多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:北京

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    海南航空で北京からアルマアタへと向かいます。 北京ーアルマアタの
    フライト時間は、約5時間半で、3時間の時差があります。

    カザフスタンのアルマアタは、現在は遷都され、カザフ語のアルマトイへと
    改名されましたが、ロシア語では、今でもアルマアタと呼ばれています。
    アルマアタの意味は「りんごの父親」で、要約すると、「りんごの里」と言う
    意味になります。

    IMG_3993

    IMG_3995

    【アルマアタ】
    IMG_3994
    IMG_4004
    IMG_4005
    IMG_4006
    IMG_4007
    IMG_4009
    IMG_4011
    IMG_4013
    IMG_4014

    カザフスタン共和国は、旧ソ連邦加盟国で、独立国家共同体にも加盟しており、
    ロシアとは、最も友好的な同盟国として、様々な経済協力や関税協定を結んで
    います。 中央アジア諸国は、2018度から、タジキスタンとトゥルクメニスタンを
    除き、ビザが免除となりました。 独立国家共同体内でも、ベラルーシと
    並んで、最もロシア寄りの国であるため、カザフ人の人口の約60%強がロシア語
    ネイティブです。 ロシア語しか喋れない、ロシア語も喋れる、カザフ語でも
    喋れる、カザフ語しか喋れないの合計4パターンがおりますが、ロシア語理解率は
    100%であるため、カザフでは、ロシア語で話し掛けて何ら問題はありません。

    IMG_3996

    IMG_4000

    尚、この日は、アルマアタ空港に到着したのが午後11時半過ぎで、そのまま宿の方に
    向かったところ、既に施設自体が閉まっていたため、急遽、Booking.comで他の
    施設を予約しました。 アルマアタ中心部にあるこのホステルは24時間営業で、
    1泊600円程度でした。 受付のおねえさんはロシア語ネイティブだったので、
    最後に、記念撮影をお願いしますと言われたため、とりあえず、写真に
    おさまりましたw

    【アルマアタ】
    IMG_4016
    IMG_4017
    IMG_4018
    IMG_4019
    IMG_4020
    IMG_4021
    IMG_4023
    IMG_4037
    IMG_4039

    アルマアタでホステルに到着したのは午前0時30分過ぎであったものの、日本とは
    4時間の時差があるため、現地時間午前6時にはもう目が覚めました。 よって、
    早朝からデニス・テン選手の殺害現場へと向かいます。 元々、予約を入れていた
    ホステルの方が、その現場には近かったものの、到着時に既に夜中であったため、
    閉鎖されており、約1.5km離れた別の施設に泊まりました。 よって、その施設に
    泊まっていなければ、これらの景色は見れなかった事になります。

    ソ連からの独立後は、路上の表示も、カザフ語にみになった場所が多く、パッと見
    では、何を書いてあるのかが分かりません。。 ロシア語も併記してくれないと、
    ロシア語しか分からない人も多いため、困ると思います。。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    トルキスタン
    中央アジアは、元々は1つの国であり、「トルキスタン」と呼ばれていました。
    その後、「西トルキスタン」は、ロシア帝国へと組み入れられ、現在の
    カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、トゥルクメニ
    スタンとなり、一方の「東トルキスタン」は、中国の一部となり、
    新疆ウイグル自治区となりました。

    中国南方航空
    IMG_3965

    IMG_3967

    今回は、フライトキャンセルをされる直前まで、往復共に、東トルキスタンの
    州都であるウルムチを経由する予定でした。 ウルムチには、26年前にも
    行こうとして、ロシア側のビザが下りず、結局行けなかったため、今回は、
    どうしてもウルムチに行きかったものの、ギリギリになって、往復とも
    フライトキャンセルにされてしまったため、仕方なく北京経由となりました。

    【セルギエフ・ポサード】
    IMG_3960
    IMG_3962
    IMG_3968
    IMG_3969
    IMG_3970
    IMG_3971
    IMG_3974
    IMG_3976
    IMG_3983

    IMG_3961

    まずは、中国南方航空で成田から武漢へと飛びます。 そこから、北京経由で
    カザフスタンのアルマアタに抜けます。 成田から武漢までは、約3時間半の
    フライト。 途中1回の機内食が出てきました。 武漢国際機場は、新しい
    ターミナルで、成田空港よりも遥かに近代的。  武漢国際機場から車で5分
    程度のホテルに1泊し、翌日お昼の飛行機で北京へと移動します。

    IMG_3975

    翌朝は、空港内にあるラーメン屋で軽く朝食を取った後、そのまま北京へと
    向かいました。 武漢から北京までは、約2時間半のフライト。 北京では、
    約4時間弱の乗り換え時間があっため、とりあえず、街に出る事にしました。
    と言っても、天安門広場に行って、帰って来るのがやっとであったため、かなり
    大急ぎでの北京観光となりました。

    IMG_3990

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    中国は23の省、5の自治区、4つの直轄市、2つの特別行政区に分かれている。
    直轄市は4大都市の北京市、上海市、天津市、重慶市である。 ふたつの特別
    行政区、香港とマカオは、防衛と外交政策を除いて自治を認められている。

    香港は1840年代からイギリスの植民地となっていたが、1997年、中国に返還
    された。 独自の政府と通貨を持つ香港の、ほぼ独立した状態は2047年までか、
    あるいは、それ以降も続くであろう。 1887年から1999年までポルトガルの
    植民地だったマカオも同じような立場にある。

    china-ap01

    【政府の組織】
    中国は、極めて強力で中央集権的な政府によって支配されている。 他の政党も
    存在しているが、政府の実権は中国共産党が握っている。 上級役人の殆んどは、
    選挙ではなく、任命によって決まり、高い地位は殆んど全て中国共産党の党員が
    占めている。 党の総書記はそのまま国家主席となり、最高人民代表大会によって
    任命される。

    【少数民族】
    殆んどの中国人たちは漢民族の出身だが、中国にある5つの自治区、つまり、
    内蒙古、広西壮族、寧夏回族、チベット族、新疆ウイグルには、ウイグル族や
    チベット族など、人口の多い少数民族が暮らしている。 これらの地域は、
    ある程度の自治を行う権利を受けていることに変わりはない。

    少数民族と政府はとの関係は、必ずしも上手く行っているとは限らない。
    1950年にチベットは独立を失った。 チベットの宗教的指導者ダライ・ラマは
    インドに逃れた。 チベット民族の多くが民族の主権を取り戻したいと願って
    いる。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ