多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:思考停止社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本では、むやみに他人を批判するなだとか、年上の人間は敬えとか習うのだが、
    それは、まともな社会においてのみ言える事であり、既に何でもやりたい放題で、
    まともではなくなっている社会においては、そうとばかりは言えない。 むしろ、
    そのような事実をありのまま突き付けてやらないと、平気で理不尽なことばかりを
    して来るため、防戦一方となり、ひいては、自殺に追い込まれることもある。

    brainfreezeword

    日本では、きれいごとばかり述べている人が極端に多いのだが、そのような場合、
    物事の根本的な部分を見ずに、自分の主観ばかりを押し付けて来るため、実際は、
    見捨てられているのと同じ。 そもそも、自分の足元が見えていないため、当然、
    遠くの事も全く見えてはない。 きれいごとは、分かりやすく説明をすると、自分の
    気分を害さない程度に興味のない事柄を全て切り捨てている状態を指すため、
    始末に負えない。

    日本では、きれいごとを述べる人たちが支持される事が多いため、皆こぞって
    きれいごとばかりを述べるのだが、そのような薄っぺらい意見を述べられた
    ところで、同調するのは、似たような人間ばかり。 似たような人間同士で凝り
    固まった結果、現実を一切見ない社会へと成り果てた。 自分が知らないことは、
    一切存在しない事となっており、暗黙のうちに、何もかもが黙殺されてしまう。

    世の中には、知らない事の方が多いのだが、きれいごとばかりの世界では、
    ウソで何もかもが塗り固められているため、それを頑なに信じ込んでいる人達も
    実は多い。 社会のマイナスな部分へ目を向ける事もなくなった現在では、
    社会の掃き溜めの上にフタをして、その上に花を飾って、その一点だけを見つめて
    きれいだと述べているに過ぎない。 よって、その足元には、きれいごとだけでは
    済まされない現実が取り残されているのだが、わざと見ないようにしているため、
    当然、無視される事となる。

    605185044

    一寸先は闇の現代社会においては、いつ足元が抜け落ちて奈落の底へ突き落とされる
    のかが分からないため、人付き合いも慎重にならなければならない。 社会批判が
    大人のたしなみとされているヨーロッパにおいては、批判的な事柄を見つけると、
    社会の改善点が見えたとして、解決の糸口を探す手立てとなるのだが、日本の
    場合は、何もかもが、マイナスな事柄としか扱われないため、社会批判もまま
    ならない。

    そもそも、社会をまともに批判出来ない事自体が、健全ではないのだが、それすら
    自由に出来ないのは、この国が全体主義で、民主主義が根付いた事がないためと
    言える。 きれいごとばかりを述べている人達を見ていると、ある意味、幸福なの
    だろうが、逆を言うと、薄っぺらい意見ばかりを述べているだけの不幸な人間にも
    見える。

    社会のマイナスな事柄を無視し続けた結果、自分の気に入らない、あるいは、関心が
    ない事柄は、全て何もない事となったため、改善の余地すら与えられず、日々、
    黙殺が当たり前の社会となってしまった。 肝心なのは、一人ひとりが声を上げて、
    社会を改善して行く事なのだが、自分の意見を公の場で述べる事以前に、自分の
    意見を持つ事すらまともに許されていない国であるため、根本的な教育から改善して
    行くしかないのであろう。

    自由には、必ず責任が伴うのだが、日本では、言論の自由がない代わりに、責任も
    ないので、無責任な人間にとっては、天国、まともな人間にとっては、地獄と
    なっている。 思考停止社会においては、何も考えない事が大原則となっており、
    何もかもが右から左で、そもそも、責任の所在というものがない。

    きれいごとは、物事の本質を見極めてから述べるべきで、本質的な事柄を見抜けて
    いない人間が言ったところで、一切何の説得力すらない。 自分の知らない事柄は、
    存在していないのではなく、単に無視しているだけである。 何もかもを否定しろ
    とは言わないが、全てを肯定的にとらえろというのにも限界があり、肯定派と
    否定派に分かれて、徹底的に討論を重ねる事が重要なのだと思う。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    日本の政治 に参加中!

    アベノミクスで失業率が低下していない事は、首都圏で転職活動をすると、
    まざまざと見せ付けられるが、その事をメディアではまともには取り上げ
    ないため、アベノミクスによる好景気と信じて疑わない人が実は多い。
    特に酷いのは、40代後半以降のバブル世代で、自分が同じような経験をして
    いないにも関わらず、昔取った杵柄ばかりを振り回すため、更に手に負えない。

    インターネットを使って、転職活動をしていると、常に同じ企業ばかりが、
    何度も同じ求人を出している事に気付くが、それは、いわゆる、『ブラック企業』
    であり、人材が常に辞めて行くため、常に求人広告を出して人材を補充して
    いるに過ぎない。 更に困った事には、そのような企業に限って、常時求人を
    出しているため、その求人の内容が、現実とは掛け離れて、更に魅力的に
    なって行くこと。
     
    775502cf

    求人に関して、特に酷いのが、語学系の仕事で、正社員になる事は、ほぼ
    不可能。 あわよくば、派遣社員、通常は、フリーランスが当たり前の世界。
    契約期間も短期のものが圧倒的に多い。 語学系の求人は、あくまでも末端
    労働者であるため、未だデフレスパイラルが続いており、安さ以外は特に何も
    求められず、しかも、納期も翌日まで等の無理難題が日常茶飯事。 よって、
    日本で行われている翻訳のレベルも年々低くなっており、相対的に、それを
    輸出している日本企業の国際競争力すらなくなった。 この業界自体が
    ブラックと言ってしまえば、それまでの話。

    大企業に至っては、非正規労働者の割合が、既に7割を超えており、無意味に
    人件費を削減しては、内部留保、または、政治献金へとお金が回るばかり。
    内部留保は、企業の海外への流出を促し、日本国内には、実質まともな仕事は
    残ってはいない。 アジアの有能な人材を安くこき使えるため、無能で人件費の
    高い首都圏は、既に、日本のお荷物レベル。

    このような経済状況であるにも関わらず、それを隠し通すためには、好景気で
    ある事を常に強調しなければならないが、好景気などと言う実感は、庶民には
    一切感じられず。 各自治体による税金や健康保険料の取り立ても、年々凄みを
    増しており、既にヤクザの取立てとさほど変わりはなし。
     
    e6b688e8b2bbe7a88e1

    ウソの情報で洗脳を施し、しかも、それがおかしいとすら感じなくなった
    『思考停止社会』は、アメリカの方が日本よりも先を行っているが、どうして、
    何もかもアメリカの猿真似ばかりを繰り返すのか、甚だ疑問。 お金の分配
    方法が既にかなり狂っているため、現代社会に必要なのは、平成のねずみ
    小僧なのか? その平成ですら、既に終わりを迎えようとしているのに、
    この日本社会は、一切何も変わらず。 この硬直し切った現状を打破するため
    には、やはり、戦争しかないのか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ