多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:建国記念日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    フランス語 に参加中!

    1789年7月14日、フランス王国パリの民衆が同市にあるバスティーユ牢獄を襲撃した
    事件は、民主主義を求めるフランス革命の始まりとされている。 この事件の一周年を
    記念して、フランスでは、翌年1790年に建国記念日が行われ、現在でも、それを
    記念して、7月14日がフランス共和国の成立を祝う日となっており、国民をあげての
    祝日となっており、特に、パリでは、花火やパレード等の大々的な催しが例年開催
    されている。



    当時のバスティーユ牢獄は、王の恣意的な拘禁令状により拘束された人々の刑務所と
    なっており、特に著作が王統政府の気分を害した等の政治犯を拘束する事で知られて
    いたため、バスティーユ牢獄は、君主専制政治の象徴となっていた。 バスティーユ
    包囲の段階でここに収容されていた政治犯は、7人だけであった。 バスティーユ
    襲撃は、結集と反乱の象徴としてより重要な意味を持っている。 この襲撃から間もなく、
    8月26日には、人間と市民の権利の宣言『フランス人権宣言』が採択され、近代における、
    民主主義の幕開けとなった。 フランス革命時のスローガンは、『自由、平等、友愛』

    Bastille

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    北欧 に参加中!

    6月6日はスウェーデンの建国記念日となっており、スウェーデン中が、青と黄色の
    スウェーデン国旗色に染まる。 元々、この日は、休日ではなく、『スウェーデン国旗の日』と
    されていたが、国民の祝日ではなかった。 移民としてスウェーデンにやってきた人たちが
    スウェーデン人に疑問を投げ掛けたため、この日が建国記念日として制定されたのは
    1983年とかなり最近の話。 2005年からは、国民の祝日となったが、この日が祝日と
    なったために、スウェーデン経済の活性化を考慮して、他の休日が廃止された。
     
    banner

    1523年にグスタフ・ヴァーサがスウェーデンの国王となり、国として独立した日が6月6日と
    なっており、更に、1809年にスウェーデン議会が成立したのも同じく6月6日であったと
    言われている。 1523年から数えて、建国記念日として祝日になるために要した時間は、
    実に500年近くという事になる。 この日は、ストックホルムの王宮が無料で公開され、
    様々なイベントが開催されるものの、大々的に国を挙げて建国記念日を祝うすぐお隣の
    ノルウェーと比較をすると、非常に質素な感じが否めない。 この違いは、常に独立を
    維持し続けたスウェーデンと、スウェーデンやドイツの支配を受けていたノルウェーの
    違いとして、非常に興味深い。

    7009

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ