東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:大西洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    他のヨーロッパ諸国に比べて、ポルトガルは人口が少なく、1058万人となって
    いる。 そのうち30%は、リスボン、ポルトなどの都市部に住んでいる。
    地方は、農漁村で、それぞれ近くには中規模の市場が開かれている。



    【リスボン】

    大西洋岸に位置し、ポルトガルの首都、かつ最大の都市。 ポルトガルの主要港
    でもある。 リスボンの人口は、約80万7,000人で、周辺を含めた首都圏には、
    約200万人が住んでいる。 丘の斜面には新旧さまざまな建築様式が見られる。
    市の中心部には、広い18世紀時代の広場に面して近代的なビルが立ち並ぶが、
    1988年の大火で焼けたものもある。

    リスボンはその長い歴史を通して、多くの征服者たちが到達したところでもあった。
    ローマの軍隊や北アフリカからやって来たムーア人にリスボンを占拠されたことも
    ある。 1100年代にポルトガルは、このムーア人たちからリスボンを取り戻し、
    約150年後に、リスボンはポルトガルの正式な首都になった。

    15~16世紀には、ポルトガルが世界の探検と植民地化を進めた時代で、冒険家
    たちはリスボンの波止場から世界各地へと航海の旅に出て行った。 リスボンは、
    そうして海外へ築き上げた広大な帝国の中心地となった。 1775年、リスボンは
    地震で崩壊し、地震後に起こった津波と火災で更に大きな被害を受けた。 よって、
    リスボンの建物には、首都が再建された18~19世紀以来のものが多い。

    第二次世界大戦(1939年~1945年)以来、リスボンは港を広げ、製油所や貯蔵
    施設、造船所、修理工場、その他の産業コンビナートを作っていた。 ポルトガルの
    工業製品の多くは、このリスボン港から世界に出荷されて行ったのである。

    lisboa44

    【地方の中小都市】
    ドウロ川沿いのポルトは、ポルトガル北部の代表的な港町で、工業の中心地。
    首都リスボンに次ぐ大きな都市で、人口32万7,000人を超えている。 広域では
    約15万人が住んでいる。 1700年代以来、ポルトは、イギリスのワイン商人相手に
    貿易をし、ポートワインの生産、出荷の中心地となって来た。 ドウロ川沿いに
    ざっと80軒のワイン貯蔵庫が立ち並んでいる。 更にポルトには、食品加工、
    石油精製、繊維加工、タイヤ、陶器類の製造など、各種工場が集まっている
    ポルトガルの一大工業地となっている。

    リスボンの南、半島になった沿岸には、港町、セトゥーバル(人口約7万8,000人)が
    あり、セトゥーバル湾への出入口として栄えている。 この湾には、サド川が流れ
    込む。 1966年には、この半島とリスボンを結ぶ橋が完成し、そのお陰で
    セトゥーバルにも何種類かの重要な産業が発展した。 造船施設、魚の缶詰工場、
    その他の企業が年中、忙しくしている。 毎朝、船体を明るい色に塗った
    パトロール船が港に戻って来ては、採って来た魚で地元の魚市場はひとしきり
    賑わう。

    中西部、モンデゴ川沿いにあるコインブラ(人口約7万4,000人)は、歴史に
    とんだ街で、ローマ人によって造られたが、11世紀までは、ムーア人に占領
    されていた。 12~13世紀の間は、ポルトガルの首都になり、権力を持った
    ローマ・カトリック司祭の所在地でもあった。 ポルトガル最古の大学、主な
    図書館や美術館があるのも、このコインブラとなっており、歴史関係の建築物が
    市内に散在している。 小規模ながら、産業もあり、地元の人たちの仕事に
    なっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    いま話題の人 に参加中!

    伊達家家臣である、支倉常長(はせくら つねなが)は、今から約400年ほど前の
    1613年に、石巻市月ノ浦を出航し、慶長遣欧使節団を率いて、日本人として
    初めて、太平洋、並びに、大西洋を横断して、ヨーロッパまでの渡航に成功し、
    ローマで貴族に列せられた。 洗礼名はドン・フィリッポ・フランシスコ。
    日本人として、初めてコーヒー、並びに、チョコレートを食した人物とされて
    いる。

    hasekurra
    世界記憶遺産に登録されている、仙台市博物館所蔵の『支倉常長』の肖像画

    慶長遣欧使節団は、仙台藩が単独で派遣を行った使節団であり、スペイン人の
    フランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを副使とし、常長が正使となった。 総勢
    180名で組織され、ガレオン船サン・ファン・バウティスタ号でスペインを経由
    してローマを目指した。

    この使節団の目的は、通商のためとされているが、実際のところは、仙台藩と
    スペインとの軍事同盟を結ぶ事が目的だったとも言われており、伊達政宗が
    徳川宗家を倒すための足掛かりだった可能性も否定出来ない。

    慶長17年(1612年)、常長は、第1回目の使節として、ソテロと共に浦賀より
    出航するも、暴風に遭い座礁し、遭難した。 再度仙台へ戻り、慶長18年9月15日
    (1613年10月28日)に月ノ浦(現・石巻市)を出帆した。

    Hasekur

    出航後、常長らの一行は、まず、北アメリカ大陸の太平洋岸にあるアカプルコへと
    向かった。 アカプルコからは、陸路で大西洋岸のベラクルスへと移動し、
    ベラクルスから再度、大西洋を渡り、コリア・デル・リオ(スペイン・
    アンダルシア州セビリア県)に上陸した。 その後、慶長20年1月2日(1615年1月
    30日)には、スペイン国王フェリペ3世に謁見を果たしている。

    その後、更にイベリア半島から陸路でローマへと渡り、元和元年9月12日(1615年
    11月3日)にはローマ教皇パウルス5世に謁見した。 また、その後もマドリードに
    戻ってフェリペ3世との交渉を続けている。

    しかし、この時既に日本国内ではキリスト教の弾圧が始まっており、通商交渉は
    成功する事はなかった。 常長は数年間のヨーロッパ滞在の後、元和6年8月24日
    (1620年9月20日)に帰国した。 この際、一部の使節団員は、既にキリスト教に
    改宗していたため、その地に残り、その後、その子孫達は、『日本』を意味する、
    『ハポン姓』を名乗り、現在に至っている。

    慶長遣欧使節団の帰国時には、日本では既に禁教令が出されており、常長は、
    帰国から2年後に失意のうちに死去した。 その後の支倉家は、嫡男常頼が後を
    継いだが、寛永17年(1640年)に、家臣がキリシタンであった事の責任を
    問われて処刑され断絶した。 しかし、寛文8年(1668年)、常頼の子の常信の
    代に許されて家名を再興した。


    仙台は再び世界へ

    常長らが持ち帰った『慶長遣欧使節関係資料』は仙台市博物館に所蔵されており、
    平成13年(2001年)に国宝に指定され、2013年にはユネスコの『世界記憶遺産』に
    登録された。 その資料の中には、常長の肖像画があり、日本人を描いた油絵
    としては最古のものとされている。 資料の中に『支倉』を古典ラテン語表記で
    FAXICVRA と表記した部分があり、当時『ハ行』を唇音で発音していた証拠と
    なっている。

    tsunenaga
    スペイン、イタリア、フィリピン、キューバを始めとして、世界各地に残る『支倉常長像』

    これらの資料は、主にスペイン側が保管していたものを、仙台市へと寄贈したもの。
    また、世界記憶遺産に登録を果たしたのも、スペイン政府からの後押しが強かった
    ためとも言われています。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ