多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:動詞の活用

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    多言語学習法 に参加中!

    語尾が -n で終わる動詞の活用

    gaan(行く)、staan(立つ)、slaan(打つ)、doen(する)、zien(見る)の5つの動詞は、
    -en ではなく、-n で終わる動詞で、-en で終わる動詞とは、異なる活用変化をします。

    【gaan】(行く)
    ikgawijgaan
    jij   

    u 
    gaa
    ullie 

    u
    gaan

    gaat 
    hij
    zij
    het 
    gaatzijgaan

    【doen】(する)

    ikdoewijdoen
    jij※ 

    u 
    doetullie 

     u
    doen

    doet 
    hij
    zij
    het 
    doetzijdoen
    ※2人称単数の活用形が jij の前に来る時は、動詞の活用語尾 -t が脱落
    する事に注意。
    doe jij ~?

    【zien】(見る)
    ikziewijzie
    jij 

    u 
    ziet   
    ullie  
    u
    zien

    ziet 
    hij
    zij
    het  
    zietzijzien

    doen と zien の場合、不定形の語尾から -n を落とした形が語幹となります。
    2人称単数形、3人称単数形は、この語尾に単純に -t を付けるだけ。 gaan は、
    不定形から、語尾 -n を落とすと、gaa となり、開音節の場合のスペリングの法則に
    従って、母音を a ひとつ脱落させた形の ga が語幹となる。 2人称単数、3人称
    単数形では、語幹 ga に語尾 -t を加える事により、閉音節に戻るため、長母音を
    保つために、母音 a をもうひとつ付け加え、gaat とする。 staan、slaan も同様の
    変化をする。



    【komen】(来る)
    ikkomwijkomen
    jij 

    u 
    kom
    ullie 

     u
    komen

    komt 
    hij
    zij
    het 
    komtzijkomen
    ※単数形は、短母音、複数形は、長母音となるため、単数形と複数形で、母音の
    長さに注意。

    【lezen】(読む)
    ikleeswijlezen  
    jij 

    u 
    lees
    ullie 

     u
    lezen

    leest 
    hij
    zij
    het 
    leestzijlezen

    【schrijven】(書く)
    ikschrijfwijschrijven
    jij 

    u 
    schrijft
    ullie 

     u
    schrijven

    schrijft 
    hij
    zij
    het 
    schrijftzijschrijven

    語幹が、 -z または、-v で終わる動詞は、単数形の時、スペリング規則によって、
    z が、s に、v が、f に、それぞれ変化します。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    多言語学習法 に参加中!

    オランダ語の動詞の多くは、-en で終わります。 この-en を除いた部分を動詞の
    語幹と言い、1人称のik は、語幹だけ、2人称、3人称単数には、語幹+t 、複数は、
    全て原型を使います。 これが、オランダ語の動詞の基本的な活用です。



    【zoeken(ズーケ(ン))】 探す
    ik(イク) zoek wij(ウェイ) zoeken
    jij(イェイ) 

     u(ユー) 
    zoekt 

    zoekt 
    ullie(ユリ) 

    u(ユー)
    zoeken 

    zoekt  
    hij(ヘイ) zoekt zij(ゼイ) zoeken

    【平常文の語順】
    平常文は、主語+動詞+その他の語となるのが普通。 動詞は必ず2番めに来ます。

    Ik ben student. 私は学生です。
    Hij zoekt het boek. 彼は、その本を探しています。

    【疑問文の作り方】
    U bent student. →  Bent u student? あなたは学生ですか?
    Hij zoekt het boek. Zoekt hij het boek? 彼は、その本を探しているのですか?

    ※Jij が主語の時には、活用語尾の -t は付きません。
    Jij bent student. → Ben jij student? 君は学生ですか?
    Jij zoek het boek. → Zoek jij het boek? 君は、この本を探しているの?

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ