ロシアは、世界最大の国土面積を持つ一方で、人口密度は非常に低い。
ソ連崩壊後は、大幅な人口減少が続いていたが、近年は、横ばい状態が続いて
いる。  2013年の人口は、約1億4,350万人 となっており、世界第9位と
なっている。

隣国ウクライナの人口密度は、1平方キロメートルあたり、536人、アメリカが
199人であるのに対して、ロシアの人口密度は、わずか57人となっている。
その一方で、ロシアには、1000を超える都市があり、人口100万人以上の都市が
少なくとも12ある。 ロシアの人口は、川や湖の周辺に集中しており、約73%が
ウラル山脈以西の都市を中心とする都市部で暮らしている。

a880d5d4c930

ロシア連邦は、多くの共和国からなる連邦国家であり、それぞれの共和国に
約180の民族が暮らしている。 最大の民族は、ロシア人であり、ソ連時代は、
ロシア人の比率は、50%強を占めるに過ぎなかったが、ソ連崩壊後は、周辺諸国の
相次ぐ独立とロシア人への差別等により、本国への移住を余儀なくされたため、
現在では、約80%程度をロシア人が占めている。

その他の主な民族としては、タタール人、ウクライナ人、バシキール人、
イングーシ人 、チュバシ人、ブルガリア人、ラップランド人、コサック人等が
居る。 多数の民族が暮らすロシアには、様々な言語、宗教、文化がある。
しかし、タタール人の大半は、イスラム教徒であり、トルコ語とつながりのある
言語を話す。 ロマ(ジプシー)のように、伝統的な習慣や文化をロシア人の
宗教や社会と融合させている民族も多い。

ロマ等、多くの少数民族が、過去に厳しい抑圧と差別を受けた経験を持っている。
土地や各種の権利や、しばしば自由さえも奪われた。 21世紀を迎えても、
尚差別に苦しむ民族があるが、少数民族の多くは、民族の歴史に新たな誇りを
見出している。 少数民族の代表組織も結成された。

russian

【言語】
ロシア語の筆記には、キリル文字が用いられるが、キリル文字が普及する前までは、
伝道者のキュリロスと兄のメトディオスが9世紀に考案したグラゴール文字が使用
されていた。 グラゴール文字に代わって、10世紀にスラブ語圏に広まったのが、
キリル文字である。 現在でもキリル文字の変形がロシア、ウクライナ、
ブルガリア、その他、東方正教会の近隣諸国でも使われている。

ロシア連邦には、様々な民族が暮らしているため、100位上の言語や方言がある。
連邦の公用語は、ロシア語であり、全ての学校でロシア語教育が実施されている。
この他に、共和国や地域によっては、地元の言語を教えている学校もある。

nebo1331

【教育】
ソ連時代の暮らしは、厳しかったが、学校教育は充実していた。 その結果、
ロシアの識字率は、男性が100%、女性が99%という非常に高い数字が報告
されている。 義務教育は、9年間で、小学校は、7歳から始まり、10歳で
中学校に進む。 公的教育の大部分は無料だが、1990年代に入り、一部の公立
大学で財政難のために学費の徴収が始まった。 高等教育期間に在籍する学生
には、教育費の補助として、政府から少額の給付金が支給される。 ソ連の
崩壊後は、私立学校の設立が相次ぎ、1998年までに約600の学校と250の高等
教育機関が誕生した。 ソ連が崩壊したことによって、教育内容も大きく変化した。
特定の政治理論に則った教育を行う必要性がなくなり、学生達は、ソ連時よりも
客観的に自国と世界の歴史を学べるようになった。 かつて、反体制的である
として禁止されていた本も、今では自由に使用出来るようになった。

 【生活】
ロシア人男性の平均寿命は、1990円には65歳であったが、2002年には、59歳に
低下した。 2002年の女性の平均寿命は、72歳となっている。 薬物の乱用、
飲酒、ストレス、事故、慢性病等、健康を害する要因が全て増えているのが、
平均余命の低下に関係すると考えられている。 これらの要因を悪化させるのが
貧困である。

ロシア国民の約3分の1が貧困線ギリギリ、あるいは、それ以下の状態で暮らして
いるとされている。 それ以上の生活をしている人達も、多くが生活に苦しんで
いる。 近年になって、モスクワでは、近代化が進んだが、その他、地方都市
との格差が広がっている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村