多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:工作員

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    自称保守のネオナチ工作員 前々から怪しいと言われている
    著名人からはブロックされているw



    ウクライナのネオナチ工作員
    前々から、非常に怪しいと言われていたネオナチ工作員のナザレンコ・

    アンドリーだが、旧統一教会の組織、国際勝共連合の青年組織UNITEと
    繋がっていることが明らかになった。 この他にも、日本の保守層と
    呼ばれている高市早苗、櫻井よしことも繋がっていることが分っている。
    日本では、ウクライナ擁護のウソばかりTweetしているが、
    ウクライナに行って、参戦すると言う、あの発言は、一体どうなって
    いるのか?

    38848613

    ナザレンコ・アンドリー
    1995年、ウクライナ東部のハリコフ市生まれ。ハリコフ・ラヂオ・
    エンジニアリング高等専門学校の
    「コンピューター・システムとネットワーク・
    メンテナンス学部」で準学士学位取得。2013
    年11月~14年2月、
    首都キエフと出身地のハリコフ市で、新欧米側学生集団による国民運動に参加。

    2014年3~7月、家族とともにウクライナ軍をサポートするための
    ボランティア活動に参加。
    同年8月に来日。日本語学校を経て、現在、
    大学で経営学を学ぶ。ウクライナ語、ロシア語のほか英語と日本語にも堪能。

    『自由を守る戦い―日本よ、ウクライナの轍を踏むな!』が日本語書籍
    としてはデビュー作。
    『自由を守る戦い日本よ、ウクライナの轍を踏むな!』より

    280363956

    ウクライナ大使館
    駐日ウクライナ
    大使のコルスンスキーは、ウクライナ家庭連合の
    アーニャ・カルマスカヤと懇意となっており、日本への避難民も、
    ウクライナ
    家庭連合の信者が優先されたとか。その際に、監視目的で
    アゾフも入って来たらしい。 現在のウクライナの農地は、
    80%以上がアメリカ企業に買い漁られており、生物兵器が大量に
    建設されています。 コロナウイルスも、ウクライナの生物兵器工場で
    製造され、中国でそのウイルスがばら撒かれたと言われている。

    4939430

    日本は、日々ウソの情報で侵略されています。 自分で常に事実を
    確かめましょう。

    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします。
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ロシア軍が原発を攻撃?
    2022年3月4日午前2時頃、ウクライナ南東部にある欧州最大のザポリージャ原発
    火災が発生し、「ロシア軍が原発に砲撃を加えた」との衝撃的なニュースが
    世界を駆け巡った。 ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、ロシア軍が
    ザポリージャ原発に向けて「全方位から砲撃している」とした。 

    ウクライナ当局によると、その日の午後には同原発はロシア軍によって制圧されたと
    なっているが、その後、この原発からの危機的な情報は一切入っていない。 一方、
    イギリスのロイター紙は、「ウクライナ軍による攻撃」とし、ウクライナを
    全面的に非難した。



    ソ連時代の原発
    この原発は元々、ソ連時代の1980年ごろから建設が開始され、1985年~1996年に
    掛けて、順次稼働が始まった原発であるため、1号機~5号機までは、ロシアの
    援助により建設されたことになるのだが、実は、この原発への攻撃は、ウクライナの
    工作員がロシア軍の服を着て火を放ったことが、その後の調査で明らかになって
    いるが、日本の偏向報道は、その事実を一切報道しなかったばかりか、訂正すら
    しなかった。

    ロシア軍はチェルノブイリ原発も既に鎮圧
    ロシア軍は、ザポリージャ原発の他にも、1986年4月に大規模事故を引き起こした
    チェルノブイリ原発も既に制圧しているが、そちらでも特に何の問題も起きていない
    どころか、慢性的な財政難により、全く何もしていないウクライナ政府がこのまま
    大規模原発を管理出来るとも思えないため、元々の建設者であるロシア軍がこれらの
    原発を守ってくれた方が、より安全と言える。

    94115026

    虚偽の報道を行った場合の刑罰
    ロシア議会では、「虚偽の報道を行った場合は禁錮刑」という法案が可決され
    たため、これまでは、数々のロシアに対する偏向報道を行って来たロイターも
    いよいよ本当のことを言わざるを得なくなった模様。

    世界中のメディアが、虚偽の報道が出来なくなれば、ロシア軍やプーチン大統領が
    行っているウクライナの極右勢力のネオナチを狙い撃ちした「特別軍事作戦」が
    正しく世界へ報道される日がやって来るかも知れない。

    いずれにしても、一切何も考えない「脳死」の状態でウクライナを一方的に
    支持すべきではない。

    ウクライナ反戦デモにはためく「ネオナチ」の旗
    971094981

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    金正男(キム・ジョンナム)氏は、北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)
    総書記の長男で、現在の北朝鮮の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)
    第1書記の異母兄。 1971年5月に平壌で生まれ、母親は北朝鮮の
    映画女優、成恵琳(ソン・ヘリム)。 成の両親は、朝鮮戦争の最中に
    韓国から北朝鮮に移住した共産主義の知識人だった。

    0008hgjkuiy

    母親が既婚者であったことから、出生当時は父・正日によって存在を隠されて
    いた。 スイスやロシアへの留学歴があり、母国語の他に数カ国後を操ると
    される。 コンピューターにも精通し、北朝鮮の光ファイバー情報ネット
    ワークの構築などを指導した。

    金正日の後継者候補に挙げられていたが、政治に関心がなく、出生に問題もある
    ことから、2009年、三男の正恩が後継者に指名された。

    2007年より中国・マカオに滞在していたが、この頃、正恩によって暗殺を謀られた
    とされる。 以来、海外メディアの取材に母国の3世代世襲制について批判的な
    見解を述べていることもあり、北朝鮮の軍部などに敵視されているとも言われる。

    hqdefault

    正男氏の殺害現場となったマレーシア警察は2017年2月15日、実行犯と見られる
    女2人組のうち1人をこの日朝、暗殺現場と同じクアラルンプール国際空港で
    逮捕したと発表した。 警察によると、女はベトナムの旅券を持っていたが、
    ミャンマー人とも報じられている。 もう1人の女と、監視カメラの映像から
    浮上した仲間とみられる男らの行方を追っている。

    マレーシアの報道によると、警察は殺害に使用されたとみられる有毒薬物を特定
    したとしている。 15日に逮捕された女は、残りの仲間が逃走するため、おとりに
    された可能性があると警察は考えている。

    一方、国情院によると、正男氏は2012年4月、『私と家族を助けて欲しい』と暗殺
    指令の撤回を求める助命嘆願書を正恩氏に送っていた。 しかし、その後も北朝鮮
    当局は、暗殺の機会をうかがっていたとみられる。

    正男氏の身辺を保護していたのは中国当局で、暗殺を強行すれば中国との関係悪化が
    予想される。 家族は北京とマカオにおり、中国当局が保護しているという。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ