O-Zoneは、旧ソ連邦のモルドバ共和国出身のルーマニア語による男性3人組
グループ。 1999年、リーダーのダン・バラン(Dan Bălan)とその友人ペトル・
イェリホフスキ(Petru Jelihovski)の2名で結成され、モルドバ国内で、7曲のメガ
ヒットを生み出す前代未聞の快挙を達成する。 しかし、作詞、作曲をひとりで
担当し、音楽を真剣に考えるダンは、ルーマニアでの音楽活動を希望、あくまで
音楽を趣味と考える、ペトルとの対立が表面化し、二人は袂を分かつが、その後も
友人関係は続いている。

【ダン・バラン最新曲】


2001年春、ダンは、3人組のユニット結成を計画したが、彼のボーカルの先生が
音楽スクールの後輩アルセニェ・トデラシュ(Arsenie Toderaş)を紹介した。
アルセニエは、歌を習い始めたばかりで、時期尚早とも思われたが、将来性を信じた
ダンが、グループに迎え入れたものだが、この時ロシア訛りで話すアルセニエが
オーディションで、エルヴィス・プレスリーの『Love Me Tender』を歌うと、
ロシア語のアクセントが嫌いで、ロシア訛りが苦手だというダンだったが、彼の
歌に嫌悪感が吹っ飛び、気にならないと言ったそうである。 少し経ち、ダンは、
ラドゥ・アレクセイ・スルブ(Radu Alexei Sârbu)と出会い、新しいメンバーを
加えて、第2次O-Zoneが結成された。



ダンは、早速、新曲4曲をリリースし、人気は上々だった。 これを受けて、
いよいよダンが望んだ、ルーマニア進出へと乗り出す。 モルドバ人が
ルーマニアで成功した前例は過去になかったが、3人は成功を信じ、努力は
惜しまなかった。 資金が不足していたため、所有していたスタジオと
シンセサイザーを売却した。

2002年春、ルーマニアの音楽大手『Media Services』と契約が決まり、8月に
3人としてのファーストアルバム『Number1』を発売したものの、当初
ルーマニアでは、『モルドバの新しいバンド』としか受け止められていな
かったためか、ラジオでもなかなか取り上げられずに苦戦した。

 

そこで、2002年秋には、このアルバムの中から『Despre Tine』をシングル
カットして発売、『覚えやすくて面白い』をテーマに、プロモーション・ビデオも
制作されると、これがルーマニアでは数十年ぶりという大ヒットを記録、5ヶ月
以上に渡ってヒットを続け、多くの老若男女が口ずさむほどの人気曲となり、
それに乗じてアルバム『Number1』も10万枚を超えるメガヒットとなり、
O-ZONEは一躍ルーマニアで大人気のバンドとなった。

【ウクライナのヴェラ・ブレジネワとのデュエット曲】


2003年、シングル『Dragostea Din Tei』 (DDT) をリリース、ヨーロッパ全土を
巻き込んで空前の大ヒットとなった。 同年8月にリリースされた、セカンド
アルバム『DiscO-ZONE』も翌年夏に大ブレイクし、『Dragostea Din Tei』の
軽快なリズムに乗ってO-Zoneは欧州を席巻、モルドバの大ヒーローとなった。

2004年夏には、日本でも『恋のマイアヒ』としてメガヒットを記録し、社会現象
にもなった。日本では、『SMAP×SMAP』や、『ミュージックステーション』
にも緊急生出演している。



しかし、ヨーロッパを席巻し、日本でもヒットの兆しが見え始めていた矢先の
2005年1月14日、突然解散を発表した。 ダンがアメリカに渡り、O-Zoneの名で
英語で新しい歌詞をつけた曲をリリースしたが、これに反発した残りの2人に対し、
ダンが『今まで、作詞、作曲、プロデュース、全て自分でやってきた。 O-Zoneは
ずっと俺のものだった。』『O-Zoneに今後はない。 今このプロジェクトを終わら
せているところだ。』と一方的に解散を宣言をした。

2005年3月、エイベックス・ディストリビューションより、日本盤のアルバム
『DiscO-ZONE』がリリースされ、7月15日には、初来日を果たし、ミュージック
ステーションにも出演。 8月22日付のオリコン総合アルバムチャートで発売24週目
にして、1位を獲得。 海外アーティストのデビューアルバムの1位は、1972年の
ポール・サイモン、2003年のt.A.T.u.、2004年のUtadaに続いて史上4組目であった。

2005年12月1日、第47回日本レコード大賞特別賞を受賞し、2005年9月23日、
ルーマニアの音楽イベント『チェルブル・デ・アウル国際音楽祭』にて、最後の
コンサートを行った。 

2005年10月、解散コンサート後にも関わらず3人で再び来日し、10月7日の
『ミュージックステーション』、24日の『SMAP×SMAP』にも出演している。
この年の12月に、またもや来日し、『ミュージックステーション』や
『とくばん』等にも出演。 しかし、ラドゥーは、娘と迎える初めての
クリスマスの為か、来日しなかった。

【空前のメガヒットとなった『恋のマイアヒ』】


2007年3月12日、O-Zoneが近々再結成するのではないか、という内容の記事が、
ルーマニア語サイト『Revista Vip』に掲載された。 2月にキシナウのクラブにて、
ダンとアルセニェが面会していたため、これが噂の出所では、との声もあるが、
今のところ、メンバーの復活は実現しておらず、それぞれが、ソロ活動を行っている。

ダンは、近年、主に、ロシア語で歌っており、ロシア市場でのヒットも数々記録して
いるが、グループ結成時よりも、歌唱力が数段上がっているため、今後も目の離せ
ないアーティストと言えるかも知れない。

【お勧めの一枚】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村