多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:文学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    志賀 直哉
    志賀 直哉(1883年(明治16年)2月20日 - 1971年(昭和46年)10月21日)は、明治から
    昭和に掛けて活躍した日本の小説家で、白樺派を代表する小説家のひとり。
    「小説の神様」と称せられ、多くの日本人作家に影響を与えた。 代表作に
    「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」など。 宮城県石巻市
    住吉町生まれ、東京都育ち。

    IMG_7799

    志賀直哉の父は、総武鉄道や帝国生命保険の取締役を経て、明治期の財界で重きを
    なした人物でした。 直哉は、第一銀行石巻支店に勤務していた父の任地宮城県
    石巻市に生まれ、その後、学習院初等科、中等科、高等科を経て、東京帝国大学
    文学部英文学学科に入学しました。

    直哉は白樺派の作家ですが、作品には自然主義の影響も指摘され、無駄のない
    文章は、小説文体の理想のひとつと見なされて高く評価されています。



    生涯で合計23回の引越しをしました
    居住開始年月居住地
    1883年2月宮城県牡鹿郡石巻町
    1885年2月東京府東京市麹町区内幸町
    1890年4月東京府東京市芝区芝公園地
    1897年7月東京府東京市麻布区三河台町
    1912年11月広島県尾道市土堂町
    1913年12月東京府荏原郡大井町
    1914年5月島根県松江市
    1914年9月京都府京都市上京区南禅寺町
    1915年1月京都府京都市上京区一条御前通
    1915年5月神奈川県鎌倉郡鎌倉町
    居住開始年月居住地
    1915年5月群馬県勢多郡富士見村
    1915年9月千葉県東葛飾郡我孫子町
    1923年3月京都府京都市上京区粟田口三条坊町
    1923年10月京都府宇治郡山科村
    1925年4月奈良県奈良市幸町
    1929年4月奈良県奈良市高畑町
    1938年4月東京府東京市淀橋区諏訪町
    1940年5月東京府東京市世田谷区新町
    1948年1月静岡県熱海市稲村大洞台
    1955年5月東京都渋谷区常磐松町

    生誕の地である宮城県石巻市住吉公園付近には、志賀直哉生誕の地の案内があります
    2158360

    【志賀直哉邸跡と白樺文学館】

    IMG_7754
    IMG_7752
    IMG_7756
    IMG_7751
    IMG_7758
    IMG_7800
    IMG_7750
    IMG_7789
    IMG_7796

    白樺派と文学館
    白樺派は、1910年(明治43年)創刊の文学同人誌「白樺」を中心にして起こった
    文芸思潮の一つ。 また、その理念や作風を共有していたと考えられる作家達の
    ことである。

    白樺文学館は、千葉県我孫子市旧志賀直哉邸跡地前に、2001年(平成13年)1月に
    白樺派の作品を広く公開するために建設された文学館である。 コンセプト立案者、
    および、初代館長は武田康弘。 日本オラクル初代社長の佐野力が創設し、
    2009年に千葉県我孫子市が運営を引き継いだ。 白樺派の他、柳宗悦が始めた
    民芸運動についての資料を所蔵・展示している。

    我孫子市にある手賀沼の北岸は、当時は農村地帯であったが、我孫子駅の開業で
    東京から交通の便が良くなり、別荘地として人気が出つつあった。 柳宗悦・
    柳兼子夫妻が1914年(大正3年)4月、宗悦の叔父である嘉納治五郎(柔道家)の別荘
    向かいに引っ越し、庭にあった3本の椎にちなんで嘉納が「三樹荘」と命名。
    柳夫妻に誘われる形で「白樺」同人達が続いた。



    志賀直哉夫妻は1915年(大正4年)に移り住んだ。 直哉は当時、父との不和に悩み、
    愛児が夭逝する不幸もあったが、ここで創作意欲を回復させ「城の崎にて」「和解」
    「小僧の神様」や「暗夜行路」(前篇のみ)を執筆した。 さらに1916年(大正5年)
    には、武者小路実篤実篤も居を構え、彼らとの交流から1917年(大正6年)英国人
    陶芸家バーナード・リーチが三樹荘裏に窯を築いた。 直哉が京都へ転居した
    1923年(大正12年)を最後に各作家の居所は散り散りになるが、彼らの濃密な交流や
    東京からの文化人の来訪により、手賀沼北畔は白樺派や民芸運動の拠点となった。

    我孫子市は、白樺文学館の運営を引き継いだほか、文学館や白樺派作家の別荘跡前を
    結ぶ崖下の道を「白樺派の小径」と命名している。 また宅地開発されそうになった
    志賀直哉邸跡を購入して書斎を移築した。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    多言語翻訳 Samurai Global 〜多言語のススメ〜 - にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ポーランド語は、チェコ語、スロバキア語と同じ西スラブ系言語となっており、
    第二次世界大戦以降、教育が普及したため、ポーランド語は文語口語とも
    標準語化されたが、地域的な方言は今も残っている。 例えば、シュロンスク
    地方は、ポーランド語とドイツ語の混成語となっている。 カルパート山脈の
    ゴラーレ人も独特の方言を持っている。

    ポーランド人にとって、文学は民族の誇りを表現する重要な手段となっている。
    この国の最初の文学作品は、歌と語りによる叙情詩と叙事詩であった。 国民の
    キリスト教改宗後は教会も民衆も、ラテン語で文学を書くことが多くなった。

    15世紀の中頃までには、ラテン語に代りポーランド語が文学言語となった。
    16世紀の詩人、ヤン・コハノフスキーは、ラテン語とポーランド語と両方を
    使った。 ミコワイ・レイ(1505~1569年)は『ポーランドの父』と呼ばれ、
    ポーランド語だけで詩と散文を書いた。 それ以降も歴史、宗教、詩などの
    分野で重要な作品が多く現れた。



    ポーランド文学は、19世紀になると、ますます重要性を増した。 詩人たちは、
    分割と外国人支配に抵抗して、祖国の文化と愛国心を鼓舞した。 アダム・
    ミツキエヴィッチは、独立の闘志コシチューシコを歌った叙事詩『パン・
    タデウシ』で祖国への深い愛情を表現した。 ヘンリク・シエンキェヴィッチは
    小説『クォ・ヴァディス』で1905年に、チェスワフ・ミウォシュは詩の作品で
    1980年にそれぞれノーベル文学賞を受賞した。

    作家たちの多くは、外国に亡命し、他の国の文化にも重要な貢献をした。
    ヨゼフ・コンラッド・コジェニョフスキは、イギリスへ移住し、ジョゼフ・
    コンラッドのペンネームで多くの海洋小説を書いた。

    ポーランド生まれのアイザック・シンガーは、ユダヤの伝統的な神話や伝説を
    作品化した。 ジャージー・コジンスキも同じくアメリカ合衆国へ移住した
    作家だが、第二次世界大戦中のポーランド人たちの苦難を小説『ペインデット・
    バード』に表した。

    ポーランドの共産主義政権は、権力を握っている間は作家やマスコミに大きな
    制約を課したが、多くの作家たちは、作品を地下で出版し続けた。 現在の
    ポ-ランドは東欧で最も出版業の盛んな国のひとつであり、3000近くの雑誌と
    新聞を発行している。 年間の書籍販売数は、2億部で、この中には共産主義
    時代には入手出来なかった大衆小説も含まれている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    デンマーク語は、かつてヨーロッパ北部の多くの地域で使われたゲルマン語から
    派生した言語である。 12世紀には、スカンジナビア半島使われる言語は、
    西スカンジナビア語と東スカンジナビア語に分かれた。 前者は、ノルウェー語と
    フェローズ語で、後者は、スウェーデン語とデンマーク語である。  しかし、
    現代の北欧三国の言語は、非常に良く似ている。

    デンマーク語は、長い歴史を通して何度も外部からの影響を受けた。 キリスト教の
    伝来は新しい単語とアルファベットをもたらし、ハンザ同盟との接触は、ドイツ語
    からの多くの借用語を招いた。 都市住民と地方との生活格差が広がるにつれて、
    方言が発達したが、18世紀には、リグスモーレットと呼ばれる標準デンマーク口語が
    使われ始めた。 19世紀末の言語改革によって、リグスプロゲットと呼ばれる
    標準的な文語デンマーク語が成立した。

    デンマークからは、多くの偉大な作家や学者が輩出された。 デンマーク文学の
    創設者と呼ばれる18世紀のルドヴィー・ホルベアは、当時の社会を批判する喜劇を
    書き、歴史に関する著作を数多く著したり、詩を書いたりして、言語としての
    デンマーク語の形成に寄与した。

    03b904b

    最も有名なデンマーク人作家のひとりに、セーレン・キルケゴールがいる。
    1813年生まれのキルケゴールは、実存主義の父と言われている。 信仰は理性に
    よって支えられるものではなく、信念に基づく行為であると説いた。 キリスト教徒
    でありながら、しばしば福音教会を批判し、教会員たちは振興の基本を本格的に
    検討していないと主張した。

    1805年生まれのハンス・クリスティアン・アンデルセンは、世界で最も広く
    翻訳され愛読されている文学者のひとりである。 作品の中で最も有名なのは、
    『人魚姫』、『みにくいあひるの子』、『はだかの王様』などの童話で、彼の
    作品は、物語が面白いだけではなく、人間性への深い洞察力に富んでいる。

    19世紀後半には、デンマークでは多くの写実的な文学作品が生まれた。 この
    時代の作家には、イエンス・ペーター・ヤコブセン、ヘルマン・ハング、ヘンリク・
    ポントピダンなどがある。

    アイザック・ディネセンの筆名で多くの作品を書いたカーレン・ブリクセンは、
    1885年デンマークの上流階級の家に生まれた。 スウェーデン貴族と結婚した
    彼女は、アフリカの農場に移住し、アフリカでの彼女の経験は、『アフリカの農場』
    などの小説や回想録の元となった。 ブリクセンと並んで、1900年以後の
    デンマーク文学で活躍した作家のひとりに、ヨハンネス・V・イエンセンがあり、
    小説『長い旅』で1945年にノーベル文学賞を受賞した。

    牧師カイ・ムンクは、1930年代に戯曲を書き始めた。 彼はキルケゴールの強い
    影響を受けて、人類はその根本的な罪深さゆえに滅びる運命にあると信じた。
    第二次世界大戦中、ムンクは、ドイツ占領軍に激しく抵抗し、1944年に
    ゲシュタポに虐殺された。

    現代の一流作家としては、マリアネ・ラーセンとヴィタ・アネルセンがある。
    2人の作品は、社会における女性の役割の変化をテーマとしている。 クラウス・
    ルフビャーは、沢山の小説、戯曲、詩、映画台本を書いている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ