多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:安倍内閣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    総務省が2016年11月25日に公表した2015年分の政治資金収支報告書によると、
    飲み食い支出が1,000万円を超える自民党国会議員が4人もいることが分かった。

    9008914

    安倍内閣の閣僚や主な閣僚経験者が代表となっている資金管理団体を調べた
    ところ、少なくとも11人が総額100万円を超える多額の支出を飲食代に使っていた。

    最も支出が多かったのは、麻生太郎財務相の資金管理団体『素淮会』で、2014
    年度は1,531万円だったが、2015年には更に金額を伸ばし1,672万円となった。 

    27000826

    麻生氏は、ミシュランガイドが紹介する最高ランクの店がお気に入りのようで、三つ星
    すし店には1回で14万円余を支出し、二つ星の日本料理店を利用、同じ高級クラブに
    12回、計915万円を支払ったり、1回で98万円の支出があった。

    ff9243f3

    2016年1月に口利き疑惑で経済再生相を辞任した甘利明氏も2014年の753万円から
    1.5倍増加、塩崎恭久厚労相は1.6倍、岸田文雄外相は1.4倍と軒並み飲食費の支出
    を増やしている。 政治資金でのSMバーへの支出が問題となった宮沢洋一元経産相は
    1,126万円の支出と現在でも目立っている。

    7e83de7c

    中谷元前防衛相は、戦争法案を閣議決定した2015年5月14日から、参院で強行可決
    成立した9月19日までに13回も飲食代に支出していた。 国会審議でたびたび答弁
    不能に追い込まれながらも、つゆしゃぶや鳥料理、居酒屋などを堪能していた模様。
    安倍晋三首相の『晋和会』は約50万円を支出していた。

    112815011

    庶民の年収を遥かに上回る金額を飲食代に使う自民党議員。 庶民とはかなり
    かけ離れた生活感覚となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2015年の国家公務員の給与とボーナスが2年連続で引き上げられた。
    安倍晋三内閣は、2015年12月4日に、2015年度の国家公務員の月給を0.36%、
    ボーナスを0.1カ月分それぞれ引き上げることを閣議決定した。 年収にすると
    0.9%の増になる。 それまでの差額分は、4月まで遡って支給されるため、
    その調整額は、1月に支払われることとなる。

    c0649a

    月給とボーナスが2年連続で引き上げられるのは、1991年以来、24年ぶりとなり、
    バブル期以来となる。 この2年間での引き上げ率は、10%を超えているが、
    2011年度に東日本大震災が発生したため、その復興財源を確保するために、
    所得税などに上乗せする形で、2012年度、並びに、2013年度分の給与が平均
    7.8%、賞与も約10%減額された。

    但し、2014年4月には、その7.8%減を元の水準に戻し、給与は前年度比で8.4%
    増加。 ボーナスも10%減が元に戻ったため、11%以上増えた。 更に、
    人事院が勧告した月給の0.27%アップと、賞与の0.15カ月分引き上げも実施した
    ため、人によっては2割近くも年収が増えた計算となる。 2014年4月は、
    消費税率が5%から8%に増えた年であり、政府は、国民には重い負担を強要する
    一方で、身内である公務員に対しては、湯水のごとく税金をばら撒いている。

    財務省は、国の借金が1050兆円を突破したため、財政破綻を避けるため、増税は
    仕方がないとしているが、この『国の借金』とは、国が国民に貸しているお金の
    事ではなく、逆に国が国民一人ひとりに借りている金額を指している。 つまり、
    国民が金融機関等に預けているお金を国が借金している状態を指しているため、
    日本国民がしっかりとお金を金融機関に蓄えている状態であれば、ギリシャの
    ような大問題にはならない。 むしろ、日本は、世界一の預金大国である。

    このようにして、国民の不安を煽りつつ、自らの給与は上げているため、むしろ、
    自分達の給与を上げるために増税をしているとも言うことが出来る。 毎年赤字
    ばかりを出し続けている会社が、給与やボーナスを大幅に増やすなどということは、
    民間企業であれば、到底考えられない。 赤字しか出せない無能な人材が、平然と
    ボーナスを貰い、その尻拭いを国民に押し付けているのである。

    20160pop

    尚、公務員の給与7.8%の削減で浮く財源は3000億円で、復興特別税での所得税
    上乗せ分も約3000億円であるが、復興税の方は2037年まで25年間も永遠と続く。
    安倍政権は、この他にも、海外へのばら撒きを続けており、『ばら撒き外交』と
    揶揄されているが、一向に国民の税金の無駄遣いを止めようとはしない。

    その一方で、国民は、困窮を極め、年々格差ばかりが広がって行くものの、それに
    対する対策は特にとられてはいない。 先進国で大学の学費が有料なのは、英語圏と
    日本だけだが、日本の教育への公的支出は、6年連続で先進国最下位となっている。
    増税はすれど、国民のためにはお金は使わないという、矛盾だらけの国が日本
    なのではないだろうか。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    「もっと検証・反省すべき」と考える報道内容は? に参加中!

    日本の閉鎖性、並びに、極度の同調性を求める風潮は、前々からあったのだが、東日本
    大震災を境に、更に酷さが増した。 それまでの日本の『情報自由度ランキング』は、常に
    30位前後で推移しており、鳩山政権下では、過去最高の11位を獲得したが、その後、
    なし崩し的に順位を下げて、2015年度には、過去最低の61位にまで沈んだ。

    05719045

    ここで最も注目すべきなのが、安倍政権で、4回連続で過去最低を更新し続けている
    ところ。 最近では、政府が公然と民間放送にまで圧力を掛けて、自己の『中立性』を
    主張するに至った。 一昔前までのテレビニュースは、見ていても面白かったのだが、
    今となっては、単なる政権放送にまで成り下がっているため、中立性もへったくれも
    一切ない。

    そんな日本の不穏な動きに対して、一矢報いるためにやって来たドイツのメルケル首相。
    戦後日本と同じような道を歩んで来た日本とドイツだが、現在目指している政府の路線が
    全く異なっているため、今回の騒動にまで発展した。

    a

    過去と真摯に向き合い、正すべきところは正し、素直に前に進めば良いだけの話なの
    だが、日本の頭の硬いお方たちには、事実を一切認める事すらせずに、ただ愛国心を
    煽るばかり。 元々、感覚だけが重視される右脳国家であるため、理論的な話が出来
    ないのは、重々承知しているが、個人ブログやら、フォトショップが世間に溢れ出る
    ようになってからは、ウソが加速度的に増えた。 そのウソを見抜くためには、知識が
    必要なのだが、社蓄と化している日本人に目には、そのようなものすら、既に見えず。

    pressfreedom

    日本が本当の先進国と名乗りたいのであれば、ドイツ、フランス、スウェーデン等の
    本当の先進国と比較すべきだが、その比較対象は、常に、中国と韓国のみ。
    アメリカの場合は、雲の上の存在であるため、比較対象にすら出来ず。 たまに、
    蔑みの対象として、北朝鮮とロシアを用意してあるものの、それ以外の国々とは、
    今でも完全に鎖国状態を続けております。

    よって、海外と照らし合わせた日本人の感覚は、完全にガラパゴス化しており、
    語学を学んだからと言って、どうにかなるようなレベルですらなく、東洋の魔境と
    化しております。 『知らぬ存ぜぬ』から、『知りたくもない』、ひいては、『知っては
    ならぬ』のレベルまで落ちぶれ果てた日本のマスコミに残された道は、政府や大手
    企業とは完全に縁を切って、『報道の自由』を守るために、まともな報道をする事だと
    思います。日本の報道の自由は、既に死に掛けています。

    国際基準に照らしてヒドすぎる日本のメディア報道

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    年末に「山手線に文句を言う若者に思う」という記事を読んで、かなりドンビキものの
    記事だったのだが、何故かFacebook内で、何度も見掛けたため、あえて感想を
    書いてみた。

    私の場合は、行った事がある国が世界35カ国、短期・長期含めて、住んだ事がある国は
    全部で5カ国なのですが、そのどこと比較しても、日本が最低だと思います。 ソ連は、
    確かに、物が不足しており、生活が非常に厳しかったのですが、人間が日本よりもまし
    だった。 そもそも、アメリカ中心で物事を考えている時点で、かなりおかしいと思いますが、
    このお方の場合は、単に海外生活に慣れなかっただけだと思います。 もっとまともな
    『先進国』に住んで見てから、意見を述べて欲しいところ。

    abe

    海外生活をした事がある人間は、海外での生活になじめず、無意味に愛国心が芽生える
    タイプと、その真逆の、日本に対して、愛想が尽きるタイプの2通りに、かなりハッキリと
    別れます。 今時は、例え数分遅刻しただけでも、普通にクビになりますので、ご用心
    下され(実話)。 そもそも、この人も文句が多く、その文句を言うべき相手すら間違って
    いると思います。 文句を言うべきなのは、そうさせてしまっている、社会全体に対して
    であり、無責任な大人です。 この社会全体を形成しているのは、わたしたち、ひとり
    ひとりであるため、その根本原因に対して、ハッキリと言わない限り、何も変わりません。
    但し、日本の場合は、言ったところで、何かが変わる訳ではなく、全て『マイナスな事柄』
    として処理されてしまうため、話が一切先には進みません。 いわゆる、『臭いものにフタ』
    状態。

    フランスでは、文句のひとつも立派に言えない人間は、大人としては扱われませんが、
    日本の場合は、その真逆の、一切何も言わない人間でなければ、大人扱いはされません。
    自分の意見をハッキリ人前で言える個人の人間と、自分の意見を持つ事すら許されない
    社会の違いと言えば、ご理解頂けると思います。 

    尚、こちらの記事を読んで、感じた事としては、無意味に国粋主義者をこれ以上
    増やさずに、冷静に今の日本の状況を判断出来る人間を増やさない限り、日本は、
    この先も一切何も変わらないでしょう。 大災害を経験しても、一切何の教訓にも
    されずに、『平和ボケ』した社会を享受し続けられるのは、ひとえに、『無責任社会』が
    なせる業なのでしょう。そのためには、教育が重要になってきますが、日本の場合は、
    無意味な『全体主義』は、無理やりにでも押し付けられるものの、いざという際には、
    バラバラにしかならないため、助け合いは、求めない方が、賢いと思います。

    これほどの治安
    一部完全に中国や韓国と化している、池袋や川口の治安の悪さを知らないのでしょうか?
    これほどの教育水準
    ロシアやドイツと比較してしまうと、おこちゃまレベルです。
    これほどの清潔な住環境
    最近は、放射性物質による汚染が大問題。
    これほどの勤勉で真面目な国民の多さ
    大手企業のいい加減な労働環境を知らないものやら?

    国粋主義者ばかりが増えているのは、日本だけではなく、世界的な兆候であるため、
    そろそろ、資本主義も崩壊に近づいているのだと思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    安倍内閣は、完全に末期状態。 次々に議員達の不祥事を暴かれて、最近では、町を
    歩いていても、右翼が目に見えて増えてきた。 国会を空転させているのは、野党では
    なく、安倍内閣の不祥事なのでは。
    1378036_574015126061581_5507788637897129476_n
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ