日本が長い鎖国の眠りから解き放たれ、海外渡航禁止令が解かれたのは1866年。
これは、大政奉還が行われる前年に、御免の印章と呼ばれる、現在のパスポートが
初めて発行されたのが、その始まり。 それ以降、100年以上にも渡り、日本人は、
海外へと移民をしていた。 ハワイ王国のサトウキビ畑で働く労働者として、1885年
から10年間で、約2万9千人の日本人がハワイへと渡った。 これを官約移民と呼ぶ。

2e788447.jpg


その後、ハワイ王国が、アメリカ合衆国の一部となると、ハワイからアメリカ本土、
並びに、日本からアメリカ本土、カナダへの移民が増えて行った。 しかし、当時の
アメリカには、日本人移民を受け入れない動きが強くなっていたため、1899年には
ペルー、1908年にはブラジルへの移民が始まった。
 
2787fa56.jpg


ブラジルに渡った日本人は、主にコーヒー農場の労働者として働いた。 当初は、
海外で働いてお金を貯め、日本に戻る事を考えていた人が殆どであったが、次第に
移住した国に定住する人が多くなった。 そして、1924年にアメリカで日本人の
入国が禁止されると、大きな流れが北米から南米へと移って行った。 その結果、
第二次世界大戦前には約77万人、大戦後には約26万人の日本人が海外へ移住
している。

IMG_1383

第二次世界大戦が起こると、アメリカやカナダでは、日本人とその子孫である日系人は、
敵とみなされた。 そのため、多くの人たちが土地や家を奪われたり、強制収容所へ
入れられたりした。 南米でも、住む場所が規制されたり、日本人が経営する店が
壊されたり、日本人学校が閉鎖されたりと、日本人移住者たちは、それまでと同じ
暮らしが出来なくなった。

fbfb0d80.jpg


戦争が終った後も、北米や南米では、日系人に対する偏見や差別がなくならなかったが、
そのような状況でも、日系人は、日本に救援物資を送る運動を起こし、毛布や粉ミルク等
沢山の生活物資を日本へと送った。 これらの品々は、『LARA物資』と呼ばれ、日本人の
6人に1人がその恩恵を受けた。

823a6eff.jpg


戦後、日本人の移民が再開すると、多くの日本人が南米へと渡って行った。 しかし、
1960年以降は、その数も次第に減って行った。 そして、1993年には、国の方針として、
移住者を海外へ送る事が中止された。 
 
54cddf53.jpg


ここ十数年、かつて日本人が移住した国々、特に南米から、日系人とその家族を合わせて
約30万人の人たちが就労や勉学の目的で来日している。 こうした経緯から、日本人の
海外移住の歴史、そして移住者とその子孫である日系人について、広く理解を深める事を
目的として、JICA横浜に海外移住資料館が開設される事となった。



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村