1991年8月、共産党強硬派は、ゴルバチョフ大統領の改革路線に反対して
クーデターを起こした。 新たに選出されたロシア共和国大統領ボリス・
エリツィンは、クーデターに対抗して、モスクワの最高会議会館に立てこもった。
モスクワ市民は、エリツィン支持を叫んで集結し、3日のうちにクーデターは
失敗に終わった。

1991年末にソ連は崩壊して、エリツィンを指導者とするロシア連邦が生まれた。
1993年10月、エリツィンは、彼の改革に激しく反対する強硬派の議会を解散した。
今度は、共産主義者と民主主義者が最高会議会館を占拠し、エリツィンは、これに
対して、実力を行使し。 約150人の死者が出た結果、強硬派は敗北した。

11004041

それ以後、ロシアは、市場経済に向かって突き進み、犯罪と汚職が横行するなど、
様々な問題を抱えながらロシアは変貌を遂げ、人々の生活は良くも悪くも変わり
つつある。

1992年、ロシアは、国有経済から自由市場経済への急転換を目指した。 最初は
混乱と物価の高騰が起こり、通貨のルーブルの価値は急落した。 その後、一旦は
持ち直したが、2000年代に入るまで、ロシア経済は混乱の真っ只中に居た。

新しいビジネスが始まり、建物が修復されて、ロシアの都市は、その様相を急速に
変えた。 ソ連時代に破壊されたクレムリン宮殿の壮大な階段、赤の広場の
復活の門、救世主キリスト教会などの重要な歴史的な建物も元通りに再建された。

19205088

【ミハイル・ゴルバチョフ】

1985年、新しいソ連の指導者ミハイル・ゴルバチョフは、改革
(ペレストロイカ)、開放(グラスノスチ)の政策を慎重に取り入れた。
ゴルバチョフは、改革に反対する共産主義者と一層の民主主義を求める急進
主義者の両方から攻撃を受け、1991年8月のクーデターから4ヶ月後に退任した。
しかし、新しいロシアを生み出したのは、ペレストロイカであったことに
間違いはない。

caebca1c

【ボリス・エリツィン】

建設技術者であったボリス・エリツィンは、1960年代にウラル地方の
スヴェルドロフスクの党第一書記、1980年代には、ゴルバチョフの元でモスクワの
共産党書記長となった。 1987年には、ゴルバチョフによって解任されるが、
その4年後、ソ連最大のロシア共和国の大統領となった。 エリツィンは、ロシア
史上最初の国民によって選ばれた指導者である。 1996年6月に行われた民主的な
選挙では、隊長は十分ではなかったにも関わらず、再度大統領に再選された。

1991年8月のクーデターから、12月31日までの4ヶ月は、ロシア史上でも最も混乱に
満ちた時期だった。 その間に、共産党は解体され、ソ連邦を構成していた共和国は
分解して、ゆるい関係の独立国家共同体(CIS)を作り、ソ連邦の最後の指導者
であるゴルバチョフが辞任した。 ソ連の赤い国旗がクレムリンから降ろされ、
そこに新しいロシアの国旗が掲げられた。 民主的なロシア連邦誕生の瞬間である。

それまでのソ連邦を構成していた他の14共和国が分離独立しても、ロシアは、世界
最大の国であり、潜在的な資源も極めて豊富に存在している。 ソ連邦の15共和国の
うち、バルト3国を除く12共和国がCISへ加盟し、その後、グルジアとウクライナが
脱退した。 トゥルクメニスタンは、当初から非公式な加盟国であったため、現在の
CISの正式な加盟国は、9カ国となっている。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村