横浜通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:多民族国家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    独立したチェコスロバキアは、ボヘミア王国の領土ボヘミアとモラビアの他、
    スロバキアと更に東に位置するルテニアも領土とした。 新国家は、ドイツ人、
    ハンガリー人などの少数民族が住む多民族国家であった。

    チェコスロバキアは、1920年に二院制議会を設立する憲法を採択した。
    マサリクが努力した、チェコとスロバキアそれぞれの政府を持つ連邦国家は
    実現しなかった。 選挙民に人気が高いマサリクは、1920年、27年、34年の
    大統領選挙で勝利をおさめた。

    同じ頃、議会各政党の議員数はしのぎを削っていた。 農民党は、農民を代表し、
    国営農場、国営企業を主張する共産党は、社会党に属していたが、1921年に
    独立した党となった。

    チェコスロバキア経済は、戦後の景気回復の恩恵を受けていたが、国内の
    民族間の問題はまだ解決していなかった。 スロバキア人は独立を求めていた。
    ハンガリー人は政府に忠誠心を持たなかった。 全人口の4分の1を占める
    ドイツ人は、ドイツとの結び付きを求めた。

    024009327

    ドイツ人の多くは、ポーランドとの国境にあるズデーテン山脈の麓に住んで
    いたことから、ズデーテン・ドイツ人と呼ばれ、住んでいた地域は総称して、
    ズデーテン地方と呼ばれた。

    チェコスロバキアの独立後、ドイツ人は、議会各党に代表を送るようになった。
    マサリク政府は、土地の所有を制限する土地改革を行い、大地主から土地を
    国が買い取り、農民に再分配した。 新しい税制改革も導入した。 多少の
    不満があるにせよ、大部分のドイツ人は、民主的なチェコスロバキア政府を
    支持していた。

    1930年代はじめに、世界規模の経済不況が広がり、深刻な不景気と失業に悩む
    隣国ドイツの不安が、チェコスロバキアにも影響を与えた。 ヒトラーが政権を
    取った1933年頃、民族戦線ズデーテン・ドイツ党が、チェコスロバキア議会に
    議席を持つようになり、ドイツ人が不当に差別されているという口実で、
    ヒトラーと結託しはじめた。

    ヒトラーは、ユダヤ人と共産主義は、ドイツの経済と政治を妨げるので、
    ユダヤ人、スラブ人などを絶滅して、ヨーロッパにドイツ民族国家を建設
    すると主張した。

    Nazi01

    【併合と占領】
    ドイツがオーストリアを併合した1938年春から半年後の9月、イギリス、イタリア、
    フランスは、戦争を避けるために、ヒトラーとミュンヘン会談で合意を結び、
    住民の半数以上がドイツ人であるチェコ領土を、ドイツが併合する許可を与えた。
    ドイツは280万人のドイツ人と75万人のチェコ人が住み、チェコ全国土の38%に
    あたるズデーテン地方を併合し、チェコ人は立ち退かされた。

    ドイツは、エドアルト・ベネシュ大統領に辞任を迫り、エミル・ハーハが後を
    継いだ。 ヒトラーは更に、ドイツ軍の兵器工場として、チェコスロバキアの
    占領を狙った。 ドイツとの衝突を避けるため、ハーハは、スロバキアと
    ルテニアの独立に同意した。 しかし、1939年3月、ヒトラーは、ボヘミアと
    モラビアの占領を宣言した。

    チェコスロバキア軍の抵抗もなく、ドイツ軍は容易にプラハへ侵攻した。
    ドイツはチェコスロバキアの工業を支配し、ボヘミアとモラビアはナチス・
    ドイツに占領された。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    前回、ハバロフスクからノボシビルスクまでは、シベリア鉄道で丸4日間掛かると
    述べたが、ロシアでは、割とつい最近まで、入国後72時間以内に警察に行って、
    住民登録を必ずしなければならなかったため、この件で罰金を取られることと
    なった。

    当時アエロフロートは、燃料不足により、半年以上も一切飛んでいなかったのだが、
    ロシアでは、そのようなどうでも良いことは一切考慮されないばかりではなく、
    規則は規則なので、どうにもならない。 よって、このような場合は、机を叩いて
    でも怒りの意思表示をしなければならないのがロシアのしきたり。

    実は、チケットを購入して、ハバロフスク空港に到着してから、この衝撃的な
    事実を知ってしまったのだが、その時のアエロフロートの窓口の対応は最悪で、
    チケットは払い戻しするが、手数料が掛かるという意味不明なものであったため、
    怒りの意思表示をしたところ、空港まで送ってくれたロシア人の友人が、こちらの
    余りの剣幕に、呆れ顔で見ていたという逸話が残った。

    5279

    さて、シベリア鉄道だが、ロシアの車両は、外国人専用のスーパーワゴンには
    シャワーが付いているものの、ロシア人向けのコンパートメントや、3段式の寝台
    車両にはシャワーがない。 また、ロシアの長距離列車には、コンパートメント
    内にお菓子が置いてあるのだが、それを食べると別料金を請求される。 ロシアは
    基本的に何でもやった者勝ちで、少しでも遠慮をした人間が100%バカを見るという
    システムが完全なまでに構築されている。

    ロシアを訪れた人間が、ロシアに対して、好意を抱くか、または、悪意を抱くか
    なのだが、基本的に、ロシア語を喋れない人間の場合は、ぞんざいな扱いしか受け
    ないため、嫌いになる確率の方が遥かに高い。 但し、例え片言だけでもロシア語を
    喋れると、大歓迎されるため、好きになるという、インド並ぐらいに好き嫌いが
    ハッキリと分かれる国でもある。

    元々、ロシアは世界一の超多民族国家であるため、アジア人でも特に差別はされない
    のだが、よほどのインテリでもない限り、外国語は通じないため、ロシアを訪れる
    際には、基本的にロシア語が必須となっている。 但し、2000年以降は、急速に
    英語が普及したため、大学の学生レベルであれば、ある程度英語を喋れるように
    なったのには、時代の流れを感じずにはいられない。

    ソ連時代の外国語と言えば、ドイツ語とフランス語がメインで、英語はかなり
    マイナーな言語でワンツースリーのレベルでも一切通じなかった。

    ソ連崩壊とは何だったのか? その①
    ソ連崩壊とは何だったのか? その②
    ソ連崩壊とは何だったのか? その③
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑤
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑥
    ソ連崩壊とは何だったのか? その⑦

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本人とロシア人とを一口で比較するのは、なかなか難しいのだが、日本から
    最も近い外国であるロシアは、日本人にとっては、謎だらけ。 未だに鉄の
    カーテンの向こう側にあるため、興味深々♪

    111657651

    基本的に、日本人とロシア人とでは、思考回路が間逆であるため、コテコテの
    日本的な考え方の人だと、ロシア人とは話が合わないことが多い。 日本人は、
    内向的であるため、なかなか初対面の人とは打ち解けようとしないのだが、それは、
    ロシア人も同じこと。

    よって、お互いに初対面の人には話し掛けることが少ないため、なかなか知り合いに
    なれる機会が少ないのだが、日本人が『内輪』を非常に好むのとは対照的に、
    ロシアは、国内に約180もの民族がひしめく多民族国家であるため、自己主張が
    強い。 よって、基本的に、思っていることは全て口に出して自己主張しな
    ければならないのだが、単一民族である日本人の場合は、『和』を重視する余り、
    自己主張を許さない傾向が強いため、この部分が日本人とは決定的に異なるため、
    この部分で合わないことが多い。

    但し、ロシアは、元々が全体主義の国であったため、この名残で、西欧人のような
    理不尽な自己主張はして来ない。 元々が保守的な国柄であるため、初対面の
    際には、なかなか仲間内に入って行き辛いのだが、一旦仲良くなると、絶対に
    裏切らないのがロシア人。 一方の日本人は、友人や知り合いであったとしても、
    平気でちゃっかり裏切ったりするため、この点もロシア人とは決定的に異なる。



    両国の共通点としては、自殺が多いことを挙げられるが、自殺の原因は根本的に
    異なる。 ロシアの自殺の原因は、政治への絶望、仕事が見つからないことへの
    あせり、借金等が挙げられるが、日本の場合は、将来への不安、不安定な雇用、
    理不尽な雇用条件を挙げることが出来る。

    生真面目で有名な日本人とは対照的に、ロシア人は、仕事中であったとしても、
    結構いい加減。 但し、ロシアでも堅い職業に就いている人の場合は、日本人
    よりも融通が利かないことが多く、何でも規則通りとお役所対応をゴリ押しして
    来ることが多いのがロシア人の特徴。

    仕事中はニコリともしないが、仕事が終われば、満面の笑みを浮かべるのが
    ロシア人で、仕事中は、満面の笑みで対応してくれるものの、仕事が終われば、
    ニコリともしないのが日本人w ロシア人は、常に笑いを忘れないが、日本人が
    冗談を言うことは稀。 時間に対して非常にルーズなのが、ロシア人で、職場に
    15分程度遅れたとしても、特に何も言われず、昼休みも1時間半~2時間程度
    取るのが当たり前。 ロシアでは、退社時にも時間ぴったりに帰宅するが、この
    全てが一切許されないのが日本人。

    ロシア人は、日本が大好きだが、日本人はロシアが大嫌いという特徴も典型的な
    特徴と言えるのかも知れない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシアは、世界最大の国土面積を持つ一方で、人口密度は非常に低い。
    ソ連崩壊後は、大幅な人口減少が続いていたが、近年は、横ばい状態が続いて
    いる。  2013年の人口は、約1億4,350万人 となっており、世界第9位と
    なっている。

    隣国ウクライナの人口密度は、1平方キロメートルあたり、536人、アメリカが
    199人であるのに対して、ロシアの人口密度は、わずか57人となっている。
    その一方で、ロシアには、1000を超える都市があり、人口100万人以上の都市が
    少なくとも12ある。 ロシアの人口は、川や湖の周辺に集中しており、約73%が
    ウラル山脈以西の都市を中心とする都市部で暮らしている。

    a880d5d4c930

    ロシア連邦は、多くの共和国からなる連邦国家であり、それぞれの共和国に
    約180の民族が暮らしている。 最大の民族は、ロシア人であり、ソ連時代は、
    ロシア人の比率は、50%強を占めるに過ぎなかったが、ソ連崩壊後は、周辺諸国の
    相次ぐ独立とロシア人への差別等により、本国への移住を余儀なくされたため、
    現在では、約80%程度をロシア人が占めている。

    その他の主な民族としては、タタール人、ウクライナ人、バシキール人、
    イングーシ人 、チュバシ人、ブルガリア人、ラップランド人、コサック人等が
    居る。 多数の民族が暮らすロシアには、様々な言語、宗教、文化がある。
    しかし、タタール人の大半は、イスラム教徒であり、トルコ語とつながりのある
    言語を話す。 ロマ(ジプシー)のように、伝統的な習慣や文化をロシア人の
    宗教や社会と融合させている民族も多い。

    ロマ等、多くの少数民族が、過去に厳しい抑圧と差別を受けた経験を持っている。
    土地や各種の権利や、しばしば自由さえも奪われた。 21世紀を迎えても、
    尚差別に苦しむ民族があるが、少数民族の多くは、民族の歴史に新たな誇りを
    見出している。 少数民族の代表組織も結成された。

    russian

    【言語】
    ロシア語の筆記には、キリル文字が用いられるが、キリル文字が普及する前までは、
    伝道者のキュリロスと兄のメトディオスが9世紀に考案したグラゴール文字が使用
    されていた。 グラゴール文字に代わって、10世紀にスラブ語圏に広まったのが、
    キリル文字である。 現在でもキリル文字の変形がロシア、ウクライナ、
    ブルガリア、その他、東方正教会の近隣諸国でも使われている。

    ロシア連邦には、様々な民族が暮らしているため、100位上の言語や方言がある。
    連邦の公用語は、ロシア語であり、全ての学校でロシア語教育が実施されている。
    この他に、共和国や地域によっては、地元の言語を教えている学校もある。

    nebo1331

    【教育】
    ソ連時代の暮らしは、厳しかったが、学校教育は充実していた。 その結果、
    ロシアの識字率は、男性が100%、女性が99%という非常に高い数字が報告
    されている。 義務教育は、9年間で、小学校は、7歳から始まり、10歳で
    中学校に進む。 公的教育の大部分は無料だが、1990年代に入り、一部の公立
    大学で財政難のために学費の徴収が始まった。 高等教育期間に在籍する学生
    には、教育費の補助として、政府から少額の給付金が支給される。 ソ連の
    崩壊後は、私立学校の設立が相次ぎ、1998年までに約600の学校と250の高等
    教育機関が誕生した。 ソ連が崩壊したことによって、教育内容も大きく変化した。
    特定の政治理論に則った教育を行う必要性がなくなり、学生達は、ソ連時よりも
    客観的に自国と世界の歴史を学べるようになった。 かつて、反体制的である
    として禁止されていた本も、今では自由に使用出来るようになった。

     【生活】
    ロシア人男性の平均寿命は、1990円には65歳であったが、2002年には、59歳に
    低下した。 2002年の女性の平均寿命は、72歳となっている。 薬物の乱用、
    飲酒、ストレス、事故、慢性病等、健康を害する要因が全て増えているのが、
    平均余命の低下に関係すると考えられている。 これらの要因を悪化させるのが
    貧困である。

    ロシア国民の約3分の1が貧困線ギリギリ、あるいは、それ以下の状態で暮らして
    いるとされている。 それ以上の生活をしている人達も、多くが生活に苦しんで
    いる。 近年になって、モスクワでは、近代化が進んだが、その他、地方都市
    との格差が広がっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1939年~1945年の第二次世界大戦終了後、カナダに移住していた何百万人
    もの外国人が、カナダ人となり、カナダの人口は急激に増えた。 その多くは、
    ヨーロッパからの移民だったが、中国、インド、パキスタン、アフリカ、
    南アメリカからも多くの人達が移住して来た。 紛争を逃れて来た難民も多く、
    1956年には、ハンガリーから1970年代には、ベトナムとカンボジアから沢山の
    人がやって来た。 21世紀になると、新たにカナダ国民となる人の殆どは、
    インド人とフィリピン人となった。

    9b01a549.jpg

    イヌイットの人達は、その多くが、ノースウェスト・テリトリーとヌナブットか、
    ラブラドル半島北部、オンタリオ、ケベックに住んでいる。 エスキモーとは、
    先住民の言葉で『生肉を食べる人』という意味であるため、イヌイットを
    エスキモーと呼んではいけない。

    殆どのファースト・ネーションズは、オンタリオのオジブワ族、ケベックの
    クリー族といったっように、部族の名前で呼ばれるのを好み、先祖から受け
    継いだ土地に住んでいるが、なかには都市へ移り住んだ人もいる。 伝統的な
    技術を受け継ぐ人々もいて、例えば、太平洋岸に住む人達は、驚いたような
    表情のカラフルな儀式用のお面を作ったり、トーテムポールを彫刻したりする。
    こうしたファースト・ネーションズの彫刻、絵画、舞踊等は、広く知られる
    ようになり、カナダ文化を象徴するシンボルとなった。

    c23ec808.jpg

    カナダの最重要課題である民族問題は、1600年代にフランスがケベックを
    中心とした植民地をつくった頃に始まった。 カナダで支配権を握っていた
    フランスにイギリスが挑み、両国間の対立と争いが長年続くことになった。
    イギリスが勝利したものの、1774年のケベック条約でケベック住民の法的権利と
    信仰上の権利が認められた。

    フランス系カナダとイギリス系カナダの争いは、ケベックがフランス語の国
    として独立することを求める運動に発展した。 1980年と1995年のケベック
    住民投票による2度の投票の結果、ケベックは、カナダ連邦に留まることと
    なった。 しかし、1995年の投票の結果は、わずかな差だった。 カナダは
    ひとつの国として21世紀を迎えたが、ケベックの独立の夢は今も消えていない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カナダは、英語とフランス語の2言語を公用語とするバイリンガル国家であり、
    『1982年憲法』では、両言語を以下のように規定している。

    『英語、及び、フランス語は、カナダの公用語であり、連邦議会、及び、連邦政府の
    全ての機関における使用言語として、対等な地位と権利が認められる』(憲法第16条
    第1項)

    但し、これは、国民に両言語の習得を義務付けている訳ではなく、連邦政府の全ての
    公的機関において、この両言語が対等に扱われているため、どちらかの言語を話す
    事が出来れば、国のサービスを受けられる事を意味している。

    【カナダ国歌】 バイリンガルバージョン


    アメリカでは、英語を強要されるが、カナダの場合は、基本的に、この両言語によって、
    公的機関でのコミュニケーションが図られる事となっているが、実際は、多民族の
    移民国家らしく、窓口には、多数の移民を取り揃えているため、その他の言語でも
    一律にサービスを受ける事が出来る。

    カナダ人の約85%(2,686万人)は英語を話し、約31%(979万人)がフランス語を話す
    ため、バイリンガルを含めて合計すると、100%を超えることとなる。 但し、カナダでは、
    言語的な地域格差が大きいため、皆一様に両言語を自由に操れる訳ではない。
    小学校等の義務教育では、お互いの言語を学ぶことが義務付けられてはいるものの、
    両言語のバイリンガルは、概ね、両言語の言語的な境界線上にある首都のオタワ~
    ケベック州周辺に限られる。 首都であるオタワは、元々、ビクトリア女王が、両言語
    話者達の融和を願って、わざわざ言語境界線上に新たに建設したバイリンガル都市。

    80b06688.jpg

    カナダ最大の都市である、トロントがあるオンタリオ州では、約85.9%が英語を話すが、
    残りの約14%が全てフランス語話者という訳ではない。 トロントにおける
    英仏バイリンガルの比率は、約11.4%となっており、決して高くはない。 逆に、フランス語
    だけが公用語となっている、カナダ第二の都市であるモントリオールを有するケベック州
    では、約53.9%が、フランス語を話すが、全ての方向を英語話者らによって囲まれて
    いるため、約4割がバイリンガルとなっており、バイリンガル率がカナダの中で最も高い。

    ケベック州は、カナダ連邦の中でも唯一、フランス語のみを公用語としているが、その
    面積は、カナダの約4分の1を占めており、英語話者に対しても、かなり敵対意識が高い。



    この他にも、カナダは、多民族国家、移民国家であるため、公用語以外の言語が
    日常的に使用されている。 例えば、家庭言語として、英語、フランス語に次いで最も
    多く話されているのは、約2.6%=76万人の話者を抱えている、中国語(広東語)である。
    その次に、インドやパクスタンで話されている、パンジャビ語が、約0.8%=約27万人を
    占めている。

    更に、カナダの多様化に拍車を掛けているのが、アラビア語話者の急激な増加で、
    約0.5%の14万4,000人となっている。 この他にも、近年は、アジアからの移民が
    増加しており、カナダでは、言語の多様化が進んでいる。 世界一の移民都市である
    トロントでは、地下鉄やバスに乗っていても、見渡す限り移民ばかりが乗っているため、
    通常、英語などでは喋っていない事の方が圧倒的に多いのだが、例え英語や
    フランス語で話していなくとも、お互いに理解する努力さえ惜しまなければ、世界中
    どこに行っても、誰とでも仲良くなれるため、カナダでは、積極性が非常に重要となる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ロシア語 に参加中!

    世界一の超多民族国家のロシア国内には、約180の民族と、約100の言語が存在
    するため、自分の隣の席の人が実はロシア人ではないとかの類の話は、日常茶飯事。

    imgyyy

    アメリカや欧米とは異なり、ロシアでアジアに対する偏見が非常に少ないのは、
    元々ロシア自体がアジアにもまたがっているのと、モンゴル・タタールに数百年
    にも渡って支配をされていたため、自分たちの体の中にアジアの血が混じって
    いる事を知っているため。

    極東ロシアは、ヨーロッパであって、ヨーロッパではないという場所が多々あり、
    見た目が日本人と全く同じで、ロシア語ベラベラとかも全く普通であるため、
    普通にロシア語で喋っていれば、外国人だと思われる事も全くありません。
    文盲率も実は、日本よりもロシアの方が低く、ロシア国内では、ほぼ全員が
    ロシア語ネイティブ。

    b3a48b1fe
    【ロシア国内 民族別人口ランキング 】
    出典:ニジェガローツキー・ドヴォール
    Rank民族名ロシア語表記人口比率増減率2002年人口
    全人口Все население142,856,536--1.59145,166,731
    1ロシアРусские111,016,89680.9001-4.20115,889,107
    2タタールТатары5,310,6493.8700-4.395,554,601
    3ウクライナУкраинцы1,927,9881.4050-34.492,942,961
    4バシキールБашкиры1,584,5541.1547-5.311,673,389
    5チュヴァシЧуваши1,435,8721.0463-12.291,637,094
    6チェチェンЧеченцы1,431,3601.04315.231,360,253
    7アルメニアАрмяне1,182,3880.86164.591,130,491
    8アヴァールАварцы912,0900.664711.99614,473
    9モルドヴァМордва744,2370.5423-11.75843,350
    10カザフКазахи647,7320.4720-0.95653,962
    11アゼルバイジャンАзербайджанцы603,0700.4395-3.02621,840
    12ダルギンДаргинцы589,3860.429515.53510,156
    13ウドムルトУдмурты552,2990.4025-13.28636,906
    14マリМарийцы547,6050.3991-9.38604,298
    15オセットОсетины528,5150.38512.65514,875
    16ベラルーシБелорусы521,4430.3800-35.46807,970
    17カバルダКабардинцы516,8260.3766-0.60519,958
    18クムイクКумыки503,0600.366619.09422,409
    19ヤクート(サハ)Якуты(саха)478,0850.34847.71443,852
    20レズギンЛезгины473,7220.345215.11411,535
    21ブリャートБуряты461,3890.33623.64445,175
    22イングーシИнгуши444,8330.32427.70413,016
    23ドイツНемцы394,1380.2872-34.00597,212
    24ウズベクУзбеки289,8620.2112135.82122,916
    25トゥヴァーТувинцы263,9340.19238.42243,442
    26コミКоми228,2350.1663-22.21293,406
    27カラチャイКарачаевцы218,4030.159213.64192,182
    28ジプシーЦыгане204,9580.149412.14182,766
    29タジクТаджики200,3030.146066.73120,136
    30カルムイクКалмыки183,3720.13365.39173,996
    31ラークЛакцы178,6300.130214.11156,545
    32グルジアГрузины157,8030.1150-20.27197,934
    33ユダヤЕвреи156,8010.1143-31.61229,938
    34モルダヴァМолдаване156,4000.1140-9.24172,330
    35朝鮮Корейцы153,1560.11163.10148,556
    36タバサランТабасараны146,3600.106711.06131,785
    37アドゥイゲАдыгейцы124,8350.0910-2.87128,528
    38バルカルБалкарцы112,9240.08234.15108,426
    39トルコТурки105,0580.076613.6892,415
    40ノガイНогайцы103,6600.075514.3390,666
    41キルギスКиргизы103,4220.0754225.1431,808
    42コミ=ペルミャクКоми-пермяки94,4560.0688-24.58125,235
    43ギリシャГреки85,6400.0624-12.4697,827
    44アルタイАлтайцы74,2380.054110.4167,239
    45チェルケスЧеркесы73,1840.053320.9360,517
    46ハカスХакасы72,9590.0532-3.5275,622
    47カレリアКарелы60,6150.0443-34.8593,344
    48ポーランドПоляки47,1250.0343-35.4573,001
    49ネネツНенцы44,6400.03258.0841,302
    50アバザАбазины43,3410.031614.2337,942
    51エジヂЕзиды40,5860.029629.7831,273
    52エヴェンキЭвенки38,3960.02808.0835,527
    53トゥルクメンТуркмены36,8850.026911.5933,053
    54ルトゥールРутульцы35,2400.025717.7529,929
    55アグールАгулы34,1600.024920.7228,297
    56リトアニアЛитовцы31,3770.0229-31.1445,569
    57ハンティХанты30,9430.02257.9028,678
    58中国Китайцы28,9430.0211-16.2934,577
    59ブルガリアБолгары24,0380.0175-24.8031,965
    60クルドКурды23,2320.016918.4919,607
    61エヴェンЭвены21,8300.015914.4719,071
    62フィンФинны20,2670.0148-40.4834,050
    63ラトヴィアЛатыши18,9790.0138-33.4528,520
    64エストニアЭстонцы17,8750.0130-36.4228,113
    65チュクチЧукчи15,9080.01160.8915,767
    66ベトナムВьетнамцы13,9540.0102-46.7526,206
    67ガガウスГагаузы13,6900.010012.1212,210
    68ショールШорцы12,8880.0094-7.7813,975
    69ツァフールЦахуры12,7690.009323.1810,366
    70マンシМанси12,2690.00897.3211,432
    71ナナイНанайцы12,0030.0087-1.2912,160
    72アブハズАбхазы11,2490.0082-1.0311,366
    73アッシリアАссирийцы11,0840.0061-18.7913,649
    74アラブАрабы9,5830.0070-9.8510,630
    75ナガイバクНагайбаки8,1480.0059-15.139,600
    76コリャークКоряки7,9530.0058-9.048,743
    77ドルガンДолганы7,8850.00578.597,261
    78ヴェプスВепсы5,9360.0043-27.968,240
    79アフガン(パシュトゥーン)Афганцы(Пуштуны5,3500.0039-45.419,800
    80チュルクТурки-месхетинцы4,8250.003548.143,257
    61ニヴーフНивхи4,6520.0034-9.885,162
    82ウジンУдины4,2670.003114.673,721
    83インドИндийцы4,0580.0030-18.514,980
    84シャプスーグШапсуги3,8820.002820.153,231
    85イランПерсы3,6960.0027-3.273,821
    85ウイグルУйгуры3,6960.002728.922,867
    87セリクープСелькупы3,6490.0027-14.124,249
    88ソイオトСойоты3,6080.002630.302,769
    89セルビアСербы3,5100.0026-15.544,156
    90ルーマニアРумыны3,2010.0023-39.695,308
    91イテリメンИтельмены3,1930.00230.413,180
    92モンゴルМонголы2,9860.002212.422,656
    93クマンジンКумандинцы2,8920.0021-7.133,114
    94ハンガリーВенгры2,7610.0020-26.193,768
    95ウリチУльчи2,7650.0020-5.082,913
    96テレウトТелеуты2,6430.0019-0.262,650
    97タルィシТалыши2,5290.0018-0.752,548
    98クリミア・タタールКрымские татары2,4490.0018-40.724,131
    99ベセルマンБесермяне2,2010.0016-29.503,122
    100ヘムシルХемшилы2,0470.001532.751,542
    101カムチャダールКамчадалы1,9270.0014-15.962,293
    102チェコЧехи1,8980.0014-34.642,904
    103ラップСаамы1,7710.0013-11.051,991
    104エスキモーЭскимосы1,7380.0013-0.691,750
    105ドゥンガンДунгане1,6510.0012106.12801
    106ユカギールЮкагиры1,6030.00126.231,509
    107タートТаты1,5850.0012-31.182,303
    108アメリカАмериканцы1,5720.001123.291,275
    109ウデゲУдэгейцы1,4960.0011-9.721,657
    110フランスФранцузы1,4750.001180.10619
    111カラカルパクКаракалпаки1,4660.0011-8.891,609
    112イタリアИтальянцы1,3700.001058.93862
    113ケートКеты1,2190.0009-18.411,494
    114スペインИспанцы1,1620.0008-24.891,547
    115チュヴァンЧуванцы1,0020.0007-7.821,087
    116イギリスБританцы9500.000779.58529
    117日本Японцы8880.00066.35835
    118ヌガナサンНганасаны8620.00063.36834
    119山岳ユダヤГорские евреи7620.0006-77.553,394
    119トファラールТофалары7620.0006-8.96837
    121キューバКубинцы6760.0005-4.38707
    122オロチОрочи5960.0004-13.12686
    123ネギダルНегидальцы5130.0004-9.52567
    124パキスタンПакистанцы5070.0004--
    125アレウトАлеуты4820.0004-10.74540
    126バングラデシュБангладешцы3920.0003--
    127パミールПамирцы3630.0003--
    128チュリムЧулымцы3550.0003-45.88656
    129スリランカЛанкийцы3260.0002--
    130マケドニアМакедонцы3250.0002--
    131スロヴァキアСловаки3240.0002-42.96568
    132クロアチアХорваты3040.0002--
    133ウィルタУйльта2950.0002-14.74346
    134タズТазы2740.0002-0.72276
    135イジョラИжорцы2660.0002-18.65327
    136ボスニアБоснийцы2560.0002--
    137エネツЭнцы2270.0002-4.22237
    138ルシンРусины2250.0002131.9697
    139カライムКараимы2050.0001-43.99366
    140モンテネグロЧерногорцы1610.0001--
    141クリミア・ユダヤКрымчаки900.0001-42.68157
    142グルジア・ユダヤГрузинские евреи780.000147.1753
    143ヴォチВодь640.0000-12.3373
    144中央アジア・ジプシーЦыгане среднеазиатские490.0000-89.92486
    145中央アジア・ユダヤСреднеазиатские евреи320.0000-40.7454
    146ケレキКереки40.0000-50.008
    -その他の民族Другие национальности66,9380.048855.7442,980
    -民族帰属無回答Национальность не указана5,629,429-285.381,460,751

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ