多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:宮城電鉄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    仙台藩は150年程前に戊辰戦争に敗れてしまったため、近代化を図るために引いた
    はずの鉄道は、それぞれの町を発展をさせないために、わざと宮城県内全ての
    町の中心街を外して施設されました。

    sendai_n

    当然この仙台駅も当初は、中心地から外れた現在のJR貨物の仙台貨物ターミナル
    駅付近に建設をする計画でしたが、その後の市民運動により、多少中心部に近い
    地点に戻されました。 よって、仙台駅付近は、無意味にS字を描くように大きく湾曲
    した路線として建設をされました。

    元々仙台駅を通過する列車は1本もないため、このような遠回りをするような路線でも
    構わないのですが、30年ほど前に新幹線を建設する際にも、この無意味な湾曲が
    問題視されたため、やはり宮城野貨物駅付近に新仙台駅を建設する計画がありました。

    現在では押しも押されもしない東北の玄関口の仙台駅ですが、実際の仙台の中心部は
    県庁や市役所がある地下鉄勾当台公園駅付近なので、地下鉄で2駅、歩くと15分程度
    中心部から外れています。 尚、現在のJR仙石線の仙台駅は、当初駅を新設する
    計画ではなく、現在のあおば通駅が仙台駅となる計画でしたが、JR線との乗換えが
    不便になるため、急遽仙台駅と交差する場所に駅が追加されました。



    その後、地下鉄仙台駅との接続駅をどうするかという話になり、結局はあおば通駅が
    仙石線の終着駅になりました。 本来は、この仙石線を延伸して、そのまま地下鉄
    東西線となる計画でしたが、東西線の建設計画が大幅に変更され、しかも、リニア駆動
    形式で建設される事となったため、仙石線と地下鉄の相互乗り入れは、未来永劫
    なくなりました。

    尚、仙石線のあおば通駅~仙台駅間は、元々宮城電鉄が運営をしていた地下路線で、
    これが日本で初めて電車が地下を通った路線となるため、日本初の地下鉄路線と
    呼べるかも知れません。 尚、現在の仙台駅は、元々この地下鉄東西線の建設を
    見越して設計をされていますが、あくまでも1路線だけを想定して設計を行っており、
    仙石線が既に地下化されて仙台駅の下を通っているため、地下鉄東西線の仙台駅
    付近の工事は、かなりの難工事となっています。

    今年の年末に開業予定の地下鉄東西線は、東日本大震災により、半年ほど、工事が
    中断されましたが、地震の影響を殆ど受けなかったため、予定通りの開通を予定して
    います。 これが、日本における最後の地下鉄工事とも言われています。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    JR東日本が、2015年5月に新規開業を予定している『仙石東北ライン』

    その名の通り、東北本線と仙石線を繋ぐ渡り線の事だが、実は、この区間は、30年以上も
    前に、簡単な渡り線を既に建設しているため、それを活用すれば、もっと簡単な工事で
    済んだ筈。 しかも、その新規開業区間はたったの300メートル程。 元々、仙石線は、
    旧国鉄路線ではなく、宮城電鉄という私鉄だったものを、国鉄が買い取ったため、東北の
    JRでは、唯一電圧が直流電化のまま残されている。

    senseki

    ここで問題になるのが、すぐ隣を走っている交流電化区間との電圧の切り替え。
    新幹線と同じ2万ボルトから、関東以南と同じ1,500ボルトへ一気に電圧を下げる
    ため、かなり無理が生じます。

    通常は、一定区間のデットセクションを設けて、そこで、電圧の切り替えを行いますが、
    この区間の場合は、ご覧の通り、そのデットセクションが短過ぎて、交直切り替えが
    出来ません。 よって、現在小海線を走っているこのハイブリットカーと同じ車両を
    導入して、それを乗り切ろうというもの。

    hybridcar

    単に仙石線を交流電化に作り直せば言いだけの話なのですが、実は、仙石線は、
    高城町以遠の変電所を津波で流されており、現在は、電車ではなく、気動車で
    運転を行っているため、こうなった模様。 この区間は、仙石線が、一方的に
    東北本線へ乗り入れるだけの運転となるため、東北本線側には、何の利益も
    ありません。 前々から、松島海岸駅に、東北本線のホームを建設しようと言う話も
    ありましたが、そちらは、遅々として進まないまま。

    1-4

    この区間の北側にある東北本線の松島駅と仙石線の高城町駅は、徒歩で10分
    程度で歩いて行けるのですが、東北本線と仙石線は、ものの数メートル程度の
    場所をかなりの距離並走しているにも関わらず、接続駅が1つもないため、かなり
    不便です。 よって、北側から、多賀城の中心駅である多賀城駅へ行こうと思った
    場合は、松島駅から高城町駅へ歩いて行くか、塩釜駅から西塩釜駅まで歩いて、
    そこで乗り換えるしかありません。

    仙石線は、日本で初めて、地下を走った鉄道で、地下鉄銀座線よりも早く地下を
    走っています。 但し、その区間は、現在既に廃止されており、現在地下区間と
    なっている、陸前原町~あおば通間で、その面影を見る事が出来ます。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ