
    表現には、十分な注意が必要。

    【日本の方言分布図】
    青・緑=東日本方言、黄褐=西日本方言、黄・橙=九州方言

    Japoniclanguages
    【日本語のアクセント分布図】
    赤 - 京阪式アクセント地域
    緑 - 東京式アクセント地域
    pitchaccent
    【首都圏方言の一例】

    出典: Wikipedia
    ●ちがかった - 五段活用動詞「違う」の形容詞活用化。 栃木・福島県の
     方言から。
    ●うざったい - 「鬱陶しい」を意味する形容詞。 略して「うざい」とも。
     多摩地方の方言から。
    ●ちっけった - 「じゃんけん」のこと。
    ●みたく - 「みたい(だ)」を形容詞のように活用させたもの。
     北関東の方言から。 (例)お母さんみたいに→お母さんみたく
    ●きれくない - 形容動詞「きれい(だ)」の語幹末尾「い」を形容詞活用
     語尾と混同しての 形容詞活用化。(例)きれいじゃない?→きれくない?
    ●よこはいり - 「割り込み」のこと。
    ●ら抜き言葉 - 大正時代からある表現だが、戦後になって使用が拡大している。
     (例)見られる→見れる

    その他、現在の首都圏で広まっている比較的新しい表現には次のものがある。

    ●…(する)よか - (する)するしか、(する)よりも。 北関東の方言から。
    ●こちとら - 一人称。 おれ。 われわれ。
    ●青たん - 青あざ。 北海道方言由来。
    ●かたす - 片づける。
    ●かったるい - 身体が疲れてだるい。 北海道方言から。
    ●くっちゃべる - 無駄なおしゃべりを続ける。 北海道方言から。
    ●だべる - 無駄話をする。駄弁の動詞化。
    ●つんのめる - 倒れそうになるほど体が前に傾く。 茨城弁から。
    ●…した時ある - 「…したことある」の意味。 東北地方の方言から。
    ●多いい - 「多い」の転訛。 アクセントも標準語とは異なり、標準語の
    「多い」ではおおい、もしくは、おおい と発音する(NHKアクセント
     辞典では前者を推奨) が、首都圏方言の「多いい」では おおいい と
     発音する。

    東京方言では「してしまった」を「しちまった」や「しちゃった」と変形
    させるが、北関東の方言の影響から、「しちった」という表現が新たに
    使われ出している。 なお、「しちまった」や「しちゃった」も明治時代
    に東京近郊の方言から取り入れられた表現である。

    中部地方(三河弁・遠州弁あるいは甲州弁)で発生し、多摩地方や
    神奈川県を経由して取り入れられた「じゃん」が有名である。 東京都内よ
    り横浜方面で先に広まったことから、これを「横浜弁」と認識している者が
    多いが、現実には横浜の伝統的な方言でも、横浜発祥の新方言でもない。
     
    「違い」形容詞的活用は、終止形「ちげー」として用いられる場合もある
    (特に終助詞「よ」が付く場合に顕著:「ちげーよ」)。 この場合、
    「ちげー」は完全な形容詞平板型アクセントを獲得しており、形容詞の
    型の弁別は失われていない。

    新しい表現が広まる一方で、「おっこちる・おっことす(=落ちる・
    落とす)」「のっかる・のっける(=のる・のせる)」「ぶっとばす
    (=なぐりとばす)」「おっかける(=追いかける)」「ぶんなぐる
    殴る)」など、動詞の前に促音や撥音を含む接頭語を挿入する現象や、
    「かたす(=片づける)」などの伝統的な方言の表現が若年層に継承
    されている例もある。
     
    若者の話し言葉では、くだけた感じや親密な感じを出すために他地方の
    方言(特に「お笑い」のイメージが定着している大阪弁)を意図的に
    混ぜることがある。

    2005年頃には、東京の女子高生を中心に日本各地の方言をメールなどに
    織り交ぜることが流行した(方言のおもちゃ化・アクセサリー化)。
    また、近年の接客業でよく使われる「よろしかったですか」などの
    いわゆるバイト敬語(コンビニ敬語)は、北海道方言などの影響を
    受けているとの指摘がある。

    このページのトップヘ