多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:大曲

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    ある一人の少年の想いから発足した『青い鯉のぼりプロジェクト』は、東日本
    大震災で亡くなったこども達の為に、3月11日から5月5日のこどもの日まで、
    津波の心配のない青空に『青い鯉のぼり』を掲揚する鎮魂プロジェクト。
     
    461_n

    宮城県東松島市大曲浜で東日本大震災以降、毎年開催されており、初年度は、
    約200匹程度の青い鯉のぼりであったが、2015年度の今年は、約700匹まで
    増えた。 来年度からは、大曲地区でのかさ上げ工事が本格化するため、
    来年度からは、別の場所に移動しての開催が予定されている。



    東松島市内で震災により亡くなった人達の数は、約1,100人。 すぐ隣の石巻市と
    比較すると、街の規模が一回り小さいため、東松島の被災は見過されがちだが、
    市域の約6割以上が津波で浸水したため、その被災度合いは、かなり深刻と
    なっている。 自分の地元なので、被災前から大曲は時々通っていたものの、
    被災度合いが激し過ぎるため、昔の景色を全く思い出せない程。 このすぐ
    近所には、海浜公園と砂浜があったが、津波により松林の殆どが流出したため、
    その公園はなくなった。



    仙台方面から石巻へ向かう途中で、東松島市を通過するものの、三陸道や国道
    45号線からは、東松島市内の被災度合いが全く見えないため、そのまま通過
    されてしまいがちだが、このプロジェクトを見るためだけに東松島を訪れて
    見るのも被災地を考える切っ掛けとしては良いのかも知れない。

    大曲地区のすぐ隣には、航空自衛隊松島基地があり、週に3~4日程度、
    ブルーインパルスの展示飛行を無料で見る事が出来る。 また、1ヶ月前までに
    予約をすれば、直接松島基地内に入る事も出来る。



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    現状、石巻地区の復興状況は、女川もそうですが、東松島がかなり酷いです。
    東北最大の海水浴場である、野蒜海岸では、そこだけで、約500名が死亡し、
    現在、仙石線が不通となっています。 東松島市内だけでも、約1,100名が
    死亡しました。 人口約4万5千に対しての1,100人なので、被災度合いは、
    石巻よりも酷いです。

    しかも、東松島の場合は、11年前の『宮城県連続地震』でも自宅を失った人も
    おり、2回連続で被災しています。 そんな状況なのにも関わらず、よそから
    来た人たちにより、『被災地に花火を上げよう』というプロジェクトが開かれた
    のですが、自宅を2回も失った人たちが、頭上の花火を見て、喜ぶとでも思った
    のかは分かりませんが、私は、そのイベント自体、許せませんでした。



    東松島でも、内陸への集団移転が現在進んでいますが、野蒜海岸周辺は、
    地盤沈下により、約3年4カ月もの間、海に沈んでおり、今年の夏に、ようやく、
    かさ上げ工事が本格化したため、やっと、陸地に戻ったばかりです。 私の
    いとこと叔母は、今でもそこに住んでいます。

    石巻市内の長面地区は、今でも海に沈んだままで、2年半程度、電気という
    ものが通っていませんでした。 大川小学校から、たった2キロしか離れて
    いない場所の話です。 これが、何もかも忘れ去られてしまった被災地と、
    クリスマスに浮かれている関東との差なのだと思いますが、余りにも違い過ぎて、
    既に、同じ国だとすら思えません。

    被災直後に、仙台出身のお笑芸人のサンドウィッチマンが、被災地から帰って
    来た直後に、東京で、『カラオケ如何ですか?』と言われたと言っていましたが、
    地獄絵図最中の石巻から帰って来て、降りた駅で私も完全に同じ事を言われ
    ました。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ