多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:動物愛護

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本の動物保護の法制度は、世界でも稀に見るぐらいに規制が少なく、残酷な
    動物実験や動物虐待に対する罰則も特にない。 各国の動物保護法や国際学会等
    では、苦痛を与える実験に関しては、最も厳しい規制がある。 各国の規制は
    法律による規制であり、日本で言うところの任意の自主規制とは全く異っている。

     imgoi7
    特に欧米諸国では動物愛護活動が非常に盛んに行われており、その中でもイギリスが
    最も先進的と言われている。 動物愛護において、日本は少なからずイギリスからの
    影響を受けており、1973年には、エリザベス女王が来日した際に、ペットに関する
    法整備を急いで進めたという過去の出来事もそれを象徴している。 しかし、日本は
    動物愛護に関しては、イギリスよりも100年以上も遅れているとも言われており、
    動物愛護後進国となっている。

    イギリスも昔は動物虐待が日常的だった
     
    0276876

    【イギリス】
    イギリスでは、犬は生涯6回までしか出産させてはならず、ペットショップも
    免許制など、こと細かに法律で定められている。 また、動物虐待防止のための
    王立組織である『RSPCA』が1824年に設立され、さまざまな動物を守る活動が
    行われている。 市民から通報が寄せられると、警察官と共に現場へ出動し、
    改善指導を行なったり、虐待者を裁判に掛けるというシステムも整っている。

    【アメリカ】
    アメリカは州によっても異なるが、例えば、オレゴン州の場合、一番重い動物
    虐待罪の重犯罪を犯した場合、10万ドル(日本円で約1,200万円)の罰金、
    または、5年以内の懲役、更に判決から15年間動物の飼育を禁止、動物虐待防止
    プログラムへの参加、保護された動物の治療費等必要経費の負担、精神科の
    カウンセリング受診が義務付けられる。 また、たくさんの州で動物虐待や
    飼育放棄などを犯罪として取り締まる法的権限を持った『アニマルポリス』と
    いう保護団体もあり、それ以外にも動物虐待を警察と同じ権限で取り締まる
    公的な機関などもある。

    【ドイツ】

    ドイツでは殺処分される犬猫はゼロとなっており、動物愛護に関しては、非常に
    熱心な国となっている。 やはり動物保護法も、一頭飼いの犬には、共同生活に
    対する犬の欲求を満たすために、毎日数度に渡って相当時間、飼い主と交流出来る
    ことが保証されねばならないとか、 身体の部分、とりわけ耳および尾を、特定
    犬種の特徴を完成するために完全もしくは部分的に切断された犬を展示することを
    禁ずるなど、細かく憲法で規定されている。 また、ドイツには犬税が導入
    されている。

    【スウェーデン】
    スウェーデン人の動物保護に対する意識は、非常に高く、犬を6時間以上人間の
    監視無しで置き去りにすることを禁止しており、犬をケージで飼うことも禁止。
    2回帝王切開した犬の繁殖の禁止など、厳しく規定されており、犬の保険加入率
    では、世界一となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    皇居や大手町などを抱える東京の中心地である千代田区では、行政とボランティアが
    一体となり、野良猫に不妊・去勢手術を施し、地域全体で世話をする『TNR』や、里親
    探しまで繋げる『TNTA』の活動を推進しており、その活動の成果として、2011年度
    から猫の殺処分ゼロが続いている。

    環境省の統計によると、2013年度に全国で殺処分された猫は99,671匹。 2014年度は、
    東京都の動物愛護相談センターでも、1,049匹が殺処分されている。

    かつては千代田区でも、保健所などに苦情が数多く寄せられていたが、ここ数年間で
    そうした苦情は、ほとんどなくなった。 その代わりに、『猫を助けて』といった動物愛護に
    関する相談が増えている。

    3dc736c4ce6.jpg


    千代田区の推進する3つの取組み
    TNRTrap捕獲 / Neuter不妊・去勢手術 / Return元の場所に戻す。

    千代田区は、2000年度から飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費用の一部を助成
    している(金額の上限は、雄の去勢手術が1匹17,000円、雌の不妊手術が20,000円、
    妊娠中の場合は25,000円)。 行政とボランティア団体『一般社団法人ちよだニャン
    となる会』が連携・協力し、飼い主のいない猫に去勢・不妊手術を行って『地域猫』として
    元の場所に戻している。 猫たちに食べ物を与えるなどの世話をするのは、それぞれの
    地域の住民や在勤者。

    TNTATrap:捕獲 / Neuter不妊・去勢手術 / Tame人に慣らす / Adopt譲渡する。

    東京駅周辺など各地で大規模再開発が進む千代田区では、猫の居場所が狭められ
    つつある。 そのため、千代田区と『ちよだニャンとなる会』は連携し、子猫と、人に
    慣れている成猫、危険性の高い場所にいる成猫などをできるだけ保護し、SNSなどを
    駆使して一般に譲渡している。

    傷病の猫のレスキュー・譲渡

    『猫が倒れている』といった相談が保健所に寄せられると、保健所は
    『ちよだニャンとなる会』に連絡。

    『ちよだニャンとなる会』は、動物病院に受け入れを依頼して、保健所に搬送先を
    伝える。

    保健所は、猫を動物病院に搬送。 『ちよだニャンとなる会』は、獣医師と症状や
    治療について話し合い、猫の譲渡を目指す。 猫の譲渡推進を図るため、千代田区
    では2014年度から譲渡する猫のウイルス検査、駆虫、ワクチン接種の>医療処置
    費用として、1匹につき6,000円までが区から助成されるようになった。

    2015年度からは、区と動物病院が協定を結び、譲渡までの動物病院の入院費が
    1匹につき40,000円まで助成されるようになった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ