アルメニアが実効支配するアゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ地域をめぐる
紛争で、トルコがアゼルバイジャンへの軍派遣へ動き始めた。 現地では、44日間の
軍事衝突の末に停戦合意が発効したばかり。 派兵は停戦監視にあたるロシア軍との
「共同活動」を目的とするが、関係国の警戒心は強い。 支配地の多くを失う
アルメニアの混乱も続き、和平を見通せなくなっている。

「停戦合意は重要だが、あいまいさは取り払わなければならない」とフランスの
ルドリアン外相は11月17日、議会でこう語り、合意を仲介したロシアに対し、
停戦でトルコが果たす役割について説明を求める考えを強調した。 フランスは
ロシア、米国と共に1990年代から続く和平競技の共同議長国となっている。

slide-0

停戦合意が発効したのは11月10日。 その翌日、トルコのエルドアン大統領は
与党の会議で「ロシアと共に停戦監視の役割を担う」と発言した。 停戦合意は
アルメニアがナゴルノ・カラバフ地域の一部を残し、90年代から支配して来た
周辺地域をアゼルバイジャンに引き渡すとしている。 ロシア軍が停戦監視を
担うことも決まっている。

だが、発表された和平合意の声明にトルコに関する記述はなかった。 関係国に
疑心が広がったのは、直後にエルドアン氏と共にロシアのプーチン大統領が
電話協議し、トルコ側が両国による停戦監視のための「共同センター」設置が
決まったと発表したからだ。



トルコ議会は11月17日、期限を1年とするアゼルバイジャンへの軍派遣を承認した。
9月末の衝突開始以来、エルドアン氏はアゼルバイジャンの軍事行動を支援する
発言を繰り返して来た。 トルコとアルメニアの間には、第一次世界大戦中の
アルメニア人迫害をめぐる歴史論争があり、アルメニア系住民が暮らすナゴルノ・
カラバフ付近でトルコ軍が活動すれば、アルメニアを刺激するのは避けられない。

ロシアもトルコとの「共同センター」設置の合意は認めている。 プーチン氏は
11月17日夜に国営テレビで「アゼルバイジャンの要請だった」と明かした。
但し、活動内容については、あいまいで、センターの場所やトルコ軍の派遣規模は
不明なままとなっている。

67438464

停戦合意の直前、アゼルバイジャン軍は、ナゴルノ・カラバフ第二の都市シュシャを
制圧。 事態が緊迫する中、ロシアはアゼルバイジャンを支えるトルコの納得を
得るため、停戦交渉の枠外で妥協を強いられた可能性がある。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村