多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:枝野

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    原発事故の収束に向けた作業が続く、東電福島第一原発で、多数の傷病者が
    発生している。 資源エネルギー庁への情報開示請求で開示された資料から
    分かった。 そのほとんどが、未公表だった。

    開示されたのは、東電から資源エネ庁に送られた事故発生時の連絡メール。
    事故の大小に関わらず、また労災の適用かどうかにも関係なく、発生と同時に
    発生場所や状況、ケガの程度、治療内容などが連絡されている。

    メールによれば、2014年4月から9月23日までの間に、骨折を伴う事故が9件、
    傷口を縫合する必要があったケガが9件などを含む43件の事故と、18件の
    体調不良が発生していた。傷病発生の状況は、おおむね次の通り
    (期間は2014年4月1日~9月23日)。

    ・熱中症 32件
    ・脱水症 5件
    ・体調不良 18件
    ・ケガ 43件(骨折9件、縫合処置9件)
    ・病院への搬送 22回(救急搬送13回、業務車による搬送4回、ドクターヘリ
     3回、搬送方法不明2回)

    東電は2013年9月以降、自社で決めた『通報基準・公表方法』という公表基準に
    沿って傷病者の発生を広報している。 基準は2014年2月19日に改訂され、
    現在に至っている。

    更に、東電は、傷病者発生だけに留まらず、現場での労働環境、福島の原子力、
    火力、水力発電所で発電した電力の支給先がほぼ『関東限定』である事や、
    被害者に対する補償拒否の問題、あちこちの団体から訴えを起こされている件、
    毎朝、ヤクザが仙台駅前で原発作業員を探している事実も特に公表してはいない。
    各地の放射線量を計測しているのも、東電ではなく、各地方自治体となっている。

    nihon_no_housyanou

    東電は、原発事故を起こす前までは、約24兆円の資産を保持しており、その数字は、
    日本の国家予算、94兆円の約4分の1程度の巨額の富を所持していた。 それでも、
    まともな津波対策を怠り、地域住民を洗脳し、その挙句の果てには、事故を
    起こした後にも、まともな補償は行わず。 東電は、原発から放出された
    放射性物質は、既に東電のものではないとハッキリと言い切っている。 現状の
    東電の資産は、それでも、約15兆円はあると言われている。
    20110328040715dc9

    原発が安価な発電施設と言うのも全くのウソで、まともな防災対策や、広域事故を
    起こした場合の被害者への補償金等々を考えれば、火力発電の方が遥かに安上がり。
    原発がなくなれば、電力が足りなくなるとか、燃料費がかさむと言うのであれば、
    無駄に増え過ぎた、コンビニ、ファミレス、自販機、無意味なイリュミネーション
    等々を削減すれば良いだけの話。そもそも、24時間で働いても、欧米並みの生活を
    維持出来てはいないため、夜中に働く意味を全く感じず。



    お金儲けのためだけに、人の命を犠牲にしてまで、電力を生み出す世の中は、
    そろそろ終りにすべきなのでは。

    続きはこちらから

    >>トップページに戻る

    【お勧めの一冊】




    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    原発事故発生当時、民主党官房長官であった枝野氏は、国民に対しては、
    『ただちに問題はない』とする一方で、自分の妻子だけは、シンガポールへと逃がした
    人物。 その妻子は、今でも日本へは帰って来てはいないのでは?
    10685561_601314649998351_1925152610778066510_n
    東北大学の出身であるため、仙台に4年間も住んでいたのだが、被災地を完全に
    見捨てた恩知らずな人物。 嫁の実家に転がり込んでいるマスオさんであるため、
    埼玉5区からの立候補となっている。 前回の選挙の際には、枝野の選挙区である
    埼玉5国に住んでいたため、皆でデモをして、落とそうと頑張ったのだが、力及ばず、
    再選となった。 一体誰がこんな人物に投票しているのか、疑問しかわかない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ