スイスの作家ヨハンナ・シュピリ原作の『ハイジ』を実写版で忠実に再現。
日本では『アルプスの少女ハイジ』以来、約40年振りとなる。 『ハイジ』が
書かれたのは1880年で、今から約135年も前の話で、今も変わらぬ人を
思い遣る心は、子供に読ませたい古典童話ナンバーワンとなっている。

 

【ストーリー】
アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父や、麓に住む
ヤギ飼いのペーターと楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日突然、
大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れて
行かれることになります。 足が悪く車いす生活を送っていたクララは、
明るく素直なハイジに励まされ、元気を取り戻して行きます。

やがてハイジとクララは固い友情で結ばれますが、ハイジは日に日に山へ
帰りたいという想いが強くなって行くのでした。 そんな時、お屋敷では
幽霊騒動が持ち上がります。 夢遊病と診断されたハイジは、山へと帰って
行きますが、その後、ハイジを追って、クララも山へやって来ます。
アルプスの山々や雄大な自然に囲まれて、次第に元気を取り戻すクララは、
遂に立つことが出来るようになります。

【アルムおんじの暗い過去】


原作にしか書かれていないアルムおんじの暗い過去とは、殺人だった。。
広大な土地を持つ裕福な家に生まれたアルムおんじは、若い頃から気性が
荒く、飲んだくれた挙句の果てに、賭け事で身を滅ぼしてしまう。 全ての
土地と家を取り上げられて、おんじの両親は、悲しみの余り、相次いで
亡くなります。 泣く泣く故郷を離れる事となったおんじは、ナポリで
外国人の傭兵に就きます。 そこで些細な事が切っ掛けとなり、人を
殴り殺してしまいます。 そのまま軍隊を逃げ出し、人知れず身を隠して
15年ほど生活をし、ようやく結婚もしたところ、すぐに奥さんを亡くして
しまいます。 ハイジの父親である息子も事故で亡くしてしまい、
その後、その事故が原因で、ハイジの母親のアーデルハイドもすっかりと
体調を崩してしまい、やがて亡くなってしまいます。 こうして、
アルムおんじは、人里離れて山奥で1人暮らす事となったのです。 

【マイエンフェルト】

実際にスイスにあるハイジの山小屋は、この映画とは似てはおらず、日本の
アニメと全く同じなのだが、丸太をくり抜いた窓は、今では、サッシに
なっているものの、それ以外は、アニメそのまま。 ハイジの山小屋は、
スイスのマイエンフェルトに実際にあります。

【お勧めの一品】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村