多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:外務省

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2016年12月15日と16日の両日にロシアの大統領であるウラジーミル・
    プーチン氏が来日した。 日本側では、北方領土の話が進展するのか?の
    話題で持ちきりだったが、そもそも、日本政府は、ロシアに対して、3年
    近くも経済制裁をしているため、領土問題の前に、両国の関係改善の方が
    先のはずなのだが、特に目立った大きな動きはなかった。

    北方領土での日本企業の経済活動は、事実上、日本政府が渡航自粛要請
    (国際法上はロシアの領土であるため、ロシアのビザが必須。 但し、
    日本政府は、これを嫌って渡航自粛を日本国民に要請中)をしており、今回の
    プーチン氏の来日を期に、例えロシアのビザが必要だったとしても、北方領土に
    自由に行き来出来る様になれば、経済的な交流も生まれ、将来に繋がるため、
    全くの空振りだった訳ではない。

    nomig

    逆に、今回の日本側の報道で気になったのが、日本政府が北方領土への
    渡航自粛要請を出していることを全く報道しなかったところ。 また、
    政治軍事評論家と称する自称ロシアの専門家たちは、実際はロシア語を
    ほとんど理解出来ないため、終始アメリカの記事を追随するような否定的な
    記事ばかりを書いていたところもかなり気になった。

    北方領土に日本資本がこれまで全く入らなかった理由は、日本政府が意図的に
    禁止していたためであり、ドイツと韓国資本はとうの昔に参入しているため、
    日本ももたもたしていると、参入の機会すら逃すこととなる。

    AS2016121

    日本には、まともなレベルでロシア語を離せる人材がほとんど居ないが、
    ロシア側には日本が喋れる人間も居るので、通訳はロシア側から調達した方が
    無難。 日本とロシアとでは、外国語の教育レベルが違い過ぎる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    第二次世界大戦におけるソ連の勝利は、社会主義圏を東欧とアジアにおいて
    拡大し、ソ連は、世界を二分する一方の盟主として、アメリカと並ぶ超大国に
    のし上がった。 モスクワの権威は、途方もなく上昇した。 このような
    ソ連の国家的な権威の高まりを顕示するために、スターリンは、1947年1月、
    モスクワ建都800年を記念して、モスクワに8つの高層ビルを建設することを
    決定した。

    2010Russia326

    モスクワ大学本館、ホテル・ウクライナ、外務省の3つが重要で、後の4つは
    住宅と小ホテルであった。 モスクワ大学本館は、モスクワの周辺部の雀ヶ丘に
    建てられることが決定され、1949年から工事が始まり、1953年に完成した。
    高さは240メートル、36階建てである。 ホテル・ウクライナは、モスクワ川の
    ほとり、クトゥーゾフ大通りの脇に建てられた。

    1953年に着工し、1957年に完成した。 こちらは、モスクワ大学本館よりも少し
    低く、34階建てである。 第3の建造物は、外務省で、スモレンスカヤ広場に
    あるが、建てられたのはスターリン様式の建造物の中では、最も早く、1948年に
    工事が始まり、1953年に完成した。  高さは、172メートル、27階建てである。

    65190

    残りの4つの建物は、規模が大幅に劣るものとなり、8番目の建物は、スターリンの
    生前に着工されなかったため、彼の死後、計画が中止された。 7つの建物は、
    正に、スターリン時代を代表するような建築で、上へ上へと伸びる権力中枢を
    皆に振り仰がせるような権力主義的な建造物であった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ