中国経済特区への旅、アモイ(中国語名:廈門(シャーメン))編です。
こちらも中国に5つある経済特区のひとつ。 深圳からアモイに行く途中に、
もうひとつの経済特区であるスワトウも通るのですが、今回は、時間が
なかったため、スワトウは通過しました。 アモイへの高速列車は、全て
深圳北駅から出発します。

深圳駅から深圳北駅までは、地下鉄で丸1時間掛かります。 香港から深圳駅
までは、45分程度で到着出来ますが、深圳から深圳北駅までの方が遠い
ということになり、中国では、発車時刻の10分前には全ての手続きが終わって
しまうため、移動のためには、かなり時間の余裕を持って行動しなければ
なりません。 尚、深圳北駅は、英語では『Shen Zhen bei』。

アモイ駅とアモイ北駅も新交通システムBRTで約1時間ほど離れており、
深圳北からアモイ駅までは、時速200キロの中国高速鉄道でも3時間45分
掛かります。 料金は、深圳北→アモイが188元(約3,570円)、深圳北→
アモイ北が180元(約3,420円)でした。

【深圳北駅】
IMG_7143
IMG_7144
IMG_7145
IMG_7146
IMG_7147
IMG_7148
IMG_7149
IMG_7151
IMG_7152
IMG_7153
IMG_7154
IMG_7155

中国の国内移動には、身分証明書の提示が必須で、パスポートを常に持ち
歩かなければなりません。 中国人の場合は、駅でタッチするだけで改札が
通れる身分証明を皆所持しているのですが、外国人の場合は、パスポート
以外提示出来る物がないため、特にどこかへ行く予定がなくとも、パスポートは
持ち歩いた方が無難。 アモイのコロンス島に渡る際にも、パスポートは
必須でした。

この日は、アモイに行くことを見越して、深圳北駅のそばに宿を取ってあったため、
地下鉄に乗って4駅目の深圳北駅で、まずは腹ごしらえ。 中国でも日本同様、
車内販売の売り子が回って来ますが、やはり、食べ物は駅で購入した方が安い。
中国は意外と物価が高いため、油断すると、結構お金が掛かります。 深圳は、
香港と比較すると非常に物価が安いものの、東京と比較すると、ほぼ同程度の
物価(物によっては深圳の方が高い)であるため、油断は禁物。 尚、深圳北→
アモイまでは、概ね1時間に1~2本程度の高速鉄道『和調号』が走っています。

【アモイ駅】
IMG_7171
IMG_7174
IMG_7157
IMG_7177
IMG_7176
IMG_7180
IMG_7182
IMG_7185
IMG_7187
IMG_7188
IMG_7192
IMG_7193

深圳北駅からの中国高速鉄道は、2、3年ぐらい前に開通したばかりで、深圳北
からアモイまでの路線と、深圳北から福建省省都である福州南までを結ぶ路線の
2系統があります。 深圳北からアモイまでは、3時間45分の長旅、距離にして
約500キロ離れています。 アモイは、台湾の対岸、福建省にあり、福建省は
世界中に散らばっている『華僑』の故郷とも呼ばれています。

日本語にもなっている『茶』は、福建省の方言で、『お茶』の語源は大きく分けて、
『テー』か『チャ』の2つの系統に分かれるものの、どちらも元々は中国語が語源。
中国高速鉄道和調号は、全席指定ですが、誰も指定された席には座ってはおらず、
それでも誰一人として文句を言わないのが、中国人のおおらかさ。

中国では、一般的に一軒家は相当な田舎まで行かなければ存在せず、通常、一般
市民は、高層アパートに住んでいます。 これは、香港、マカオ、ロシアも全て
同じ。 現在、中国では、建設ラッシュの真っ最中であるため、至る所で高層
アパートの建設が進められています。

アモイ駅からは、数年前に新たに開業したばかりの新交通システムBRTに乗り込み、
終点の海側まで行くことにしました。 アモイ駅自体も、1年ちょっと前に高速鉄道
開通に向けて、大幅にリニューアルされたばかり。 アモイ駅からアモイ北駅
までは、BRTで約60分、4元(約76円)です。

【フェリーターミナル】
IMG_7195
IMG_7196
IMG_7199
IMG_7200
IMG_7201
IMG_7202
IMG_7203
IMG_7204
IMG_7210
IMG_7205
IMG_7206
IMG_7207

コロンス島へのフェリーは、余りにも観光客が多過ぎるため、昨年度から
新フェリーターミナルの方へと移転しました。 通常、移転と聞くと、便利に
なるものなのですが、中国の場合は、むしろ、不便になりました。
旧フェリーターミナルは、BRT終点駅からギリギリ歩いて行ける距離に
ありましたが、新フェリーターミナルは、そこから4キロ弱離れているため、
51番のバス(1元=19円)に乗って行くことになります。

BRTは、分かりやすく言うと、バス専用道路を走行する2連結のバスのことで、
全て立体交差であるため、信号がなく、バス自体は2~3分おきぐらいにやって
来るものの、車内が日本以上に激混みするため、ラッシュ時には、バスを数本
待たないと乗れないことも多々ありますが、そこは中国なので、たくましく
割り込んで行かなければ、いつまで経ってもバスに乗ることが出来ません。 

アモイのバスは1元(約19円)で、約15分程度で新フェリーターミナルに到着
します。 尚、アモイのバスは全て中国語のみの表示となり、英語での
アナウンスも一切ありません。 終点で降りる場合は大丈夫ですが、途中の
バス停で降りる場合は、運転手に一言降りる場所を告げておくと安心です。
アモイのバスには、ちゃんと冷房も付いていました。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村