多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:報告書

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    世界幸福度ランキングとは、各国の幸福度を指標化した幸福度報告書で、
    経済学者らが国民1人あたりの実質GDP(国内総生産)、健康寿命、社会的
    支援、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、寛容度を変数として幸福度を
    割り出したものとなっている。

    2016年度は、デンマークがトップで、その後に僅差でスイス、アイスランド、
    ノルウェー、フィンランドと続いている。 2012年に開始されたこの調査で、
    デンマークは2013年と2014年の総合1位だったが、昨年のランキングでは
    3位に下がっていた。 

    6~10位はカナダ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデン。
    経済大国の中では、米国が13位、ドイツが16位、英国は23位、フランスは32位
    だった(アジアトップはシンガポールの22位。 以下、タイ33位、台湾34位、
    マレーシア47位、日本53位、韓国57位、中国83位。 尚、日本は2015年の
    調査では43位で、順位を10も下げた。 

    20160410124458305

    【2016年 世界幸福度リポート】
    順位/国名

    1位 デンマーク
    2位 スイス
    3位 アイスランド
    4位 ノルウェー
    5位 フィンランド
    6位 カナダ
    7位 オランダ
    8位 ニュージーランド
    9位 オーストラリア
    10位 スウェーデン 
     :
    13位 アメリカ
     :
    16位 ドイツ
     : 
    23位 イギリス
     :
    32位 フランス 
    33位 タイ
    34位 台湾
     :
    47位 マレーシア
     : 
    53位 日本
     :
    57位 韓国
     :
    83位 中国
     :
    157位 ブルンジ(最下位) 

    Untitled4
    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ユニセフ(国連児童基金)が、『子供の貧困』についての報告書をまとめ、
    2016年4月14日に発表したところによると、日本が現在抱えている貧困の
    実態が明るみに出た。

    最貧困層の子供は、標準的な子供と比べて、どれぐらい厳しい状況にあるのか
    という格差を分析したところ、日本は先進41カ国の中で34位となり、下から
    8番目という結果
    になった。 日本の子供の貧困格差は、アメリカや韓国よりも
    大きいことが明らかになった。

    o-UNICEF-570

    子供のいる世帯の所得分布(推計値)をもとに、下から10%目の最貧困層と
    真ん中の標準的な子供との所得格差が大きいほど、貧困の深刻度が高いとして、
    格差の小さい順に、欧州連合(EU)、または、経済協力開発機構(OECD)に加盟
    する先進41カ国を順位付けした。

    報告書によると、格差が最も小さかったのは、ノルウェーで、アイスランド、
    フィンランドと続いた。 上位の北欧諸国では、最貧困層の子供の所得は、
    標準的な子供の6割程だった。 日本では、最貧困層の子供は、標準的な子供の
    4割に満たない。 

    専門家の分析によると、貧困格差は1985年から2012年に掛けて拡大しており、
    真ん中の所得が約177万円から211万円に上がったのに対して、最貧困層の所得は
    90万円から84万円に下がった。

    この報告書では、所得、教育、健康、生活満足度から分析している。 日本では
    所得格差が拡大しており、子供の貧困も、その格差がより深刻度を増している
    ことが、国際的な報告書でも明らかになった。

    子供の貧困は、親の貧困を意味しており、数年単位で仕事を探したところで、全く
    見つからないため、社会問題となっているのだが、政府は、好景気を謳っている
    ため、貧困に関しては、一切言及していない。

    実際、景気が良いのは、極々一握りの人間ばかりで、年々利益の分配方法が
    おかしくなって来ているため、富める者はより金持ちに、そうではない者は、
    増々貧困になって来ている。

    このような貧困問題を解決するためには、政府の介入が不可欠なのだが、現在の
    自民党政権では、そのような事は一切期待出来ない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ