多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:感情労働

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日々の出来事 4 に参加中!

    低価格を売りに、ユニクロが海外への出店を加速させている。 現在、
    海外店舗は、アメリカをはじめ、イギリス、フランス、中国、台湾、韓国、
    香港、ロシア、ドイツ。 その接客方法は、海外でも日本式のまま、日本
    ブランドとして輸出されている。

    但し、この日本式の接客方法は、満面の笑みを浮かべながら、心にもない
    浮いた言葉を並べ立てるため、端から見ていると、かなりおかしい。 日本の
    接客業は、極端な顧客重視路線を取っているため、労働者の側から見ると、
    奴隷そのもの。



    『お客さまは神様です』のキャッチフレーズと共に、完全に洗脳されている
    ため、何の疑いすら持たずに、いつでも、どこでも、顧客は『神』になる事が
    出きるため、売り場では、しばしば、モンスタークレーマーが野放しとなって
    いる。 そもそも、販売時の笑顔は、給料や時給には含まれていないが、
    そんな事はお構いなしに、笑顔の安売りを強要されるため、気遣いが絶えない。

    13486_06

    接客業だから、仕方がないとの意見もあるが、店員ひとりひとりにまで、
    そのような無料の営業行為を強要する事自体、異常であり、そもそも、笑顔と
    値段には、一切何の関係もない。

    数年ほど前から、感情を切り売りする『感情労働』が注目されるようになったが、
    感情労働とは『会社などから管理、指導され、自分の感情を加工する事により、
    相手の感情に働きかける職務と言われている。 簡単に言えば、本来の感情を
    押し殺して業務を遂行する事を求められる仕事内容。

    いかにも、日本的な発想であるが、さて、この『感情労働』なるもの、果たして、
    海外で受け入れられるかと言うと、かなり疑問が残る。 元々、欧米では、顧客と
    店員が対等という意識が強く、余りにも、店員側がへりくだり過ぎても、不自然
    極まりない。



    また、このような安価な商品を提供するためには、物価の安いアジアに工場を
    建設して、安い給料で長時間労働をさせるしかない。 現在、ユニクロの海外
    工場では、1時間16円の時給で、1日16時間労働が課せられている。 そのような
    過酷な労働を他人に強いてまで、安く買える商品などは、論外であるため、
    ユニクロで買い物をするのは、是非とも控えて頂きたい。

    激安で販売される服。その事実を知った時、それでもあなたは買いますか?

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    満面の笑みを絶やす事すら許されない日本の接客業務においては、労働者側に
    過度な接客対応が強要されており、その対応は、既にサービスの域を超えている。
    その『感情労働』に対する対価となるものは特に存在せず、ほぼ無償、かつ、
    ほぼ強制的に提供されているため、それを当たり前と考える顧客が多くなり、
    例え、粗相のない対応をしていたとしても、運が悪ければ、即刻モンスター
    クレーマーの餌食となるため、あたかも、地中の地雷を踏むがごとく、常に危険と
    隣り合わせ。

    1a5f0149

    そもそも、全く同じ顧客対応をされたとしても、顧客側の感じ方は千差万別で、
    自分の感情を一切出さない事なかれ対応の接客は、既に完璧なロボットの域に
    まで達している。 但し、心の底からそのような事を思っている人間は、相当
    稀であるため、心が蝕まれ、心療内科が大流行。 風が吹くと桶屋が儲かる
    ならぬ、不景気風が吹くと、心療内科が儲かるという仕組み。 しかも、
    その心療内科も、薬漬けで、通えば通うほど、今度は体が蝕まれるという
    仕組みが出来上がっている。

    img_c660959ccc31a237e8fc85c16b806cf6120692

    過度のおもてなし精神は、むしろ無用で、そのような無駄なものを強制的に
    提供されるのであれば、自動販売機で買い物を済ませる方が、気が楽とも言える。
    日本で自殺が極端に多いのは、精神的なストレスが多過ぎるためであり、自分が
    自分のままである事すら許されず、あくまでも、ロボットとして生きるしか
    道がない。 職人気質が喜ばれたのは、一昔までの話で、今となっては、
    そのような面倒な性格の人間は、冷や飯を食べるしかない。 誰かを苦しめて
    まで、己だけの快適さを追求する世界は、そろそろ限界なのかも知れない。
    何もかもお金に変換する資本主義も終焉が近いのか。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ