東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:廃止

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2019年中に廃止が確定したJR札沼線(愛称:学園都市線)。 札沼線は、
    札幌方面の八軒駅 - あいの里教育大駅間 11.4 kmは複線電化区間、その他、
    北海道医療大学駅までは電化されているものの、その先のローカル感が
    凄まじく、同じ路線とは思えない程の差となっている。 特に、浦臼駅⇔
    新十津川駅間は1日1往復のみの運行となっており、午前10時00には最終列車が
    新十津川駅から発車してしまうという、日本一の超ローカル線となっている。

    札沼線の廃止が決定したのは、沿線自治体である、当別町、月潟町、浦臼町、
    新十津川村がJRの廃止案に同意したためなのだが、廃止決定とは裏腹に、
    札沼線の記念切符を販売していたため、石狩月潟駅、浦臼駅前、新十津川駅で
    それぞれ3枚購入した。 正確に言うと、石狩月潟駅以外は無人駅であるため、
    駅から程近い別施設内で販売を行っている。

    【石狩月形駅&浦臼駅】
    IMG_1485
    IMG_1486
    IMG_1487
    IMG_1489
    IMG_1490
    IMG_1491
    IMG_1493
    IMG_1494
    IMG_1492

    1日にたった1本しか列車がやって来ない新十津川駅の最終列車は非常に早く、
    午前10時00分。 新十津川とは、奈良の十津川村から開拓民がやって来たため、
    この名前が付いたもの。 その他、北海道には、広島からの開拓民がやって来た
    場所が北広島、宮城県白石市からの開拓民がやって来た場所が札幌市白石区、
    宮城県亘理町からの開拓民がやって来た場所が伊達市、宮城県岩出山町からの
    開拓民がやって来た場所が当別(札沼線の石狩当別駅は廃止対象外)と
    なっている。

    新十津川駅には、新十津川村役場の職員が常駐しており、1日に1本しか列車が
    やって来ないのに、お土産屋ではグッズの販売を行っている。 列車でやって
    来ても、ものの30分も滞在時間がないため、大体の人達は、車でこの駅に
    やって来るらしい。

    新十津川駅前にある『寺子屋』では、鉄道グッズを多数取り揃えており、
    鉄道マニアでなくとも、かなり楽しめるすぽっととなっている。 尚、
    新十津川駅から滝川駅までは、実質4キロ程度しか離れておらず、新十津川駅は
    廃止されても実は余り困らない駅となっている。 滝川駅の方は函館本線上に
    あるため、特急停車駅となっている。

    【新十津川駅】
    IMG_1498
    IMG_1499
    IMG_1497
    IMG_1503
    IMG_1500
    IMG_1501
    IMG_1502
    IMG_1507
    IMG_1505

    札幌市豊平区にある羊が丘展望台は、よく北大のクラーク像と間違われるが、
    こちらの有名な像は、北大にはないw 約9ヶ月間滞在した札幌を去る際に
    言い残した言葉『少年よ大志を抱け』は非常に有名であり、札幌農学校は、
    現在の北海道大学の前身。 その後、学校自体は、札幌農学校→東北帝国大学→
    北海道帝国大学→北海道大学へと名を変えた。

    羊が丘の中には、札幌ドームがあるのだが、現在、フランチャイズチーム
    である北海道日本ハムファイタースが北広島への移転準備を進めているため、
    もぬけの殻となった札幌ドームの末路はどうなるのか?

    尚、クラーク像の傍らには、ひっそりと石原裕次郎の像もあるものの、
    兄の素行の悪さにより、すっかりと忘れ去られ、いい加減、撤去されても
    全くおかしくはないレベルまで落ちぶれ果てている。 尚、小樽にあった
    石原裕次郎記念館は、既に潰れましたw

    【羊が丘展望台&美瑛】
    IMG_1474
    IMG_1475
    IMG_1479
    IMG_1480
    IMG_1481
    IMG_1484
    IMG_1512
    IMG_1517
    IMG_1514

    その後、上川地方にある美瑛に移動したのだが、この日は、凄まじい数の韓国人と
    中国人観光客でごった返しており、10年程前には、アジア人の観光客など1人も
    居なかった北海道は、激変していた。

    >>トップページに戻る

    【お勧めの一品】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日々の出来事 4 に参加中!

    電子メールやSkypeが職場の常識となって久しいが、久しぶりに書類を郵送しなければ
    ならなくなったため、近所のクロネコヤマト営業所に『メール便』を出しに行ったところ、
    本年度の3月31日付で廃止になったとか。 その理由は、『信書』との区別が全く付か
    ないかららしいが、今時、アナログめいた書類の郵送自体面倒極まりないのに、更に、
    遠い郵便局まで手紙を出しに行かなければならなくなったため、絶望感すら漂う。

    mailbinlogo

    書類送付が多い企業にとっては、若干なりとも送料が安いメール便は、かなり使い勝手が
    良かったものの、法規制には逆らえずに、あえなく廃止。 そもそも、手紙をメール便で
    送れない理由が解せないが、郵便局を守るためというのが、その理由なのは? 電子
    メールで全て事足りる世の中となったため、アナログ極まりない郵便局は、既に化石に
    近い存在となっているのだが、郵便局に行くと、パソコン操作すらままならないような
    人たちばかりが来ているのには、驚かされる。

    mail_il021

    郵便局が提供している郵便物配送サービスとしては、「ゆうぱっく」が有名だが、この
    サービス、実は、時間指定しても、かなり適当な時間に届けられてしまうため、すこぶる
    使い勝手が悪い。

    民間企業の方が、企業努力によって、様々なサービスを日々打ち出しているが、郵便局は、
    民営化後も、殿様商売からは抜け切れずにいるため、今後も利用者は、激減するばかりで
    あろう事は、既に明白。 郵便局は、ペリカン便と合併したものの、その後、サービスが
    向上した気配すら感じられないため、ペリカン便が郵便局に淘汰された形。

    さて、話をメール便に戻すと、到着までに多少日数は掛かるものの、安く書類等を送付
    出来るメール便は、かなり魅力的であった。 セブンイレブン、ファミリーマート、サンクス
    等のコンビニからも24時間発送出来るところも利便性が高かったが、これからは、
    ローソンをわざわざ探して、地味に発送するしかなさそう。 それ以前に、アナログめいた
    手紙等の発送を強いる企業を何とかして欲しいところ。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    かつては、日本全国津々浦々を結んでいた花形特急であったが、格安航空会社、
    高速バス等に押されて続け、風前の灯だった、最後のブルートレイン、『北斗星』も、
    2015年3月のダイヤ改正で、とうとう姿を消す事となった。 寝ている間に目的地に
    着けるのは良いだが、車内が狭いため、伸び伸びと寝られるどころか、揺れが
    激しいため、おちおちとは寝てはいられないのが難点。 ハッキリ言って、神経質な
    人には向かない代物。

    結局のところ、飛行機に乗った方が、時間も料金も掛からないため、平成の時代と
    共に、お払い箱と相成りました。 今時、一泊二日で出張に出掛ける事もなくなり、
    そもそもが、出張自体を自粛している企業も多くなっているため、やはり、消え行く
    運命には変わりなし。

    20100724_942343

    来年度からは、青函トンネルの新幹線化の工事が本格化するため、ブルートレインが
    走る場所すらなくなり、北海道新幹線が開業すると、今度は、JR江差線が第三
    セクター化されるため、結局のところ、新幹線が開業すると、逆に不便になる
    というのが、最近の風潮。

    夜行列車に揺られながら、ゆっくりと車窓を眺め、移ろい行く世情を観察するなどという、
    風流な時代は、既に終わりを告げ、社蓄にゆとりなどは要らない時代に成り下がり
    ました。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    都バスの深夜運転が2014年11月1日で終了した。 世界の主要都市では、24時間体制で
    深夜バスが運行されているのだが、東京の場合、この路線以外に、一切何の交通機関にも
    接続出来なかった事が、廃止の最大の理由となっている。

    東京は、世界最大の都市圏となっているため、上手くやれば、深夜バスの運行は必ず
    根付いた筈。 それでも、利用客が伸びなかったのは、六本木から、渋谷に行けたとしても、
    朝の4時半過ぎまでは、山手線でさえ運転をしていないため。
    647066736a72
    渋谷から横浜方面へは、24時間体制とは言わなくても、深夜運行バスが運転されているが、
    タクシーよりは、かなり割安とは言え、その運賃は、非常に高い。 横浜の市バスも、
    最終バスは、午後11時前後と非常に早いが、横浜駅前は、深夜3時頃でも普通に人が歩いて
    いるため、30分~1時間間隔でも良いので、深夜にバスを運転すれば、需要はある筈。

    世界で最も住みやすい町としても有名な、ウィーンとトロントでは、市内の交通は、定期券
    だけで、全ての交通機関に乗車出来るため、交通費がかなり安くなっており、深夜運行バス
    にも、その定期券が使える。

    日本では、何もかもが利益優先となっており、こういう公共性のある交通事業には、一切
    投資しないのだが、それは、単に、建設業界が儲からないから邪魔をしているためなのでは。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本社会は、基本的に、『年功序列』で成り立っているのだが、単に年齢だけを重ねても、
    能力のない人間は、いつまで経っても成長しないため、社会のお荷物と化している。

    これまでは、働いても働かなくても、その場に我慢して長く居続ければ、給与が上がる
    一方だったため、能力のない人間に限って、そこに残り、能力のある人間は、そこから
    出て行くという悪循環が繰り広げられていたが、不景気が限界まで達している今では、
    この無意味なピラミッド制度ももう既に限界。

    このままでは、日本は働かないオジサンたちに滅ぼされるであろう。 それ以下の年代
    には、20年以上にも渡り、働く場すら与えられず、昇進以前に、正社員になる事すら
    叶わなかったが、そろそろ、その歪な世代間格差を何とかしないと、日本は本当に
    ダメになってしまう。

    nenkou

    ロシアにも『働かざるもの食うべからず』という諺があるが、日本語に直訳すると、
    『働かない者は、食べない』。 何でもやった振りだけしているため、実際の労働生産性は、
    世界でも最低レベル。 そのしわ寄せは、全て、安く雇っている派遣社員か、協力会社へと
    丸投げ。 その有り余ったお金は、趣味の貯金へと回すか、海外旅行へ行ってしまうため、
    日本経済は立ち行かず。 思考が内向きのくせに、海外へ旅行に行き、そこをお金を
    落とすとは、これ如何に。 思考が内向きなのであれば、国内で消費すべき。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

    このページのトップヘ