ブログネタ
多言語学習法 に参加中!

日本以外の海外の国では、専門職である翻訳者や通訳者になるためには、その専門
教育を受けなければ、その職業に就く事は出来ませんが、日本の場合は、特に何の
規制や資格も必要とされないため、誰でもなる事が出来ます。 語学系の仕事は、
憧れる人が多いのですが、そもそも、やりたい事と、出来る事は全くの別物であるため、
実際に、まともなレベルで翻訳や通訳が出来ている人材は実はかなり稀です。 

日本で勘違いされているのは、『言語は単なるツール』と思われているところで、
言葉だけ出来ても、特に余り役には立たないと言われるものの、確かに、日本には、
『通訳・翻訳学部』というものが存在せず、本来、外国語が専門ではない文学部出身の
人達が、翻訳業務を平気で行っていたりするため、外国語→日本語への翻訳は、
オタク級に出来るが、その逆は、全く出来ない人が多く、そのように勘違いされがちだが、
文学部の専門は、外国語と言うよりも、『読書』が中心であるため、話す練習は基本的
には必要ありません。

たまたま、内容が外国語で書かれているだけという程度の認識であるため、当然、
外国語はまともには喋れません。 外国語学部の方は、まだ若干ましで、この点に
おいては、決して文学部とは一緒にはされたくはないのだが、言語は、外国語→日本語に
だけ翻訳出来れば良いという話にはならないため、この段階では、単なるカタワだと思う。

通訳者の場合は、双方向で平均的に訳す事が出来なければ、仕事が務まらないのと、
内容の正確さよりもスピードの方が優先されるため、基本的に、翻訳とは業務内容が
全く異なります。 翻訳者の場合は、分からない事柄は、全てPCで調べる事も可能だが、
通訳者の場合は、全て頭の中に叩き込んでから現場に臨まないと、話にならない。

よって、語学力があるのは当然として、『総合力』がない人の場合は、到底務まらない。
翻訳者の場合は、数十分間掛けて、どう訳すべきかを十分に考える事が出来るが、
通訳者の場合は、最大でも2秒程度しか考える時間がないため、その2秒間に何もかも
答えが出せる人でなければ、業務自体が滞ります。

main111

日本で『通訳・翻訳学部』が存在しないのは、元々、外国語が全く重要視されて
いないためで、例え、東京に住んでいたとしても、東京弁以外は一切聞こえて来ない
超モノリンガル社会であるため、そもそも、言語の重要性を認識している人は、ほぼ
皆無に近いと思う。

『言語は単なるツール』と考えている人達の場合は、自分の言いたい事を言いたい
放題言っている割には、周囲には、その事が全く伝わっていない事が多いため、
コミュニケーションが全く成り立たなかったりするが、自分の考えを正しく周囲に伝える
事が出来る能力は、単に知識を持っている事とは全く別物で、理系の人達の日本語が、
異常なまでに理解不能な事が多いのは、元々、自分の考えを分かりやすくまとめて、
それを他人に伝える練習を全くしていないため。

通訳者の場合は、この部分の伝達能力がかなり要求されるが、元々、何も聞く気持ち
すらない人達の場合は、何をどう言ったところで、一切理解出来ないため、その場合は、
話し手側の問題ではなく、聞き手側の問題となるが、何でも『何となく』がまかり通って
いる日本の場合は、そう言う事すら全く重要視されないため、ますます世界からは
孤立して行くばかり。



結論として、日本で『言葉』が全く重要視されないのは、全体主義であるため、そもそも、
周囲と話をする必要性がないため。 外国人とのコミュニケーションも、特に必要とは
されないため、文句があるのであれば、日本からは出て行け程度の認識なのだと思う。

機会通訳が未来永劫完成出来ないと感じるのは、日本人のガラパゴス的な発想が、
機械では全く察する事すら出来ず、細かい部分の日本語が全く通訳出来ないため。

強いて言えば、自動で『空気を読める機能』、『仲良しごっこが苦にならない機能』、
『言わなくても分かるだろう機能』を付け足さなければ、通訳としては、使い物には
なりませんw

>>トップページに戻る



にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村