多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:東芝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    今話題のニュース に参加中!

    1966年12月11日に初臨界実験を行った「東芝原子力技術研究所」は、東京湾
    周辺の原子炉の1つで、今年で操業開始から52年目を迎える原子炉の開発を
    専門に行っている東芝の民間施設。 羽田空港の対岸、神奈川県川崎市川崎区
    浮島4-1にある。



    動力用原子炉、並びに、その燃料要素等の原子炉物理実験を目的とし、低濃縮二酸化
    ウランを燃料とし、低濃縮ウラン軽水減速非均質型臨界実験装置(NCA)を用いた
    実験炉となっており、年間で60日程度稼働実験が行われているため、実際は、
    都心部に原発があるのと同じ状態。 2004年7月13日には、中性子増大のために
    自動停止している。 東日本大震災が発生した際には、運転停止中だった(2011年
    3月4日より停止)。 もう一基の東芝教育訓練用原子炉 TTR-1 は2001年3月に既に
    廃炉となった。
    img_pamphlet_05

    IMG_5015
    IMG_5014
    IMG_5013
    IMG_5018
    IMG_5019
    IMG_5022
    IMG_5027
    IMG_5006
    IMG_5003

    【東芝原子力技術研究所 原子炉の運転再開を川崎市に報告】
    毎日新聞 2011年11月26日 地方版

    川崎市は2011年11月25日、東芝原子力技術研究所の研究用原子炉が28日以降に
    運転を再開すると発表した。 同研究所から21日に報告があったという。

    市危機管理室によると、3月11日の東日本大震災発生時は、研究用原子炉は運転
    停止中で影響はなかったが、その後も運転を控えていた。 東京電力福島第1原発の
    事故を受けた文部科学省の調査や年1回の定期検査があり運転再開が遅れたという。
    運転再開時に市に報告があるのは異例で、東芝広報室は『震災後に市から要望が
    あったので連絡した』と話している。 市は24日付で研究所に安全対策の向上などを
    求める要望書を提出した。

    【川崎の実験炉 再稼働へ 東芝「研究ニーズある」】
    東京新聞 2011年11月26日 朝刊

    川崎市川崎区にある東芝の原子力研究施設「東芝原子力技術研究所」の実験用
    原子炉が、28日にも運転を再開することが決まった。 同社から通告を受けた市が
    25日、発表した。 実験炉は3月4日から運転を停止しており、東日本大震災時は
    稼働していなかった。 

    東芝によると、震災発生後の3月11~12日に施設を点検し、原子炉などに異常が
    ないことを文部科学省と川崎市に連絡。 その後も同省の定期検査を受け今月
    18日に合格証を得たという。

    この実験炉は民間が持つ国内唯一の臨界実験装置。 1963年に運転を開始し、
    最大熱出力200ワット。 研究用なので、発電装置はない。例年、60前後稼働
    させている。

    福島第一原発事故で脱原発の世論が高まる中での運転再開となるが、同社広報室は
    「事故などで損傷した原子炉の炉心管理技術の開発など、研究のニーズがある。
    大学生を招いた実験の予定もある」と強調した。

    通告を受けた市は24日、事故発生時の連絡体制の整備などを求める阿部孝夫市長名の
    要望書を同研究所に提出した。

    川崎市内にある原子炉施設一覧

    平成24年3月31日現在
    No.12345
    現在の名称東京都市大学
    原子力研究所
    (株)日立製作所
    王禅寺センタ
    (株)東芝
    研究炉管理センター
    -(株)東芝
    原子力技術研究所
    地区王禅寺地区王禅寺地区浮島地区王禅寺地区浮島地区
    設置許可時の名称武蔵工業大学
    原子力研究所
    (株)東京原子力産業研究所東京芝浦電気
    (株)総合研究所
    (株)日立製作所
    中央研究所王禅寺分室
    日本原子力事業(株)
    NAIG総合研究所
    許可年月日昭和34年
    10月7日
    昭和35年
    5月13日
    昭和35年
    5月13日
    昭和36年
    9月29日
    昭和37年
    7月24日
    運転状況廃止措置中廃止措置中廃止措置中-運転中
    原子炉構造物保管中保管中保管中解体済使用中
    核燃料の有無搬出済
    平成18年8月
    搬出済
    平成17年10月
    搬出済
    平成15年5月
    搬出済
    昭和49年9月
    あり
    廃棄物等保管中保管中保管中搬出済保管中
    原子力災害対策
    特別措置法の
    適用状況
    施行令第1条による除外施設施行令第1条による除外施設施行令第1条による除外施設対象外適用中
    川崎市
    地域防災計画上の位置付け
    地域防災計画第4章原子力災害の防災計画
    第2節 第2項
    地域防災計画第4章原子力災害の防災計画
    第2節 第2項
    地域防災計画第4章原子力災害の防災計画
    第2節 第2項
    対象外地域防災計画第4章原子力災害の防災計画
    第2節 第1項

    >>【火災事故】あわや東芝原子力技術研究所への延焼も?

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    7年前まで住んでいた、武蔵小杉。 11月22日に、久しぶりに訪れてみたところ、何と!
    駅前にショッピングモールが完成しておりました。 小杉に引っ越したのが、かれこれ、
    14年ほど前。 前々から、駅前にショッピングモールが出来るとは聞いており、そのために、
    駅のすぐ隣にあった、しょぼいスーパーを取り壊したのだが、その規模は、全くの別物。
    武蔵小杉駅前は、大々的に再開発を行い、本格的に町開きを行ったのが、つい数年前。
    ここに住んでいる人たちは、この地の事を、『小杉』と呼びますが、よそから来た人たちは、
    この地を『ムサコ』と呼びます。
    IMG_7528
    神奈川の中でも抜群の交通の便の良さを誇り、東急東横線の他にも、JR南武線、
    JR横須賀線、都営地下鉄三田線、東京メトロ南北線、みなとみらい線が乗り入れる、
    交通の要所。  最近では、渋谷駅を突き抜けて、副都心線、西武池袋線、西武新宿線、
    東武東上線にまで、乗り入れを開始したため、人口が激増しており、その家賃たるや、
    こんな時代でも、かなりの値上がりを続けた結果、以前は、7~8万円程度だった、この
    周辺の家賃の相場が、一気に10万円前後まで跳ね上がった。
    IMG_7530
    駅前のこの周辺は放置自転車の保管所、並びに、小さい工場だったのが、今では、開発に
    開発を重ねて、高層ビル群と化しております。 渋谷をはじめ、新宿、池袋、品川、新橋、
    東京、横浜、みなとみらいまでの交通アクセスも抜群で、関東でも人気の注目スポットと
    なっておりますが、元々は、イトーヨーカドーしかない、しがない住宅地であった事を覚えて
    いる人は、もう少ないのか? JR横須賀線のホームは、異常なまでに南武線のホームとは、
    離れておりますが、そこは、元々、 NECの敷地内で、川崎市が、NECから土地を買い上げて、
    JRに引き渡した後、わざわざ離れた場所にホームを建設したもの。 今では、そこも、
    成田エクスプレス停車駅。
    IMG_7535
    『グラン・ツリー』なるショッピングモールは、それぞれのフロアーが、専門店街となっており、
    閑静な住宅街には、似つかわしくない、巨大なショッピングモールとなっております。 因みに、
    この付近は、日本を代表するメーカーが多数林立しており、駅のすぐ隣にある、NECを
    はじめとして、キヤノン、富士通、沖電気、パイオニア、東芝、三菱ふそうが軒を連ねている
    、企業城下町。
    IMG_7536
    IMG_7543
    IMG_7541
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    このページのトップヘ