多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:東西線

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2015年12月6日に仙台市営地下鉄東西線が開業した。 仙台市内では、3本目の
    地下鉄となり、この東西線と地下部分で並走しているJR仙石線は、実は、日本で
    初めて地下を鉄道が通った路線となっており、東京メトロ浅草線よりも、仙石線の
    方が先に開業している。 但し、現在その部分は、廃止されており、現在の地下
    部分は、2000年に再度地下化したもの。


    東西線の工事は、東日本大震災発生後にも遅れずに、予定通り2015年の開業と
    なっている。 東西線は、リニアモーター方式を採用しているため、仙石線との相互
    乗り入れは出来ない。

    東西線は、計画当初、モノレールでの建設が検討されましたが、その後、仙石線の
    延伸へと変更され、最終的には、その仙石線とは乗り入れない形で、リニア方式が
    採用されたもの。

    車両とホームとの隙間が、かつて見たことがないぐらいに、ピッタリと作り上げられて
    いたのが非常に印象的。 地下鉄仙台駅は、JRあおば通駅と同じで、JR仙台駅とは
    違うのだが、東西線が出来て、その定義が崩れたため、どっちに行ったら良いのか
    分からなくなりました。 仙台では、来年の3月に北海道新幹線も開業します♪



    同じ12月6日からは、地下鉄の開業に合わせて、『仙台光のページェント』が始まったが、
    この光のページェントは、日本で初めて樹木にイルミネーションを取り付けたイベント
    としても有名で、今年で30周年目の記念の年となっている☆ 仙台のイルミネーションは、
    ケヤキ並木が完全にトンネルになっており、その真中を歩く事が出来るため、他の地域の
    イルミネーションとは、迫力がまるで違います。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る

    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    札幌市が運営している市営地下鉄は、日本唯一、世界唯一が詰まった札幌市民の足。

    現在は、南北線、東西線、東豊線の3路線での運行を行っている。 文字通りの『鉄の道』を
    使用していないなどの、様々な工夫が随所に見られる、非常に特徴のある乗り物となっており、
    地上に出ているシェルター部分は、降雪時でも、地下鉄が安全に走行できるように設置されて
    いるもの。
    content_photo3
    札幌の地下鉄は、ゴムタイヤ走行
    これは、世界でも、札幌とパリだけ
    img2010042521001317448s6
    地上部分は、シェルターで雪から守られている
    中央部分の『案内起動』を使った運転を行っているため、レールがない
    content_photo5
    札幌では、『優先席』ではなく、『専用席』
    content_photo6
    札幌の地下鉄には、網棚がない
    これは、通勤時間が短いから出来るわざ

    【札幌方式(中央案内軌条方式)の特徴】
    ■通常の鉄車輪式と比較して、札幌市営地下鉄のゴムタイヤ方式には以下のような特徴がある。
    ■加速・減速性能に優れている。
    ■粘着性が比較的高いため、急勾配における登攀性に優れている。
    ■乗り心地が良く、保線の必要が少ない。
    ■騒音が少ない。ただし、全車非冷房車のため、夏場は窓を開けることから車内では
     トンネル内の走行音が大きくなる傾向がみられる。
    ■タイヤの磨耗が激しくタイヤ保守費用が嵩む。
    ■車両が完全に独自規格のため、他社との基本設計の共通化によるコスト削減が困難。
    ■トンネル断面積が大きいことで、キロメートル当たりの建設費用が必然的に割高となる。
    ※リニアメトロの普及によりゴムタイヤ方式のメリットは低くなりつつある。

    【現在の路線図】
    rosenzu_1
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ