多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:学問

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    4547919145

    白虎隊の学び舎 会津藩校 日新館とは
    江戸時代、全国300藩校の中でも、規模、内容共に随一と謳われたのが、会津藩の
    学校「日新館」で、多くの優秀な人材を輩出し、全国屈指の名門藩校と言われた。

    日新館は、5代藩主松平容頌(たかのぶ)時代の家老、田中玄宰(はるのぶ)の
    「教育は、100年の計にして会津藩の興隆は人材の養成にあり」との進言によって
    計画され、5年の歳月を掛けて享和3年(1803年)に鶴ヶ城の西側に会津藩の最高
    学府として完成した。

    nisshinkan1
    taisei
    nisshinkan41
    fjgitr
    narai1
    pic35
    22df6854c
    2gf
    pic36

    広さは東西226m、南北116m、面積8,000坪、建物は1,500坪もあった。 幕末に
    飯盛山で自刃した白虎隊の少年達も勉学はもちろんのこと「ならぬことはならぬ」の
    精神を学び、未来に夢を馳せていた。
    bafef3ef46757

    日新館は、戊辰戦争で焼失した後、昭和62年に会津の精神文化を後世に伝えようと
    完全復元された。 藩士の子弟は10歳で入学して学問や武道に励み、心身の鍛錬に
    努めた。 約8千坪の敷地に武道場や天文台、日本最古のプールといわれる水練
    水馬池などがあり、新島八重の実兄・山本覚馬や白虎隊の少年達をはじめ、多くの
    優秀な人材を輩出。 覚馬はのちに、この日新館で蘭学の教授も務めました。

    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    幕末の日本、越後長岡藩が輩出した風雲児・河井継之助の生涯をたどれば、
    彼の目指した改革と社会がわかる。

    hqdefault

    人の世に生きていくということは、苦しいことも、うれしいことも
    色々あるものだ。 その苦しいことに耐えられなければ、何事も
    成し遂げられない。

    学問というものは、実行しなければ何の役にもたたないものである。
    英雄の気質を備えているものほど、なお一層危険にあうものだ。
    法や制度は清廉で能力のある人間がいて、始めてその成果が出るものだ。
    人を得ずして法だけあるのは、かえって危険である。

    e3818be382

    無理には使わず、快く承知をさせて、使うもの使わないものも、互いに
    愉快に仕事をするのが得。

    従者の外山修造(寅太)にこの世の中は面白くなってきた。 寅や、何でも
    これからのことは商人が早道だ。 思い切って商人になりやい。

    天下になくてはならぬ人になるか、あってはならぬ人になれ。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ