東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:展示飛行

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    T4機で曲技飛行隊「ブルーインパルス」を展開する航空自衛隊第11飛行隊が創設
    20周年を迎え、所属する東松島市の空自松島基地で2016年2月6日、記念式典が
    あった。 ブルーインパルスが展示飛行を繰り広げ、節目を盛り上げた。

    出典:河北新報



    式典は格納庫で行われ、隊員やOB、OGら約160人が出席。 第11飛行隊長の日高
    大作1等空佐が「20周年を迎えられたのは先輩方の尽力のたまもの」、第4航空団
    司令の時藤和夫空将補が「東日本大震災のどん底から立ち上がった隊員に敬意を
    表する」とそれぞれ式辞を述べた。

    震災の津波で被災したT4機の尾翼をそのまま用いた高さ約3メートル、長さ約
    5メートルのモニュメントの除幕もあった。 出席者は震災の記憶伝承と飛行の
    安全に向け、思いを新たにした。



    展示飛行では5機のT4機が宙返りや接近飛行、背面飛行といった華麗な技を披露。
    基地周辺に詰め掛けた航空ファンは熱い視線を送った。

    第11飛行隊は1995年12月に発足。 1998年の長野五輪開会式など、これまで
    約360回の展示飛行を重ねた。 震災後は空自の芦屋基地(福岡県)で訓練を重ね、
    2013年3月に松島基地に帰還した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2015年11月3日(祝)、航空自衛隊入間基地内で、航空祭が開催された。 来場者数は、
    過去最高の20万人超であったため、ほぼ満員電車並の混み具合。 航空祭の目玉は、
    何と言っても、アクロバット飛行を行うブルーインパルス。 午後1時30分過ぎからは、
    いよいよ、そのブルーインパルスの展示飛行が行われるという事で、会場の雰囲気も
    クライマックスに。



    ブルーインパルスの正式部隊名は、第4航空団飛行群第11飛行隊となっており、
    宮城県の航空自衛隊松島基地所属。 日本各地での自衛隊の広報活動を主な
    任務としており、華麗なアクロバット飛行を行うため、その人気も高い。

    ブルーインパルスが所属する、航空自衛隊松島基地では、平日の3-4日程度、午前
    11時から11時30分まで、この展示飛行のための飛行訓練を行っているため、
    自衛隊の中に入らなくとも、これと全く同じアクロバット飛行を見る事が出来る。

    午前10時30分から、エンジンスタート開始となっており、11時ちょうどに離陸、11時
    30分前後には、6機とも着陸してしまうため、運が良ければ、生のブルーインパルスの
    アクロバット飛行を無料で見る事が出来る。 更に、1か月前までに予約を入れれば、
    松島基地の内部を案内付きで見る事も出来る。



    ブルーインパルスの紹介では、一度だけ、1978年より、航空自衛隊松島基地所属と
    アナウンスしたものの、その他、被災地の話題には、一切触れず、東日本大震災で
    唯一津波で水没し、一時全ての機能が停止した自衛隊からはるばる埼玉まで飛んで
    来たとは一言も言わなかった。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けた航空自衛隊松島基地では、
    1ヶ月前までに申し込みを行えば、誰でも基地中に入る事が出来ます。 午前中の
    コースに申し込むと、11時ちょうどのブルーインパルスが飛び立つところから、
    アクロバット飛行、並びに、着陸するところまで、全て広報用の特等席で存分に
    楽しめるため、非常にお勧め♪ しかも、ブルーインパルスの広報用グッズまで
    お土産として貰えます。 松島基地内でしか取り扱っていないグッズも多数
    販売しているため、航空機好きには、たまらない場所のひとつ。



    ブルーインパルス専用格納庫は、長渕剛が被災直後に自衛隊員激励ライブを
    行った場所。 松島基地は、約1.7メートルほど津波の浸水被害を受けたため、
    被災後に、約3.5メートルのかさ上げ工事を行った
    。 基地内にあった、戦闘機や
    ヘリコプターは、ほぼ全て津波で流されてしまったものの、ブルーインパルス
    だけは、3月14日の九州新幹線開業イベントで、九州へと出張をしていたため、
    難を逃れた。 尚、震災により、3年連続で中止となっている松島基地の航空際は、
    2015年度も行わない予定。

    松島基地は、津波災害で完全に機能を停止したが、隊員らの活躍により、わずか
    4日で基地としての機能を取り戻した。

    被災後、本拠地を失ってしまったブルーインパルスは、暫く九州で訓練を行って
    いたが、被災から2年を経て、東松島の空へと再び帰って来た。 現在は、週に
    2~3回ほど、松島基地上空の石巻湾では、展示飛行の訓練が行われている。
    午前11時に松島基地を飛び立ち、11時半には着陸をするため、早めに松島基地に
    行けば、基地内に入らなくても、矢本の街から、普通にブルーインパルスを見る
    事が出来る。 JR仙石線の矢本駅からは車で5分程。



    東日本大震災後、日本の中央メディアは、自衛隊員の活動を積極的には報道
    しなかった
    。 どのような意図があって報道をしなかったのかは分からないが、
    死に物狂いで瓦礫の処理や、遺体捜索の救援活動を行った自衛隊員に敬意を
    払わなかったのは、この国を守る使命を担っている隊員たちに対して、非常に
    失礼になるのでは?

    入間基地での展示飛行の様子




    航空自衛隊松島基地では、週に3回程度、ブルーインパルス展示飛行の訓練を
    行っているため、午前11時~11時半の間に矢本近辺へ行くと、ブルーインパルスの
    雄姿を見ることが出来ます。 詳しい日程は、航空自衛隊松島基地HPを参照の
    こと。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ