多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:動詞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    プロのロシア語通訳者が伝授する、サバイバル・ロシア語会話。 ロシアで
    生活する上で、これだけは言いたいが、辞書にもなかなか載っていないし。。。
    こんな時にご活用下され (^-^)

    サバイバル・ロシア語会話 第一課

    【レンタルする】 взять / брать что на прокат

    例①: Я взял(a) автомобиль на прокат. 私はレンタカーを借りました。
    例②: Я взял(a) DVD на прокат. 私はDVDをレンタルしました。

    尚、ロシア語では、ローマ字を主にドイツ語読みするため、CDは
    『ツェーデー』と発音しますが、DVDは、ドイツ語読みせずに、英語読みで、
    『ヂー・ヴィ・ヂー』と発音します。 因みに、DVDは、ドイツ語では、
    『デー・ファオ・デー』と言います。

    0c24d22e0100

    ロシア語の動詞は、常に、完了体と不完了体が対になっています。 взять /
    братьは、『取る』とか、『盗む』とか、『借りる』等の意味を持つ対格支配の
    動詞です。 よって、この動詞の後には、肯定文の場合は、100%対格が来ます。
    否定文の場合は、その状況に応じて、生格と対格となります。 взять / братьの
    後に、на прокатを付け足すと、『~をレンタルする』という意味になります。
    尚、綴りは、на прокатとнапрокатの2種類ありますが、どちらも間違いでは
    ありません。

    また、動詞のвзять / братьは、そのままだと、返却の義務があるのか全く分から
    ないため、返して欲しい場合には、必ず、動詞の後に、в долгを付けます。
    これを付けないと、盗んだのか、借りたのかが分かりません。 尚、動詞の
    完了体と不完了体の違いは、そのまま人称変化された場合は、以下のような
    意味の違いがあります。

    不完了体 現在→『借りている』 未来形→『借りるでしょう』 過去形→
    『借りていた』
    完了体  現在→なし 未来形→『借りる』 過去形→『借りた』

    不完了体は、『~していた』というように、主に、その時の『状態』を表し、
    完了体は、『借りた』等のように、ある地点から見た『事実』を表しています。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    多言語学習法 に参加中!

    【人称代名詞】
    1人称 ik(イク) 私はwij(ウェイ) 私たちは

    ※wij は強調されない時 we となる
    2人称jij(イェイ) 君は

    jij は強調されない時 je となる

     u(ユー) あなたは
    jullie(ユリ) 君たちは

     u(ユー) あなたたちは
    3人称
    hij(ヘイ) 彼は
    zij(ゼィ) 彼女は
    het(エト) それは
    ※zij は強調されない時 ze となる
    zij(ゼイ) 彼らは
    ※zij は強調されない時 ze となる

    【動詞 zijn(ゼイン)】 英語のbe動詞
    Ik(イグ) ben(ベン)~ wij(ウェイ) zijn(ゼイン)~
    jij(イェイ) bent(ベント)~
    u(ユー) bent(ベント)~
    jullie(ユリ) zijn(ゼイン)~
    u bent(ベント)~
    hij(ヘイ) is(イス)~ zij zijn(ゼイン)~
    ※動詞 zijnの後に、国籍、職業、身分などを表す名詞だけが続く場合は、
     不定冠詞は付けない。

    【動詞 habben(ヘベ(ン))】 英語のhave動詞
    Ik(イク) heb(ヘプ)~wij(ウェイ) habben(ヘベ(ン))~
    jij(イェイ) hebt(ヘプト)~
    u(ユー) hebt(ヘプト)~
    jullie(ユリ) habben(ヘベ(ン))~
    u(ユー) hebt(ヘプト)~
    hij(ヘイ) heeft(ヘーフト)~zij zijnhabben(ヘベ(ン))~




    【指示代名詞】
    何かをハッキリと指し示す時には、指示代名詞を使います。 話し手の近くの人やものを
    指す時には、dit(これ)を使い、それ以外の人やものを指す時には、dat(あれ、それ)を
    使います。

    Dit is het boek これが、その本です。
    Dat is Jan あれは、ヤンです。
    Dat zijn Jan en Marie. あれは、ヤンとマリーです。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ