多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    【プロフィール】
    旧ソ連・ロシア、オーストリア、カナダ、ベルギーに語学留学経験あり。
    1991年より、一貫して通訳・翻訳や海外営業等の語学専門職としての経験を
    積んでおり、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語他の多言語を扱う
    語学のプロ。 専門はロシア語⇔ドイツ語の通訳論、言語学、並びに心理学。
    詳細はLinkedInを参照。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:山車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2017年に市制施行100周年を迎えた八王子市を代表する『八王子まつり』は、
    昭和36年に『八王子市民際』として発展、昭和43年に『八王子まつり』 と
    改称されたもの。 祭りの中核となっている八王子の山車の濫觴は、江戸時代の
    中期にまで遡ると言われ、280年の歴史を有している。

    【八王子まつりの山車】
    IMG_5825
    IMG_5827
    IMG_5830
    IMG_5843
    IMG_5848
    IMG_5851
    IMG_5858
    IMG_5859
    IMG_5863
    IMG_5872
    IMG_5876
    IMG_5877
    IMG_5873
    IMG_5865
    IMG_5880

    地元の宮大工の建築技術と江戸の山車人形を組み合わせた八王子独特の山車文化
    として発展して来た山車は、現在では19台あり、『山車総覧』、『辻合わせ』が
    行われ、その華麗な祭礼絵巻は、伝統文化の華とも言われている。

    その後、関東屈指の山車祭りとしても知られるようになり、八王子の山車の
    特徴である『彫刻山車』に加えて、戦後復元された山車人形6体と、江戸後期の
    1本柱山車の復元などにより、江戸往時の祭り風情を再現するなど、八王子の
    山車に新たな魅力が加えられた。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旅に出よう! に参加中!

    毎年8月5日~7日まで山形市で開催されている山形花笠祭り。 

    戦前から行われている東北三大祭りに、戦後から始まり広まった『山形花笠まつり』と
    『盛岡さんさ踊り』を加えた5つの祭りを東北五大祭りと呼ばれる事もある。 



    威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、
    艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、 山形市のメインストリートを
    舞台に群舞を繰り広げる、 山形の真夏の夜をこがす、華麗なまつり。 



    花笠まつりの花笠音頭の元唄は、定かではないが、成沢土搗唄のヨイトマケの
    掛け声が『チョイチョイ ハーヤッショマカショ』の囃子ことばとして残っており、踊りも
    田植え踊りが原形とされている。 各地でそれぞれ踊っていたものを統一し、集団の
    パレード形式にあらため、名称を『花笠音頭』としたものとなっている。

    5579039526
    11822772_1137462796271140_292864345337859308_n
    821666681
    949845488
    2970769911
    4012552197
    53436479782
    741674939687
    099990418


    最上氏による統治時代に、最大で57万石まで達した山形の領地は、その後、最上家の
    お家騒動により、お家断絶の憂き目に遭ったため、山形の領主は、度々入れ替わった。
    沢山の領主が入り乱れてこの地を統治したため、その後、山形が大きく発展する事は
    なかった。 山形では今でも人気が高い最上義光公は、伊達政宗の叔父で、度々伊達家と
    最上家の間には争い事があったが、義光の死後、最上家改易の際に、山形に身を寄せて
    いた政宗の母は、最終的には、政宗を頼って、仙台に落ち着いた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ