多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:慶長遣欧使節団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    慶長遣欧使節団に同行したソテロの『覚書』が残されているが、それには、
    『日本との通商はイスパニア(現在のスペイン)に利益をもたらすであろう 』
    とか、『通商が成れば、イスパニア系のフランシスコ会派は言うまでもなく、
    キリスト教宣教師を幕府が厚遇するであろう』と書かれていた。

    これだけであれば、通商が目的ということで別に問題はないが、更に驚くべき
    ことが書かれていたのである。 要約すると、『政宗は時期皇帝になるべき最強の
    実力者であり、家康の信頼もあつく、今回の使節派遣は家康の不快とするもの
    ではない』というものである。

    ここで注目されるのは、家康のキリスト教に対する姿勢である。 周知のように、
    家康は慶長17年にキリスト教を禁止している。 ただ、家康は『キリスト教は
    好ましくないが、貿易は推奨したい』と考えていた。 特に、ルソン(現在の
    フィリピン)とノビイスパニア(現在のメキシコ)は、当時、世界有数の産銀国で、
    その技術を導入したいと考えていたようである。

    slide411

    そのルソンは、ノビイスパニア副王の支配下にあり、ノビイスパニアは、
    イスパニア国王の下にあった。 だから、ルソンやノビイスパニアとの交渉が
    必要だったのである。 交渉のためには、好意を持っていないキリスト教宣教師
    とも接触を保っていなければならなかった。 家康が慶長18年までバテレン
    追放令を出さなかったのには、そうした背景があったのである。

    家康がはっきりキリスト教禁止を打ち出している状況の下で、政宗は何を考えて
    いたのだろうか。 ここに、政宗が天下を狙うという可能性を垣間見ることが
    出来る。 というのは、使節一行がマドリードからローマに行く時、マドリード
    から一行に従い、渉外係、兼通訳として同行したシピアーネ・アマチが
    『伊達政宗遣使録』というものを遣わしていて、そこにびっくりするようなことが
    書かれていたのである。

    bautista

    支倉常長がイスパニア国王フィリップ三世の前で次のように演説したという。

    わが君、奥州王は、陛下の強大なることと、その保護を請う者に対して、寛仁
    なることを聞き、予を派遣し、その位と領土とを陛下に献じ、大国と親交を結ば
    しむ。 今後、いつにても陛下の望みに応じ、喜びて、その全力を用いんとする。

    ここに、『位と領土とを陛下に献じ』とあることに注目したい。 政宗自身を
    『奥州王』と言っていることも興味深いが、これは、仙台領、別な言い方をすれば、
    奥州国を植民地として、イスパニアに献上し、イスパニア無敵艦隊の力を借りて、
    倒幕に立ち上がり、日本全土を自分のものにしてしまおうという意図があった
    ということになる。 ただ、この時の政宗の策略は、不発に終わっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    伊達政宗は、永禄10年(1567年)8月3日、伊達輝宗の長男として生まれている。
    その12日後、中央では、織田信長が美濃の斉藤龍興を逐って、稲葉山城を奪い、
    岐阜城と改名している。 この時、信長は34歳。 政宗が『遅れて来た戦国武将』と
    言われる所以である。

    しかも、会津の芦名義広を摺上原の戦いで破り、奥州をほぼ制圧した天正17年
    (1589年)には、関白豊臣秀吉からの横槍が入った。 結局、翌年の秀吉による
    小田原攻めに従軍することとなり、政宗は、24歳の若さで秀吉に臣従せざるを得ない
    こととなった。 以後、豊臣大臣のひとりとして、天下を狙うなど夢のまた夢と
    言った感じであった。 秀吉から与えられた所領の支配を着実に進めるしかなかった
    のである。

    img511

    政宗は、秀吉の資質を見抜き、秀吉に取って代わろうなどとは思わなかったものと
    思われるが、その秀吉が慶長3年(1598年)8月18日に亡くなったことで状況が
    少し変わって来る。 秀吉の遺児秀頼を盛り立てようとする石田光成と、秀吉に
    代わって実権を握ろうとする徳川家康との対立が鮮明になって来たからである。

    この三成と家康の対立の時、政宗は迷わず家康陣営に属しており、同5年
    (1600年)の関が原の戦いの時も東軍の一員として、西軍上杉景勝に対峙
    している。 実は、関が原の戦いの前年、、堺の茶人今井宗薫が間に立って、
    政宗の娘の五郎八姫と家康の六男忠輝が婚約していたのである。 家康による
    見方陣営を増やす動きの一環であった。 因みに、二人の結婚は、大分後の
    慶長11年(1606年)12月のことである。

    202302

    このように見て来ると、先の秀吉の時と同様、家康の下でも、政宗は忠実な徳川
    大名として生きていたように思える。 家康に代わって天下を狙うなど、あり
    得ないということになる。 ところが、どうもそうではなかったらしい。 それが
    慶長18年(1613年)の慶長遣欧使節である。 この年9月15日、伊達領の牡鹿半島の
    月の浦を出帆したサン・ファン・バウティスタ号で、正使支倉常長の他、ソテロや
    ビスカイノ、更には、政宗の家臣、向井忠勝の手の者等、180人(一説には140人)
    が太平洋を渡った。

    この時期、ローマに使節を派遣した狙いは何だったのだろうか。 一般的には、
    ヨーロッパの国々との通商を目的としたとされている。 確かに、支倉常長が
    ノビイスパニア(現在のメキシコ)に着いた時、そこの副王とノビイスパニアの
    フランスシスコ会総長直属の管区等に宛てた家康の親書では、商船の往来を
    求めているため、それが狙いだったことは確かである。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    伊達62万石の城下町仙台は、東北最大の都市であると共に、東北最大の観光地。
    今回は、その歴史と主な見どころを紹介します。



    伊達政宗公の肖像画や木造は、生前片目だけで非常に親不孝をしたという遺言により、
    基本的に全て両目が入れられている。 仙台市博物館所蔵の肖像画に書かれて
    いるのは、辞世の句。 現代語に翻訳をすると、『少年時代は、いつも馬の上で
    過ごしたが、世の中が平和になり、白髪も多くなったため、この世を楽しまないで
    どうするよ?』

    IMG_6143
    IMG_6145
    IMG_6036
    IMG_6055
    IMG_6056
    IMG_6057
    IMG_6040
    IMG_6047
    IMG_6046

    伊達政宗の従兄弟の伊達成実は、戦場では、決して後退りをしなかったという非常に
    勇猛果敢な武将で、常に政宗を助けた。 藩政時代の仙台藩の藩図は、明治政府に
    無理やり割譲させられた岩手県の南3分の1と、同じく、福島県に割譲させられた
    新地が含まれており、この他にも、仙台藩は、愛媛県の宇和島と、滋賀県にも領土が
    あった。 蝦夷地(北海道)が独り立ちするまでは、仙台藩が蝦夷地を統括して
    いたのと、戊辰戦争に負けた際に、仙台藩の武士は、蝦夷地へと強制的に
    送られたため、仙台弁と北海道弁は、概ね同じとなっている。 但し、言語的に別れて
    から、既に150年程経過しているため、北海道弁の方が古い形を残しているのが特徴。

    仙台藩は、豊富秀吉によって、現在の福島、並びに、山形の旧領地を全て召し上げられ、
    現在の宮城県へと国替えになったが、伊達家が最終的に目指したのは、武力ではなく、
    経済力による江戸の支配。 伊達家は、全国第3位の大大名であったものの、それに
    満足する事なく、近江の国出身で、治水の名手と言われていた、川村孫兵衛に命じて、
    河川を切り開き、水田と港を開いて他藩との交易を活発に行なった結果、仙台藩の
    実質石高は、その表高の約4倍にまで膨れ上がり、江戸に流通している米の約半分を
    完全に牛耳るまでになった。 その経済力を使い、仙台藩は、直接ローマやスペインとの
    交易を試みたものの、時は既に鎖国、切支丹弾圧へと進んでいたため、最終的には、
    うまくは行かなかった。

    仙台市博物館では、それらの資料が「慶長遣欧使節団関連資料」として展示してあり、
    現在は、国宝、並びに、世界記憶遺産として指定を受けている。 慶長遣欧使節団は、
    日本で初めて太平洋と大西洋を単独で横断した使節団であり、散切り頭で有名な
    岩倉使節団が欧州を訪れた際に、この事実を知り、非常に感銘を受けたと言われて
    いるが、それが幕末に大逆賊の汚名を着せられた仙台の地に日本で2番目の帝国大学
    (現在の東北大学)が開設された直接の理由とも言われている。

    支倉常長を描いた洋画は、日本人を描いた世界で初めての油絵で、切支丹へと改宗した
    常長の子孫が、幕府からの弾圧を恐れて折り畳んだ後、更に丸めて筒に入れて隠し
    持っていた跡がクッキリと残っている。 使節団の一部は、切支丹へと改修の後、
    弾圧を恐れて、そのままスペイン南部に残り、現在は、「日本」を意味する「ハポン姓」を
    名乗っているが、サムライの末裔である事を大変誇りにしているとか。 400年以上も
    前に、単独で船を建設して、危険を犯してまで海を渡ってスペインとの交易を試みたのは、
    表面上は、貿易のためとされているものの、実際のところは、当時世界最強の力を
    誇っていたスペインの力を借りて、江戸の徳川幕府を倒すためとも言われている。

    IMG_6065
    IMG_6066
    IMG_6061
    IMG_6071
    IMG_6083
    IMG_6087
    IMG_6091
    IMG_6113

    IMG_6059

    毎年、仙台七夕の夜にだけ開催される瑞鳳殿のライトアップイベントでは、夜の瑞鳳殿を
    見る事が出来る。 瑞鳳殿は、伊達政宗公の御霊屋で、今でもこの下に遺骨が納められて
    いる。 仙台大空襲を受けるまでの瑞鳳殿は、国宝指定されており、日光東照宮と
    同時期に建てられたため、「奥の日光」とも呼ばれていたが、戦災で消失。 その後、
    昭和54年に再建されたものの、現在は、国宝指定はされていない。 派手好きであった
    政宗公の御霊屋らしい、安土桃山時代の豪華絢爛な建築様式となっているため、
    非常にお勧めのスポットとなっている。

    仙台は日本におけるスケート発祥地となっており、仙台城三の丸にある五色沼には、
    スケート発祥の地の碑が建っている。 二の丸の入口付近には、支倉常長の像が
    建っている。 本丸への入り口にある隅櫓は、戦災で消失の後、再建されたが、
    大手門は、消失したままの状態となっている。



    昭和46年に建設された仙台港は、現在トヨタ東日本の積出港となっているため、新車が
    常に駐車されているが、東日本大震災の際には、これらの新車も全て津波に流され、
    瓦礫と化した。 仙台フェリーターミナルからは、北海道の苫小牧と名古屋までのフェリーが
    運行されており、苫小牧まで7,500円、名古屋までは5,000円で行く事が出来る。

    貨物専用駅の仙台港駅付近は、東日本大震災の際に、鉄路ごと流されたが、今では、
    全ての復興が完了しているため、細かく見て行かないと、津波の爪痕は残っていない。
    仙台港のすぐ裏にあった蒲生干潟は、津波で破壊されて、干潟ではなくなった。

    尚、「被災地に略奪はなかった」と言う都市伝説は、全くの大ウソで、仙台港付近では、
    かなり略奪が発生したが、東北の場合は、人が優しいため、「困っているのであれば、
    どうぞ持って行って下さい」と言った人が多かったため、結局は、略奪にはならなかった
    というのが事実。 但し、本当の略奪も実はかなり多かった。

    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    いま話題の人 に参加中!

    伊達家家臣である、支倉常長(はせくら つねなが)は、今から約400年ほど前の
    1613年に、石巻市月ノ浦を出航し、慶長遣欧使節団を率いて、日本人として
    初めて、太平洋、並びに、大西洋を横断して、ヨーロッパまでの渡航に成功し、
    ローマで貴族に列せられた。 洗礼名はドン・フィリッポ・フランシスコ。
    日本人として、初めてコーヒー、並びに、チョコレートを食した人物とされて
    いる。

    hasekurra
    世界記憶遺産に登録されている、仙台市博物館所蔵の『支倉常長』の肖像画

    慶長遣欧使節団は、仙台藩が単独で派遣を行った使節団であり、スペイン人の
    フランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを副使とし、常長が正使となった。 総勢
    180名で組織され、ガレオン船サン・ファン・バウティスタ号でスペインを経由
    してローマを目指した。

    この使節団の目的は、通商のためとされているが、実際のところは、仙台藩と
    スペインとの軍事同盟を結ぶ事が目的だったとも言われており、伊達政宗が
    徳川宗家を倒すための足掛かりだった可能性も否定出来ない。

    慶長17年(1612年)、常長は、第1回目の使節として、ソテロと共に浦賀より
    出航するも、暴風に遭い座礁し、遭難した。 再度仙台へ戻り、慶長18年9月15日
    (1613年10月28日)に月ノ浦(現・石巻市)を出帆した。

    Hasekur

    出航後、常長らの一行は、まず、北アメリカ大陸の太平洋岸にあるアカプルコへと
    向かった。 アカプルコからは、陸路で大西洋岸のベラクルスへと移動し、
    ベラクルスから再度、大西洋を渡り、コリア・デル・リオ(スペイン・
    アンダルシア州セビリア県)に上陸した。 その後、慶長20年1月2日(1615年1月
    30日)には、スペイン国王フェリペ3世に謁見を果たしている。

    その後、更にイベリア半島から陸路でローマへと渡り、元和元年9月12日(1615年
    11月3日)にはローマ教皇パウルス5世に謁見した。 また、その後もマドリードに
    戻ってフェリペ3世との交渉を続けている。

    しかし、この時既に日本国内ではキリスト教の弾圧が始まっており、通商交渉は
    成功する事はなかった。 常長は数年間のヨーロッパ滞在の後、元和6年8月24日
    (1620年9月20日)に帰国した。 この際、一部の使節団員は、既にキリスト教に
    改宗していたため、その地に残り、その後、その子孫達は、『日本』を意味する、
    『ハポン姓』を名乗り、現在に至っている。

    慶長遣欧使節団の帰国時には、日本では既に禁教令が出されており、常長は、
    帰国から2年後に失意のうちに死去した。 その後の支倉家は、嫡男常頼が後を
    継いだが、寛永17年(1640年)に、家臣がキリシタンであった事の責任を
    問われて処刑され断絶した。 しかし、寛文8年(1668年)、常頼の子の常信の
    代に許されて家名を再興した。


    仙台は再び世界へ

    常長らが持ち帰った『慶長遣欧使節関係資料』は仙台市博物館に所蔵されており、
    平成13年(2001年)に国宝に指定され、2013年にはユネスコの『世界記憶遺産』に
    登録された。 その資料の中には、常長の肖像画があり、日本人を描いた油絵
    としては最古のものとされている。 資料の中に『支倉』を古典ラテン語表記で
    FAXICVRA と表記した部分があり、当時『ハ行』を唇音で発音していた証拠と
    なっている。

    tsunenaga
    スペイン、イタリア、フィリピン、キューバを始めとして、世界各地に残る『支倉常長像』

    これらの資料は、主にスペイン側が保管していたものを、仙台市へと寄贈したもの。
    また、世界記憶遺産に登録を果たしたのも、スペイン政府からの後押しが強かった
    ためとも言われています。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ