多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:国境なき記者団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は2018年4月25日、2018年の
    「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち、
    日本は67位だった。 前年の72位からやや改善したが、「慣習や経済的利害
    による束縛」「フリーや外国人記者の活動制限」などの問題点が重ねて指摘され、
    主要国7カ国(G7)は最下位だった。 前年43位だった米国は45位だった。
    去年と同様、報道の自由度が最も高いとされたのは北欧のノルウェーで、
    最下位は今年も北朝鮮だった。

    【主な順位】
    1位  ノルウェー
    15位 ドイツ
    33位 フランス
    40位 イギリス
    43位 韓国(前年63位)
    45位 アメリカ
    67位 日本(前年72位)

    去年から今年にかけてヨーロッパのマルタやスロバキアで、調査報道に取り
    組んでいたジャーナリストが相次いで暗殺されたことから、マルタは前の年から
    18位下げて65位、スロバキアも10位下げて27位となり、報告書は
    「ジャーナリストにとって伝統的に安全とされてきたヨーロッパでも環境が
    悪化している」と危機感を示している。 また、アメリカについては、
    トランプ大統領が「フェイクニュース」という言葉を頻繁に使い、
    ジャーナリズムを敵視しているとして、前回より2位下げて45位となった。

    DbnqYg4XkAAP1eK

    一方、日本は前回の72位より5位上げて67位となったが、特定秘密保護法を
    めぐる議論がいまだ十分なされていないことなどを理由に、去年と同様、
    G7=主要7か国の中では最下位に留まった。 クリストフ・ドロワール
    事務局長は、分析した180の国と地域のうち日本が67位に留まっていること
    について「日本では長年存在する『記者クラブ』制度によって外国人記者は
    除外され、とりわけ経済に関する多くの情報が入手できない状況にある」
    と述べ、外国人ジャーナリストの取材活動が制限されていると指摘した。

    日本は、アジアでも既に香港、台湾、韓国などよりも下位に位置しており、
    日本は2010年の11位から順位の低下が続く。 安倍政権への辛口キャスターらの
    降板なども踏まえ、『メディア内に自己規制が増えている』『政権側が
    メディア敵視を隠そうとしなくなっている』などと問題視。 特定秘密保護法
    については、国連の特別報告者から疑問が呈されたにも関わらず
    『政権は議論を拒み続けている』とした。

    韓国メディアの自由指数は43位へと、昨年63位から20ランクも急上昇した
    ことが分かった。 韓国は同じアジアの国である日本(67位)や中国
    (176位)はもちろん、代表的な民主主義国家に分類される米国(45位)
    よりも順位が高かった。 韓国は昨年、報道環境が「問題あり」だったが、
    ランク上昇によって今年は「良い」になった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2017年4月26日、国際NGOの国境なき記者団(本部パリ)が『報道の自由度
    ランキング』を発表した。 調査対象の180カ国・地域のうち、日本は昨年と同じ
    72位だったが、52位のイタリアに抜かれて主要国7カ国(G7)で最下位と
    なったが、日本は、アジアでも既に香港、台湾、韓国などよりも下位に位置
    している。

    BORDERS570

    ランキングは各地で働く記者や専門家へのアンケートをもとに作成。 北欧諸国が
    上位で、中東シリアや北朝鮮が下位に並ぶ傾向は変わっていないが、世界各地で
    『民主主義が後退し、ジャーナリズムの力が弱まっている』と警告している。

    日本は2010年の11位から順位の低下が続く。 安倍政権への辛口キャスターらの
    降板なども踏まえ、『メディア内に自己規制が増えている』『政権側がメディア
    敵視を隠そうとしなくなっている』などと問題視。 特定秘密保護法については、
    国連の特別報告者から疑問が呈されたにも関わらず『政権は議論を拒み続けている』
    とした。

    17ghfet81

    43位だった米国については『トランプ大統領がメディアを民衆の敵だと位置付け、
    いくつかのメディアのホワイトハウスへのアクセス制限を試みた』と警戒感を示した。
     
    (カッコ内は前年との比較)
    1 ノルウェー(3)
    2 スウェーデン(8)
    3 フィンランド(1)
    4 デンマーク(4)
    5 オランダ(2)
    16 ドイツ(16)
    22 カナダ(18)
    39 フランス(45)
    40 英国(38)
    43 米国(41)
    52 イタリア(77)
    72 日本(72)
    148 ロシア(148)
    176 中国(176)
    177 シリア(177)
    178 トルクメニスタン(178)
    179 エリトリア(180)
    180 北朝鮮(179) 

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    国際NGO『国境なき記者団』(本部・パリ)は2016年4月20日、2016年度の
    『報道の自由度ランキング』を発表した。

    日本は、対象の180カ国・地域のうち、前年より順位が11下がって72位だった。
    特定秘密保護法の施行から1年余りを経て、『多くのメディアが自主規制し、
    独立性を欠いている』と指摘した。 世界的にも報道の自由は損なわれつつ
    あるという。

    日本の『報道の自由』が後退しているとの指摘が海外から相次いでいる。
    国連の専門家や海外メディアからも懸念の声が出ている。

    150992

    日本は2010年には11位だったが、年々順位を下げ、2014年は59位、2015年は
    61位だった。 今年の報告書では、『東洋の民主主義が後退している』とした
    上で、日本に言及した。

    特定秘密保護法について、『定義があいまいな『国家機密』が、厳しい法律で
    守られている』とし、記者が処罰の対象になりかねないという恐れが、『メディアを
    麻痺させている』(アジア太平洋地区担当のベンジャマン・イスマイール氏)と
    指摘した。

    その結果、調査報道に二の足を踏むことや、記事の一部削除や掲載、放映を
    見合わせる自主規制に『多くのメディアが陥っている』と報告書は断じた。

    『とりわけ(安倍晋三)首相に対して』自主規制が働いているとした。

    original45

    日本の報道を巡っては、『表現の自由』に関する国連特別報告者のデービッド・
    ケイ氏(米カリフォルニア大アーバイン校教授)が調査のため来日。 4月19日の
    記者会見で『報道の独立性が重大な脅威に直面している』と指摘した。

    海外メディアも、米ワシントン・ポスト紙が先月の『悪いニュースを抑え込む』と
    題した社説で、政府のメディアへの圧力に懸念を表明。 英誌エコノミストも
    『報道番組から政権批判が消される』と題した記事で、日本のニュース番組の
    キャスターが相次いで交代したことを紹介した。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    今話題のニュース に参加中!

    国境なき記者団が毎年発表する『世界報道自由度ランキング』で、2015年度の日本の
    順位は、61位まで下げ、過去ワースト記録を更新した。 昨年度は、59位、一昨年度は、
    53位と、着実にその順位が落ちているのが分かる。

    7f5c8707cf9d2343d


    日本のランキングは2002年から2008年までの間、20位代から50位代までの間で推移して
    来たが、民主党政権が誕生した2009年から17位、11位とランキングを上げた。 2008年
    までの間は、欧米の先進諸国、アメリカやイギリス、フランス、ドイツと変わらない中堅層や
    上位を保っていたが、民主党政権誕生以降、政権交代の実現という社会的状況の変化や、
    政府による記者会見の一部オープン化もあり、2010年には最高の11位を獲得している。

    しかしながら、2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の発生の後、2012年の
    ランキングでは、22位に下落、2013年には53位、2014年には59位を記録した。 そして、
    今年2015年には、ついに過去最低の61位までランキングを下げる結果となった。
    自由度を5段階に分けた3段階目の『顕著な問題』レベルに転落した状況である。
     
    152202

    日本では、名目上、言論・報道の自由が保障されているはずであるが、日本が
    ランキングの順位を大幅に落とすのは、今回が初めてではなく、第一次安倍政権の
    際にも、大きく順位を落としているのが分かる。

    ランキングを見ると、まともに聞いたことすらない国々が、日本よりも上位にランキング
    されているが、この事実は、日本が、世界でもまともではない部類の国に入っている事を
    示している。 このような事実を世界から突き付けられても、日本のマスコミは、反省
    どころか、政府と結託して、ウソ・間違いだらけの報道を日々繰り返しているため、
    当然の結果と言えるのかも知れない。

    政治の腐敗は、国民が監視し続けなければならないのだが、今の日本では、そのような
    システムが全く機能しておらず、政治家のやりたい放題となっているため、このような
    結果となっている。

    ADE383B3E382B04

    日本がそのランキングを大きく落としたのは、2011年に発生した東日本大震災と
    福島第一原発事故の後で、2012年のランキングでは22位、2013年には53位、
    2014年には59位を記録した。 今年2015年には、ついに過去最低の61位まで
    ランキングを下げる結果となったが、自由度を5段階に分けた3段階目の『顕著な問題』
    レベルに転落した状況となっている。

    この他にも、国境なき記者団は、2013年度に施行された、秘密保護法と、福島第一
    原発事故に関する電力会社や『原子力ムラ』によって形成されたメディア体制の
    閉鎖性と、記者クラブによるフリーランス記者や外国メディアの排除の構造などを
    指摘している。

    来年度の日本の順位は、70位代にまで転落しているのだろうか。

    >>2014年度報道の自由度ランキング
    0517375d2
    61405173562d

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    国際NGO『国境なき記者団』が2月12日に発表した『2015年報道の自由度ランキング』。
    日本は去年から順位を2つ下げ、過去最悪の61位。 主要先進国ではブッチギリの
    最低クラスを更新。 言論・報道の自由が保障されている「はず」の日本に対して、なぜ
    そのような評価がなされるのか。

    2015年度のランキング

    1位 フィンランド
    2位 ノルウェー
    3位 デンマーク
    4位 オランダ
    5位 スウェーデン
    6位 ニュージーランド
    7位 オーストリア
    8位 カナダ
    9位 ジャマイカ
    10位 エストニア
    11位 アイルランド
    12位 ドイツ

    2015年度報道の自由度ランキング

    以下 The Page より、引用

    日本のランキングは2002年から2008年までの間、20位代から50位代まで時代により
    推移してきたが、民主党政権が誕生した2009年から17位、11位とランキングを上げた。
    2008年までの間は、欧米の先進諸国、アメリカやイギリス、フランス、ドイツと変わらない
    中堅層やや上位を保っていたが、民主党政権誕生以降、政権交代の実現という社会的
    状況の変化や、政府による記者会見の一部オープン化もあり、2010年には最高の
    11位を獲得している。

    しかしながら、2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の発生の後、2012年の
    ランキングでは22位に下落、2013年には53位、2014年には59位を記録した。 そして、
    今年2015年には、ついに過去最低の61位までランキングを下げる結果となった。
    自由度を5段階に分けた3段階目の『顕著な問題』レベルに転落した状況である。
     
    wpid-juj0uEQ

    世界報道自由度ランキングのレポートでは、日本の順位が下がった理由を解説している。
    ひとつは東日本大震災によって発生した福島第一原発事故に対する報道の問題である。
    例えば、福島第一原発事故に関する電力会社や『原子力ムラ』によって形成されたメディア
    体制の閉鎖性と、記者クラブによるフリーランス記者や外国メディアの排除の構造などが
    指摘されている。

    戦争やテロリズムの問題と同様に、大震災や原発事故などの危機が発生した時にも、
    その情報源が政府に集中することにより、『発表ジャーナリズム』という問題が発生する。
    政府が記者会見で発表した情報をそのまま鵜呑みにして報道する姿勢である。 また、
    同様に戦場や被災地など危険な地域に自社の記者を派遣しないで、フリー・ジャーナリスト
    に依存する『コンプライアンス・ジャーナリズム』の問題も重要である。 メディアとしての
    企業コンプライアンスによって、危険な地域に自社の社員を派遣できないという状況から、
    危険な地域に入るのはフリー・ジャーナリストばかりになるという構造的問題である。

    このような日本のメディアの状況下で一昨年に成立した特定秘密保護法の成立が日本の
    順位下落に拍車をかけた形である。特定秘密保護法の成立により、戦争やテロリズムに
    関する特定秘密の存在が自由な報道の妨げになるという評価である。日本が置かれる
    国際状況や、日本国内の政治状況が大きく変化している現在こそ、日本のメディア、
    ジャーナリズムに自浄作用と改革が求められている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ