多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:成田空港

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本から2時間半で行ける、非日常、中国の上海に行って参りました♪ 今回は、
    ジェットスター上海便就航記念と言うことで、航空運賃は何と!1980円w
    出入国税込みでも、8,500円程度でした。 但し、新規でのLCC航空会社の参入
    であるため、運行時間にかなり無理があります。 東京駅から成田空港第三
    ターミナルまでは、高速バスが安くて便利♪ ほぼ10分間隔で東京駅から出発して
    おり、概ね定時で運行しています。

    IMG_4875
    IMG_4879
    IMG_4882
    IMG_4883
    IMG_4885
    IMG_4889
    IMG_4890
    IMG_4894
    IMG_4896
    IMG_4897
    IMG_4899
    IMG_4900
    IMG_4902
    IMG_4903
    IMG_4904

    成田空港第三ターミナルからの出発は午後10時15分で、上海・浦東(プドン)
    空港への到着は、現地時間の午前0時40分。 但し、この日は上海での天候不良、
    並びに、空港混雑の影響により、30分以上も送れて到着。

    まずは、中国元へのお金の両替という問題がありましたが、上海・浦東空港内には、
    自動ATM機のような自動両替機が設置されており、間違いだらけの日本語による
    説明付での24時間体制の両替が可能ですが、問題はその手数料。 試しに1,000円を
    入れてみたところ、何と!8元しか出て来ませんでした。。 よくよく見たところ、
    両替機による手数料が50元(約900円)取られるということで、大量に両替をする人
    以外は、空港内での両替は絶対にお勧め出来ません。

    成田空港では天候不良により、関空に引き返す可能性もあるというアナウンスが
    あり、不安の中、機内へと誘導されましたが、最終的に30分遅れで上海・
    浦東空港へと到着。 現地時間午前1時過ぎの到着と言うことで、浦東空港での
    交通機関は、タクシーのみという状況でしたが、そこは中国なので、白タク
    運転手が空港内でご丁寧に山盛り声を掛けて来るため、英語は全く通じない
    ものの、数字程度であれば、何とか通じることが判明。

    IMG_4906
    IMG_4912
    IMG_4913
    IMG_4914
    IMG_4921
    IMG_4922
    IMG_4923
    IMG_4926
    IMG_4927
    IMG_4931
    IMG_4928
    IMG_4935
    IMG_4940
    IMG_4944
    IMG_4948

    一番最初に声を掛けて来た人は、当初、空港から8キロ離れたホテルまで約15キロ、
    250元(約4,500円)とかなり吹っ掛けて来たため完全無視。 その直後、150元まで
    一気に値下げして来たものの、うざいので完全無視。 その後、タクシー乗り場の方
    へとスタスタと歩いて行ったところ、次なる客引きが50元(約900円)と言って来た
    ため、そちらに決定☆

    空港の客引きからはホテルまでは50元(約900円)だと言われていたものの、
    ホテルに到着した際に、こちらから100元を渡したところ、運転手からチップだと
    言われて、95元(約1,710円)も取られました。。 実際にタクシーを利用した
    場合は、恐らく、100元以上取られたであろうと容易に推測出来たのと、いい加減
    眠かったため、とりあえず、この日はこれでよしとしました。。

    成田空港での中国元への両替は、100元単位でしか出来ないため、中国へ行く際
    には、細かい紙幣を持参することを強くお勧めします。 最終的に、現地時間の
    午前3時に無事に予約をしたホテルに到着、チェックインしました♪

    尚、成田空港からの飛行時間は、2時間半で、上海は、沖縄へ行くよりも近いことが
    判明しました。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旅に出よう! に参加中!

    ウラジオストク自由港内への8日間のビザなし渡航が、2016年1月1日からいよいよ
    許可される。 ウラジオストク自由港に関する連邦法は、2015年10月12日に施行
    された。 自由港体制は、ウラジオストク、ナホトカ、ウスリースクなどを含む沿海
    地方の15の行政区で稼働する。 フリーゾーンの面積はおよそ3万平方キロメートル、
    人口は140万人となっている。

    kkkfffff

    ウラジオストックは、1935年にそれまであった小規模な艦隊を拡張する形で、
    ウラジオストクを本部とするソビエト連邦海軍太平洋艦隊が創設された。 ソビエト
    連邦時代の1938年には沿海州を改組した沿海地方の州都となると共に軍港として
    重視され、1958年からソ連の崩壊する1991年まで、極一部を除いて外国人の居住と、
    ソ連国民を含む市外居住者の立ち入りが禁止される閉鎖都市であった。 その間、
    東のナホトカが外国貿易港の機能を代行していた。 このため、90年代初頭までは、
    地図すらなかった。

    96657f04

    90年初めのロシアのビザには、滞在都市全てを事前に記載しなければならず、
    それ以外の都市に行く事は完全に禁止されていた。 その後、ビザ記載都市以外
    からの出国禁止まで緩和され、その後、更に、写真が2枚必要だったものが、1枚に
    変更され、その後、更に、事前申請でビザが無料となり、ついには、8日間だけだが、
    ウラジオストックを訪れる際には、ビザが不要となった。 主な観光地は、金角湾、
    ルースキー島等。

    0llll1

    ウラジオストックは、成田空港からは、2時間で到着できる、ヨーロッパでもアジア
    でもない、日本から最寄りのロシアとなっている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ