多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:作家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    『伊坂幸太郎』とは、仙台在住の推理小説作家の名前。 それぞれの作品の主な
    舞台は、仙台となっており、長編小説はもとより、短編小説が、それぞれ繋がりを
    持つという、独自の観点から書かれた作品が多い。 代表作は、映画化された、
    『重力ピエロ』、『ゴールデンスランバー』、『アヒルと鴨のコインロッカー』他多数。

    実は、伊坂作品は、『半沢直樹』以降、ブレイク中の堺雅人が、ひんぱんに主役を
    務めたりもしているが、それでも、映画自体がさほどヒットしないのは、他の作品とは、
    一線を画す、独自の視点が多いからなのか? 次の作品でも、この堺雅人が、
    主役を勤めれば、伊坂幸太郎も、かなりブレイクするだろうとは思いつつ、一躍
    時の人となってしまった、堺雅人が、余りメジャーではない、伊坂作品の主役を
    今後も勤めるのかは、疑問が残るところ。

    作品に出てくる地名のほとんどが、仙台市内にあるため、『伊坂幸太郎』で町興し
    というのも、ひとつの手段として、考えても良いのかも知れません。 一部では、
    『伊坂幸太郎ロケ地めぐり』なるツアーもあり、仙台駅で無料で貰えるパンフレットを
    片手に、仙台市内とそぞろ歩く、『伊坂女子』なるものも、最近では、目にするように
    なった。 現実を忘れて、別の世界へ旅たちたい時に、読みたい作品ばかりです。


    138229475_624
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    トーベ・ヤンソンとは、『ムーミン』の原作者として、世界中で知られている
    スウェーデン系フィンランド人作家の名前。 10月23日~11月30日まで、
    横浜そごうでは、彼女の生誕100周年を記念して、『トーベ・ヤンソン展』が
    開催されています。

    moomin_history_tove_jansson-cfb36ad907e5b10ec440f2105589c600

    トーベ・ヤンソンは、元々は、画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学
    作家で、その代表作が、『ムーミン』となっているが、その多彩な才能により、
    晩年は、実弟に『ムーミン』の連載活動を譲り、本人は、画家としての創作
    活動に力を注いだ。 フィンランドのイメージが強いムーミンだが、実際に
    物語が書かれている言語は、フィンランド語ではなく、スウェーデン語。

    IMG_8242

    『ムーミン』とは、『ムーミントロール』という妖精一家の男の子の名前。
    ムーミンは、連載開始当初は、ドキドキハラハラの冒険が主な内容であったが、
    次第に、登場人物同士の人間模様が描かれるようになった。 最終話の
    『ムーミン谷の11月』では、『諦めること』がテーマとなっており、かなり
    大人向けの内容となっている。

    IMG_8196

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ

    このページのトップヘ