東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:帝国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ポルトガル帝国が拡大するに連れ、南米ブラジルから中国大陸の沿岸マカオまでに
    広がった植民地との行き来に、船乗そのものをますます多く必要とするように
    なった。 船の難破、疫病、あるいは、ポルトガルの権益そ認めようとしない
    地元民との戦い等で多くのポルトガル人男性が死んで行った。 1500年代末まで
    には、遠隔の領土がポルトガルの財政と国民にとって重荷になって来たのである。

    314041341

    加えて、ポルトガルはローマ・カトリックの信仰を広めようとしたため、ポルトガル
    新領土や本国の非キリスト信仰者を動揺させることになった。 キリスト教会は、
    イベリア半島の人々、特に、イスラム人とユダヤ人をキリスト教徒に改宗させようと
    した。 キリスト教会は、更に、異教を禁じてしまおうと考えた。

    ローマ・カトリック教会は、異教、ないし、非キリスト教的信仰の疑いのある者は
    全て罰しようとし、異端審理のための宗教裁判所を作った。 冷酷な措置と厳しい
    裁判のため、一部のポルトガル人キリスト教徒さえも含む多くの非キリスト教徒達が
    異端のそしりを受け、投獄、あるいは、処刑の憂き目にあった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1860年代には、北ドイツのプロシア王国、並びに、イタリアとの戦いに敗れ、
    スラブ人とハンガリー人の反乱もハプスブルク帝国を弱体化した。 1867年、
    帝国が崩壊するのを恐れた皇帝フランツ・ヨーゼフは、新しくオーストリア・
    ハンガリー帝国を樹立することに同意した。 その結果ハンガリーは、独立した
    議会、行政、司法機関を獲得した。

    オーストリア・ハンガリー帝国
    desvg

    しかし、この動きはスロバキアの自由独立への希望を打ち砕いた。 スロバキア
    支配の決意を新たにしたハンガリー指導者は、先祖の名に因んでマジャール化運動を
    始めた。 ハンガリー語のみが公用語となり、スロバキア語の学校は閉鎖された。

    この政策と、打ち続く貧困は、多くのスロバキア人がアメリカへ移住する要因と
    なり、残った人達は農場や工場で不満分子となった。 スロバキアの民主主義は
    労働者の間に育ち、1800年代の終わり頃にスロバキア国民党が結成された。
    党は、オーストリア・ハンガリーに住むスラブ民族の独立を支持するロシアと
    同盟を組んだ。

    【新共和国】
    1900年代初め、オーストリア・ハンガリー帝国内のスラブ諸民族は、混乱の渦に
    巻き込まれていた。 1914年に派プルブルクの皇太子がセルビア人に暗殺された。
    この事件は、独立したスラブ人の国セルビアと、オーストリアとの戦争の引き金と
    なった。 ドイツとオーストリア・ハンガリーは同盟を結び、ロシアがセルビアを
    支持した。 イギリス、フランス、イタリアはドイツ同盟国を敵に回し、第一次
    世界大戦(1914~1918年)が始まった。

    チェコ人もスロバキア人もハプスブルクの支配下にあったが、同じスラブ民族の
    ロシア人やセルビア人と戦うことを拒否した。 多数のスロバキア人が
    オーストリア軍を脱走し、チェコスロバキア軍隊を編成し、1917年までに
    ロシア側に付いて戦ったが、ロシアに社会主義革命が起こり、ロシアは戦争から
    手を引いたため、情勢が変わった。

    thumb1

    戦争中、チェコの民族主義者達トマシュ・マサクリとエドアルド・ベネシュは
    イギリスに逃れ、スロバキアの指導者ミラン・シュテファニクと共に独立する案を
    作った。 2年後、アメリカでマサクリは、、チェコとスロバキアの独立宣言を
    承認するピッツバーグ協定に署名した。 マサクリは連邦の枠内でスロバキアの
    自治を約束した。

    1918年秋、ドイツとオーストリア・ハンガリーの敗北が明らかになり、
    チェコスロバキア国民評議会はプラハへ移った。 評議会は10月、スロバキア、
    ルテニア、モラビア、ボヘミアを含むチェコスロバキアの建国を宣言した。
    同年11月に戦争は終わり、オーストリア帝国は崩壊し、ハンガリーは独立した。
    トリアノン条約により、ハンガリーは正式に、スロバキア領土を失った。

    戦勝国はドイツとオーストリアの降伏に厳しい条件を付けた。 両国共、領土を
    失い、戦争の賠償支払いを強要された。 その頃、ロシア内部で共産主義者と
    皇帝派との内戦が続いていた。 最終的に共産主義者達が勝ち、ロシア、
    ウクライナ等、いくつかの共和国を含むソビエト連邦を樹立した。

    58名のスロバキア国民議会は、トマシュ・マサクリを新国家の大統領に選出した。
    マサクリが自治を約束したのにも関わらず、スロバキア人は新国家の独立を余り
    喜ばなかった。 チェコの指導者は、チェコ人が多数を占める中央政府を強化
    したからだ。 その上、チェコ人はスロバキアの行政上の高い地位も独占した。

    政府は1920年代にスロバキアに分離した立法府を作ったが、殆んど実権が
    なかった。 裏切られたと感じた多くのスロバキア人は、自身の国家建設を
    目指すようになった。

    スロバキアのカトリック神父アンドレイ・フリンカが率いるスロバキア人民党が
    設立され、フリンカは国民議会議員に選出されて、スロバキア独立のために闘った。
    彼の努力は不成功に終わったが、人民党はスロバキアでも、最も活動的な
    政治グループとなった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    在位73年間の後、1715年にルイ14世が亡くなると、曾孫ルイ15世がわずか5歳で
    即位した。 この時、フランスの勢力は絶頂期で、ヨーロッパ情勢を左右する
    程だった。 フランスは世界最大の殖民地帝国のひとつとなった。 帝国の支配を
    支えたのは、商船の大船団だった。 フランス語は、ビジネス、科学、外交の
    国際語になった。 フランスの作家は、平等と市民権という新思想でヨーロッパに
    知れ渡った。

    しかし、同時に、フランスの労働者は重税と農作物の不作で生活が苦しかった。
    腐敗した官吏は、職責を悪用して私腹を肥やした。 ルイ15世は、これらの問題に
    取り組もうとも、フランス経済を状況の変化に合わせようともしなかった。
    大きくなった中産階級は貴族たちと一緒になって、政府を改善し、王政へもっと
    自分たちの声を反映させることを要求した。

    351arge

    1774年に王位を継いだルイ16世は、いくらか改善を試みたが、行政官たちの反対に
    あった。 国王による政府の掌握力は、急いでしなければならない政治、財政の
    改革に失敗したために弱まった。 ヨーロッパの他の強国との貿易競争にも
    立ち遅れて、フランス帝国は弱くなった。 田舎では激しいデモが起き、民衆は
    代表議会を要求した。 このため、ルイ16世は1788年に三部会を招集した。

    三部会は、1615年以来、有名無実となっていた。 三部会は僧侶(第一身分)。
    貴族(第二身分)、中産階級(第三身分)の代表で構成されていた。 1789年に
    三部会の第1回会議が開かれた後、第3身分の代表たちは、国民議会を組織して、
    新憲法を制定した。 ルイ16世がこの新しい議会を解散しようとしたため、
    パリ市民は、7月14日にバスチーユ牢獄を襲って占領してしまった。 こうして
    フランス革命が始まった。 革命はパリで続き、地方にも広がった。 国王の
    軍隊はデモ隊の人数よりも少なく、圧倒されてばかりいた。

    一方、国民議会はフランスの政府と社会を全面的に変革する法律を制定した。
    議会は、貴族所有の土地を取り上げ、腐敗した地方の裁判官や徴税官を辞めさせた。
    議会はまた、ローマ・カトリック教会の所有地も取り上げた。 ローマ教皇は、
    この措置ににはもちろん、フランスでの他の変革にも腹を立てた。

    フランスは、国王に忠誠である王党派と国民議会の権限を守る共和派とに分裂した。
    フランスはまた、革命に反対するイギリスとハプスブルグ家のオーストリアの軍事
    干渉を受けた。

    ハプスブルグ軍は1792年春、フランスに侵略し、フランスを負かすと、国内では
    またも民衆が反乱を起こし、ルイ16世とブルボン王朝を倒した。 ルイ16世と
    オーストリア人の王妃マリー・アントワネットは1793年に処刑された。 こうして
    国民議会は第一共和制を打ち立てた。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1740年にハプスブルグ帝国の女帝として戴冠したマリア・テレジアは、帝国内に
    画期的な変化をもたらした。 彼女は、ハンガリー領内の支配を強化し、
    ハンガリー人地主と議会の力を弱め、ハプスブルグ領内でのドイツ語の使用を
    広めた。

    この『ドイツ化』政策による弾圧は、ハンガリー人とスロバキア人指導者の間に
    強い民族主義を呼び起こした。 スロバキアとハンガリーで初めての新聞が、
    ブラチスラヴァで発行された。 1787年、カトリック神父アントン・ベルノラクは、
    古くから教会で使われていたラテン語に代って、初めてスロバキア語の文法書を
    出版した。

    19世紀初めに、ハプスブルグの領土は、フランスの将軍ナポレオン・ボナパルトの
    攻撃にさらされた。 1805年、ナポレオンはハプスブルグ軍をモラビアの
    アウステルリッツの戦いで破った。 しかし、ナポレオンは1815年、ヨーロッパ
    から追放された。

    後の条約で、オーストリアはハンガリー、スロバキア、ルテニア、ボヘミアの
    支配権を強めた。 ハプスブルグは同時に、ハンガリー議会も含めて地方議会の
    支配を強化し、議会で決議された法でも拒否権を行使した。

    mapslovakia

    【民族の反抗】
    19世紀半ば頃には、ハプスブルグ支配下のスロバキア人たちは、自由を求める
    ようになった。 スラブ人の指導者でも、オーストリア帝国に留まることを希望
    した者もあったが、多くはハプスブルグからの完全な独立を望んだ。 学校や
    教会でハンガリー語の使用を強要されたために、スロバキア人の怒りは増していた。

    1848年に民族革命がヨーロッパ各都市に起こり、スラブ民族議会がボヘミアの
    首都であるプラハで開かれた。 スロバキア代表は、オーストリア帝国の支配下で、
    チェコとスロバキアの連邦を形成しようとした。 しかし、ハプスブルグは会議を
    非難し、要求を無視した。

    同年、ハンガリー議会のスロバキア代議員ルドヴィト・ステュルは、他の
    スロバキア地方議会をつくり、学校でスロバキア語を使う権利を国会に請願した。

    しかし、スロバキアをハンガリーの領土とみなすハンガリー議会は、これに強く
    反対した。 議会がスロバキアの請願を拒否すると、スロバキアでは反乱が起こり、
    ハンガリー軍はすぐに蜂起を鎮圧し、反乱首謀者を処刑した。

    同じ時、ハンガリー人はハプスブルグに、民族の自治を求める反乱を起こしていた。
    反乱軍は、オーストリア・ハプスブルグ家と同盟を結んだ、スラブの強国ロシア軍を
    敵に回して戦った。 しかし、その後も20年間、ハプスブルグは帝国をしっかと
    支配し、スロバキアとハンガリーの独立要求を無視した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ