沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前。 今月中旬、新基地
建設に抗議して座り込む市民を前に、元米海兵隊員のマイク・ヘインズさん
(41)は涙目でゆっくりと膝を折り、こうべを垂れた。 「沖縄の平和を
むしばんだことを謝罪したい」。 向かいの女性がその手を握ると、市民から
拍手が起こった。 ヘインズさんは「米軍がどれだけ沖縄を利用していたかを知り、
ずっと謝りたかった」と話した。

座り込む市民に謝罪するマイク・ヘインズさん
20171225-00187273-okinawat-000-2-view

ジョージア州出身のヘインズさんは海兵隊入隊後の1995年、19歳で初の海外
赴任地として沖縄のキャンプ・フォスターに配属され、通信員を務めた。

2004年にはイラク戦争に参戦。 誤った情報を基に民家の破壊を続けた。
泣き叫ぶ女性や子ども。 退役後は、戦争の記憶に苦しんだ。「死と苦痛と破壊に
満ちた世界。 軍隊を辞めても一般社会に溶け込めない。 ストレスから多くの
人が自殺した」と声を落とす。

その後、米退役軍人らでつくる平和団体ベテランズ・フォー・ピース(VFP)に
参加。 駐留時には意識しなかった「沖縄」を知る。 「ベトナム戦争やイラク
戦争への出撃地となり、『加害の地』として使われた。 しかも、米軍基地は
県民から武力で奪った土地でもあった」

VFPとしての来県は3回目だが、謝罪は初めて。 ヘインズさんは「今度こそ人の
役に立つ仕事をしているという実感がある。 人は正しいことをしようと思った
時、やってしまったことを謝らなくてはならない」と口を結んだ。

現在はカリフォルニア州で、農業を通した退役軍人の心のケアに携わる。
「ソーシャルメディアなどを通し、沖縄や辺野古の現状を伝えたい」と前を向く。

ヘインズさんの手を握ったのは東京から来た本村富美子さん(68)。
「謝罪を聞いて『本当にありがとう』という気持ちになり、つい手が出ちゃった」
と振り返った。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村