多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:大袈裟

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    世間では、相変わらず、福島のことばかりが大袈裟に語られているが、大袈裟な報道
    ばかりを好む、いわゆる、『放射脳』の許せない点は、震災孤児や、被災地の事実を
    完全に無視して、自分に都合の良い事柄しか言わないところに尽きる。 特に、被災地
    から離れれば離れる程、その傾向が強くなるのは、助け合いの精神すら、この国には
    まともに根付いていない証拠とも言える。



    東日本大震災の後、特に、海外のメディアでは、実際の被災地を無視して、福島の事
    ばかりが大袈裟に語られたが、間違いやウソが多く、その情報が、そのまま現在まで
    残っている事が多々見受けられるため、事実とはかけ離れている事が多い。 このような
    際にも、必ず、自分達が住んでいる場所は、度外視して語られる事が多い点にも注目
    して頂きたい。

    >>放射脳によるフクシマの偏向報道

    そもそも、日本には、自分さえ良ければ、それで良しとする人間が非常に多いのと、事実
    無根の情報であったとしても、それを鵜呑みにして、右から左に流す際に、更に、尾ひれ
    足ひれが付いて、ウソと事実の見極めが非常に困難になっているため、常に事実と向き
    合って現実を知ろうとしない限り、騙されてしまう事が多くなっている。

    f6152b6f

    津波災害が本当に酷かった宮城県と岩手県には、両親や片親を失った子供も少なく
    ないが、そのような事実が公の場で語られる事は、これまで、殆どなかった。 
    被災から、既に4年半以上が経過したが、未だ、その心の傷は癒えてはいない。



    一方、福島では、2014年6月16日に中間貯蔵施設問題に関して、石原環境大臣が、
    『最後は金目でしょ?』との問題発言をしたが、この問題は、早急に解決をしなければ、
    除染した土を満載したフレコンバッグが野ざらしにされているため、 問題が多いのも
    事実。 よって、福島は、被災地の中でも、優先的に語られる事が多いのだが、ウソの
    情報が非常に多いため、それが問題を更に複雑にしており、宮城、岩手よりも、復興が
    遅れている原因となっている。 

    >>福島と鼻血 

    人間とは、非常時にこそ、その人間の人と成りが完全に出る事を理解しなければ
    ならないのと、常に、相手の話を聞く姿勢を大事にしなければ、何も知り得ないままで
    終わってしまう。

    被災地で起きた数々の出来事は、正しい情報を持った人間が、正しく後世に伝えて、
    この出来事を教訓としなければならない。

    >>東北の子どもたちのために今できること

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    フクシマの真実は、決して1つではありません。 あるものは、ウソとの境界線が
    曖昧になったり、なくなってしまったり、あるものは、ますます大袈裟になり、
    あるものは、無視されたり。 どれも真実と言えば真実だが、結局のところ、
    事故当初に、ウソと真実の区別をハッキリとさせなかった結果がこうなったもの。

    遠くの人ほど、福島には、絶対に行かず。 風の便りは、ますます勢いを増す
    ばかり。 福島から、遠くに避難をした人たちも、今度は、その正当性を証明
    しなければならないため、尾ヒレ足ヒレが大分付いていませんか? 最近では、
    宮城県内に到達した津波をも福島と言っているが、それは、完全にウソ。

    10858000_589483371197865_5805449795164554553_n

    美味しんぼ のレビュー
    を見ると、東北では、この作品の評価がかなり低い事が
    手に取るように分かる。 国が何も対策を取らなかったのと、それに対抗して、
    その抗議活動が、エスカレートし過ぎたのが、今のフクシマ。 

    福島県は、横に長く、北海道、岩手県に次いで、日本で3番目に広い面積を持つ
    県なのだが、県の名前を原発の名前にしてしまった事が、風評被害をここまで
    拡大させた最大の原因。 実害と風評被害を区別すべきところを、美味しんぼは、
    更に、その風評被害を拡大させた。

    マンガの中に、白河市の人たちは、マスクが手放せないという内容が出て来るが、
    私は、逆に、福島でマスクをしている人を見た事がない。 むしろ、しろよと
    言いたいぐらい。 美味しんぼは、ざっと斜め読みをしたのだが、内容が、極端に
    偏り過ぎていて、これを真実と言われても、自分が知っている真実とは、かなり
    異なる。 被災地の事も、何もかも、福島にするのは、止めて欲しいところ。

    ちょっと前までは、チェルノブイリ原発が爆発したウクライナでは、約8%の
    人しか、健康ではないという噂が出回っていたのだが、私の知り合いの
    ウクライナ人で、健康被害が出ているのは、原発のすぐそばで被爆した1人だけ。
    ウクライナも福島も、一度、現地に行かれて見ては?



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    福島第一原発の1号炉の屋根の取り外しが始まったという事で、久しぶりに自宅で
    線量を計測したみたところ、0.14ミリマイクロシーベルトだった。 雨の日は、若干
    線量が上がるので、普段通りの計測値でした。 

    GE社製のこの1号炉は、元々実験用として建設したもので、事故を起こす前までは、
    年に2~3回程度、しかも、年間のうち、数週間程度しか運転しておらず、それ以外の
    期間は、常に冷却を余儀なくされるという、ハッキリ言って、単なるお荷物溶鉱炉だった。

    それでも、アメリカに文句を言えないのは、やはり植民地だからなのでしょうか。
    燃料棒は、今では、メルトスルーして、地中深くめり込んでいると思われます。
     
    123

    原発の心配はするが、そこに住んでいる人たちの心配はしないという、エゴ丸出しの
    この世の中。 福島の県知事の心配はするものの、原発で働く人たちや、その周辺の
    市町村には全く関心がないという、かなり偏った状態となっているが、震災後、新幹線の
    仙台⇔福島・郡山間の乗車率が、かなり上がったのは、家族だけ仙台に住まわせて、
    旦那だけひとりで福島に通っているため。

    100%東京電力の施設である福島第一と第二原発の電力は、100%関東へと送電
    されているため、福島の人たちは、その電力を使っておらず、放射性物質だけを
    散々ばら撒かれて、後は知らん振り。 今でも福島の火力発電所と水力発電所からは、
    電力が関東へと送電されています。 それを主に使用しているのは、東京都です。

    全く目に見えないものとの戦いとなるため、様々な憶測が飛び交っておりますが、
    遠くに住んでいる人に限って、より大袈裟になるのは何故? 被災直後に、何人かの
    海外在住の女性と何度も議論を交わした事がありますが、皆自分がそこに居るための
    根拠が欲しいだけで、現実を見ていないと感じました。 放射性物質は、何でも
    怖がれば良いのではなく、正しく怖がりましょう。

    尚、福島よりも遥かに高い津波に襲われた女川原発が、とりあえず無事だったのは、
    福島第一原発よりも、15メートル程高い場所にあったため。 福島第一原発も、
    元々は山だったところをわざわざ切り崩して建設したため、こんな事故へと繋がり
    ました。 但し、その女川原発も、全くの無傷だった訳ではありません。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ