テレビ朝日系の『朝まで生テレビ!』では2016年1月1日、『激論!安倍政治~
国民の選択と覚悟~』と題した番組を放送したが、この番組内で、元総務相の
竹中平蔵・>慶応大教授の仰天発言が飛び出した。

a57b3fbe

番組内では、アベノミクスの『元祖3本の矢』や『新3本の矢』について是非を評価。
冒頭、『アベノミクスは理論的には100%正しい』と太鼓判を押した竹中平蔵氏だが、
アベノミクスの『キモ』であるトリクルダウンの効果が出ていない状況に対して、
『滴り落ちてくるなんてないですよ。 あり得ないですよ』と平然と言い放った。

b6ea63f8

トリクルダウン理論とは、『富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる』と
する経済理論、または経済思想である。 サプライサイド経済学における中心的な
思想となっている。 しかし、実証性の観点からは、富裕層を更に富ませれば、
貧困層の経済状況が改善することを裏付ける有力な研究は存在しない。

それどころか、OECDによる実証研究では貧富の格差の拡大が経済成長を大幅に
抑制することが結論づけられている。

1417095242

2013年に出版された『ちょっと待って!竹中先生、アベノミクスは本当に間違って
ませんね?』(ワニブックス)でも、竹中氏は、『企業が収益を上げ、日本の経済が
上向きになったら、必ず、庶民にも恩恵が来ますよ』と言い切っている。

竹中平蔵氏が、トリクルダウンの旗振り役を担ってきたのは、誰の目から見ても
明らかで、その張本人が今更、手のひら返しで『あり得ない』とは二枚舌にも
ホドがある。

img_0s

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村