多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:旧ソ連邦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ベラルーシの首都であるミンスクは、人口約200万人程度のこじんまりとした街で、
    仙台の姉妹都市となっている。

    ミンスク空港からミンスク市内へやって来る際は、宿のおばさんに地下鉄の
    終点駅まで乗せて来てもらったため、空港への行き方が分からなかったが、
    ミンスク駅のお隣り(と言っても、日本の感覚で言うと5件ぐらい隣り)に
    あるバスターミナルから空港行きのシャトルバスが20分間隔で出ている事が判明。
    更に、後で分かった事だが、このシャトルバスは、40分おきに乗り合いタクシーと
    路線バスが交互に出発しているため、空港への到着時間が20分程度異なっている。

    乗り合いタクシーは空港まで40分程度で到着するのだが、路線バスの場合は、
    1時間弱掛かる。 しかも、乗り合いタクシーの場合は、「降ります」の意思表示
    ボタンが付いていないため、降りたい場所に近づいたら、運転手に
    「降ろしてください」と意思表示をしない限り、タクシーから降りる事すら
    ままならないw

    IMG_0939
    IMG_0940
    IMG_0941
    IMG_0942
    IMG_0943
    IMG_0944
    IMG_0945
    IMG_0946
    IMG_0947

    ミンスクは、こじんまりとした街なので、徒歩で街中にある主要な観光地を
    全て見て周ることが出来るが、要所要所では、やはり、運賃約30円でどこまで
    でも乗れる地下鉄が便利。 外は暑いので、地下鉄の中は避暑地にもなる。
    有事の際には、核シェルターにもなるモスクワの地下鉄とは異なり、ミンスクの
    地下鉄は、そこまで深い場所を走っていないため、エスカレーターの移動も
    さほど苦にはならず。 ミンスクは思っていたよりも綺麗な街並みなので、主な
    観光地を徒歩で丸1日掛けて、ほぼ網羅した。

    「最も社会主義時代の痕跡が色濃く残る国」という偏った情報に騙されて、
    重苦しい雰囲気の街を想像していたのだが、ミンスクは、想像以上に綺麗な街で
    あった。 ドイツ軍に街を破壊されてからは、ソ連式の復興計画に則り、
    街の復興がなされた名残で、多少ソ連式の重厚な建物は残っているものの、
    そこまでの暗さは感じられなかった。 道路の清掃も行き届いており、中途半端に
    アメリカの薄汚い街へ観光に行くよりも、ミンスクの方が断然お勧め。 ロシア語も
    全く訛っていないため、ロシア語留学にも適している。

    IMG_0948
    IMG_0949
    IMG_0950
    IMG_0951
    IMG_0952
    IMG_0955
    IMG_0953
    IMG_0954
    IMG_0956

    明るい雰囲気のミンスク市内。 この周辺が街の中心部であるため、お土産屋の
    キオスクが軒を連ねていた。 ベラルーシの民族衣装を着た人形やロシアの
    マトリョーシカなど、観光客は少ないなりに、それなりには居るのだと思った。
    但し、皆ロシア語で喋っていたため、旧ソ連邦内、特に、ベラルーシではビザが
    必要のないロシアからの観光客だと思う。

    ヨーロッパにある街の中心部には、必ず教会があるのだが、敬虔な祈りの場で
    あるため、観光地ではない。 写真を撮るのは余りお勧め出来ないが、邪魔に
    ならない程度であれば、特に文句を言われることもないので、主なものだけ
    写真に収めて、教会を後にした。

    IMG_0957
    IMG_0958
    IMG_0959
    IMG_0960
    IMG_0961
    IMG_0962
    IMG_0963
    IMG_0966
    IMG_0967

    先ほどの教会がある地下鉄の駅からは若干離れているものの、正しい歴史を
    知るために、第2次大戦の記念館に行く事にした。 ミンスクは、ドイツ軍に
    よって破壊された街だが、ビリニュスはソ連軍によって破壊されたもの。
    ヨーロッパでは、至る所で殺し合いをしているので、それを乗り越えてEU
    というものが存在している事を忘れてはならない。

    博物館に行く途中にデパートがあったため、若干寄り道。 地下に食料品
    売り場があったため、ミンスクの生活を垣間見るために、色々と見て回った。
    ミンスクでは、流石にお隣りウクライナ・ポロシェンコ大統領の「アリョンカ」は
    売っていなかった。 物の全くない時代に旧ソ連に住んでいた者としては、
    世界が大きく変わってしまったという感想しか出て来ないのだが、逆を言うと、
    超極貧な地域でも、ものの20年程度で、この様に大発展出来る事を意味している。
    日本の場合は、逆にこの20年間ですっかりと退化してしまったため、
    ベラルーシをはじめ、旧ソ連地域における存在価値を全く見出せなかった。

    IMG_0968
    IMG_0969
    IMG_0970
    IMG_0971
    IMG_0972
    IMG_0973
    IMG_0974
    IMG_0978
    IMG_0977

    そのお隣りに本屋があったため、日本語の本を物色。 旧ソ連邦では、日本語の
    人気が高いため、日本語の教科書が30種類程度も置いてあった。 ここで
    自分へのお土産として、露和辞典を700円程度で購入した。 語彙数は約2万語
    であるため、基礎的な単語しか書かれていないのだが、用例が多いため、非常に
    勉強になる1冊であった。

    >>トップページに戻る



    【お勧めの一冊】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    国際交流 に参加中!

    旧ソ連邦から独立を果たしたキルギスは、親日な人達が多い国として
    知られている。 キルギスでは、『大昔、日本人とキルギス人は兄弟で、
    肉が好きな者はキルギス人となり、魚が好きな者は、東へと渡り、日本人と
    なった』とまことしやかに語られている。 このため、日本人が、キルギスへ
    行くと、どこでも大歓迎をされる。

     

    この熱狂的な親日感情は、恐らく、日本人と容姿が非常に似ている事と、
    隣国との複雑な関係からこうなったものと予想出来るが、元々、キルギス人は、
    人種的に欧米系のいわゆる、コーカソイドであり、その後、旧モンゴル領であり、
    現在ではロシア領となっているトゥバ共和国周辺から大量の移住者が押し寄せて、
    その後日本人と同じモンゴロイドへと容姿が変化した民族である。

    確かに、キルギス人は、日本人と並んで座っていても、全く違和感を感じない
    ぐらいに似ている。 中国人や韓国人は、見ただけで何となく日本人ではない
    と分かるが、中央アジアのキルギス人やカザフ人は、喋らなければ、見た目は
    日本人と全く同じ人達が多い。

    fee55

    キルギスでは、日本に対する関心が非常に高く、日本語教育も盛んに行われ
    ている。 よって、第一外国語として、日本語を選択する人も多い。 これだけ
    日本から離れた国で、日本語が熱心に学ばれている現状は、日本人としては
    ありがたいばかりであるが、逆に日本人が、このような親日国の事を全く
    知らない事が残念でならない。

    また、キルギスでは、韓国人男性とのトラブルが多発したため、韓国人との
    結婚を禁止している。 よって、非常に嫌韓国としても知られている。

    キルギスでは、仲間を連れた若い男が嫌がる女性を自宅に連れていき、一族
    総出で説得し、無理やり結婚させる、キルギス語で『アラ・カチュー』と
    呼ばれる『誘拐結婚』が行われている。 現在は、当然違法とされている
    行為だが、キルギスでは、これが伝統とされ、今でも誘拐結婚を行っている
    人達が後を絶たない。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ