多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:伊達政宗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    初めて海を渡ったサムライ
    慶長遣欧使節は、慶長18年(1613年)に仙台藩主の伊達政宗がフランシスコ会
    宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として、スペイン国王
    フェリペ3世、および、ローマ教皇・パウロ5世のもとに派遣した使節であるが、
    元々、この使節団は、その2年前の1611年に三陸を大規模な津波を襲ったのを
    契機に、徳川家康の許可を得て、仙台藩が単独、かつ独自に派遣した使節団
    である。

    32613308
    M008451

    82dd2bb2

    当時の日本は、江戸幕府による鎖国令が敷かれており、津波による大災害を
    好機へと変え、ガレオン船を建造して、海外へとその活路を見出そうとした
    伊達政宗の日本野望とも言える壮大な計画である。 この時、伊達政宗は、
    「奥州王」の名において、イスパニア艦隊の日本への派遣をこの使節団に要請
    しており、当時世界最強であったイスパニア艦隊がその政宗の要請に応じて
    いれば、日本は根底から何もかもが変わっていた可能性がある。 一説に
    よれば、徳川幕府を倒すためにこの使節団を派遣したとも言われている。

    hasekura

    コレア・デル・リオ
    奥州遣欧使節は、現在の宮城県石巻市の月の浦を出航し、ヌエヴァ・イスパニア
    (メキシコ)を経由して、一路ローマを目指したが、その途中のスペイン南部に
    あるコレア・デル・リオという小さな街で長期滞在した。 この街で滞在をした
    理由は、ルイス・ソテロの出身地であるためと言われている。 この滞在には、
    諸説あるが、使節団は、最長で1年程度をこの街で過ごしたとも言われている。

    この街には、ハポン(Japón=日本)姓、もしくは、Xapón姓の人が数百人
    住んでおり、この使節団の中で日本に帰らず現地に留まり移住したキリスト
    教徒の仙台藩の藩士や使節の現地人水夫、その支援者の子孫であると言われ
    ている。

    IMG_3344

    IMG_3359

    コレア・デル・リオ
    IMG_3341
    IMG_3342
    IMG_3343
    IMG_3348
    IMG_3350
    IMG_3350
    IMG_3352
    IMG_3353
    IMG_3357

    政宗の野望費える
    1615年1月30日、使節団は首都マドリードにてイスパニア国王フェリペ3世に謁見を
    許された。 2月17日、支倉常長は、フェリペ3世ら臨席のもと、王立修道院の
    付属教会で洗礼を受けた。 8月22日、使節団はマドリードを出発した。 使節団は
    その後、10月25日にローマに到着し、10月29日、ローマにおいて栄誉あるローマ
    入市式を行った。 11月3日、常長、ソテロらが、ローマ教皇・パウロ5世に
    謁見し、ローマ市民権証書が授与された。 但し、交渉は難航し、結局、政宗の
    嘆願が受け入れられることはなかった。

    この使節団は、出航直後にキリシタン禁令や宣教師追放令が出たことから、
    7年後に帰国するものの、洗礼を受けていた支倉常長を当主とする支倉家は
    御家断絶の憂き目に。 ルイス・ソテロもマニラから密入国しようとしたが
    捕らえられ、寛永元年7月12日(1624年8月25日)に長崎の大村で火刑により
    殉教した。

    岩倉使節団
    QUYAE-BIE

    その後、使節団のことは語られることなく、明治6(1873)年に岩倉具視率いる
    「岩倉使節団」がイタリアのヴェネツィアで常長の書状を発見したことで、慶長遣欧
    使節の偉業が明らかとなった。 これが切っ掛けで、当時逆賊扱いをされていた
    仙台の地に、日本で2番目の高等学校、仙台第二高等学校(現在の東北大学)が開設
    されることとなった。

    使節団が持ち帰った貴重な資料は国宝に指定されていたが、2013年6月にユネスコの
    「世界記憶遺産」に登録され、仙台市博物館に保管されている。



    東日本大震災
    コレア・デル・リオでの滞在は、たった1日のみであったが、東日本大震災が
    発生した際に、このコリア・デル・リオ市が避難民を受け入れているという
    噂を聞き付け、スペイン語でコリア・デル・リオ市役所に問い合わせたところ、
    全くのデマであることが判明したため、結局、この地に住むことはなかったが、
    もし、本当にコリア・デル・リオ市が避難民を受け入れていたならば、今頃は、
    日本などからは離れて、この地で生きていたと思う。 宿泊した宿のオーナーも
    ハポンと言う人であった。

    コリア・デル・リオ市は、日本人の末裔の街であるため、日本人観光客向けに日本語
    での案内もあるのだが、肝心の日本人が、その史実を全く知らないため、ここには、
    滅多に日本人が来ないとか。 コレア・デル・リオは、セビリアからバスで1時間
    程度の場所にあるため、昔のサムライの気概を感じるために、コリア・デル・リオを
    訪れて見るのも一興だと思う。

    >>遠い帆 ~日本で始めて海を渡ったサムライ~

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    慶長遣欧使節団に同行したソテロの『覚書』が残されているが、それには、
    『日本との通商はイスパニア(現在のスペイン)に利益をもたらすであろう 』
    とか、『通商が成れば、イスパニア系のフランシスコ会派は言うまでもなく、
    キリスト教宣教師を幕府が厚遇するであろう』と書かれていた。

    これだけであれば、通商が目的ということで別に問題はないが、更に驚くべき
    ことが書かれていたのである。 要約すると、『政宗は時期皇帝になるべき最強の
    実力者であり、家康の信頼もあつく、今回の使節派遣は家康の不快とするもの
    ではない』というものである。

    ここで注目されるのは、家康のキリスト教に対する姿勢である。 周知のように、
    家康は慶長17年にキリスト教を禁止している。 ただ、家康は『キリスト教は
    好ましくないが、貿易は推奨したい』と考えていた。 特に、ルソン(現在の
    フィリピン)とノビイスパニア(現在のメキシコ)は、当時、世界有数の産銀国で、
    その技術を導入したいと考えていたようである。

    slide411

    そのルソンは、ノビイスパニア副王の支配下にあり、ノビイスパニアは、
    イスパニア国王の下にあった。 だから、ルソンやノビイスパニアとの交渉が
    必要だったのである。 交渉のためには、好意を持っていないキリスト教宣教師
    とも接触を保っていなければならなかった。 家康が慶長18年までバテレン
    追放令を出さなかったのには、そうした背景があったのである。

    家康がはっきりキリスト教禁止を打ち出している状況の下で、政宗は何を考えて
    いたのだろうか。 ここに、政宗が天下を狙うという可能性を垣間見ることが
    出来る。 というのは、使節一行がマドリードからローマに行く時、マドリード
    から一行に従い、渉外係、兼通訳として同行したシピアーネ・アマチが
    『伊達政宗遣使録』というものを遣わしていて、そこにびっくりするようなことが
    書かれていたのである。

    bautista

    支倉常長がイスパニア国王フィリップ三世の前で次のように演説したという。

    わが君、奥州王は、陛下の強大なることと、その保護を請う者に対して、寛仁
    なることを聞き、予を派遣し、その位と領土とを陛下に献じ、大国と親交を結ば
    しむ。 今後、いつにても陛下の望みに応じ、喜びて、その全力を用いんとする。

    ここに、『位と領土とを陛下に献じ』とあることに注目したい。 政宗自身を
    『奥州王』と言っていることも興味深いが、これは、仙台領、別な言い方をすれば、
    奥州国を植民地として、イスパニアに献上し、イスパニア無敵艦隊の力を借りて、
    倒幕に立ち上がり、日本全土を自分のものにしてしまおうという意図があった
    ということになる。 ただ、この時の政宗の策略は、不発に終わっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    伊達政宗は、永禄10年(1567年)8月3日、伊達輝宗の長男として生まれている。
    その12日後、中央では、織田信長が美濃の斉藤龍興を逐って、稲葉山城を奪い、
    岐阜城と改名している。 この時、信長は34歳。 政宗が『遅れて来た戦国武将』と
    言われる所以である。

    しかも、会津の芦名義広を摺上原の戦いで破り、奥州をほぼ制圧した天正17年
    (1589年)には、関白豊臣秀吉からの横槍が入った。 結局、翌年の秀吉による
    小田原攻めに従軍することとなり、政宗は、24歳の若さで秀吉に臣従せざるを得ない
    こととなった。 以後、豊臣大臣のひとりとして、天下を狙うなど夢のまた夢と
    言った感じであった。 秀吉から与えられた所領の支配を着実に進めるしかなかった
    のである。

    img511

    政宗は、秀吉の資質を見抜き、秀吉に取って代わろうなどとは思わなかったものと
    思われるが、その秀吉が慶長3年(1598年)8月18日に亡くなったことで状況が
    少し変わって来る。 秀吉の遺児秀頼を盛り立てようとする石田光成と、秀吉に
    代わって実権を握ろうとする徳川家康との対立が鮮明になって来たからである。

    この三成と家康の対立の時、政宗は迷わず家康陣営に属しており、同5年
    (1600年)の関が原の戦いの時も東軍の一員として、西軍上杉景勝に対峙している。
    実は、関が原の戦いの前年、、堺の茶人今井宗薫が間に立って、政宗の娘の
    五郎八姫と家康の六男忠輝が婚約していたのである。 家康による見方陣営を
    増やす動きの一環であった。 因みに、二人の結婚は、大分後の慶長11年
    (1606年)12月のことである。

    202302

    このように見て来ると、先の秀吉の時と同様、家康の下でも、政宗は忠実な徳川
    大名として生きていたように思える。 家康に代わって天下を狙うなど、あり得ないと
    いうことになる。 ところが、どうもそうではなかったらしい。 それが慶長18年
    (1613年)の慶長遣欧使節である。 この年9月15日、伊達領の牡鹿半島の
    月の浦を出帆したサン・ファン・バウティスタ号で、正使支倉常長の他、ソテロや
    ビスカイノ、更には、政宗の家臣、向井忠勝の手の者等、180人(一説には140人)が
    太平洋を渡った。

    この時期、ローマに使節を派遣した狙いは何だったのだろうか。 一般的には、
    ヨーロッパの国々との通商を目的としたとされている。 確かに、支倉常長が
    ノビイスパニア(現在のメキシコ)に着いた時、そこの副王とノビイスパニアの
    フランスシスコ会総長直属の管区等に宛てた家康の親書では、商船の往来を
    求めているため、それが狙いだったことは確かである。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    名所・名勝・史跡・旧跡 に参加中!

    長野県東部に位置する上田。 2016年度の大河ドラマは『真田丸』に決定しているため、
    今のところ観光客はまばらだが、東京から新幹線で1時間弱の場所にあり、かつ、上田城も
    上田駅からほど近い場所にあるため、来年は観光客が押し寄せるものと思われる。
    郊外には、『信州の鎌倉』とも呼ばれる程仏閣が多い別所温泉もあるため、首都圏からの
    日帰りの旅行にも最適。

    IMG_9395
    IMG_9397
    IMG_9410
    IMG_9424
    IMG_9426
    IMG_9430
    IMG_9450
    IMG_9457
    IMG_9443

    『日本一の兵』と呼ばれていた真田幸村は、 安土桃山時代から江戸時代初期に掛けての
    武将。 本名は、真田 信繁(さなだ のぶしげ)だが、真田幸村の名で広く知られている。
    直筆の書状を始め、生前の史料で『幸村』の名が使われているものは無く、『信繁』が
    正しい。

    江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の
    寡兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込み、家康をあと一歩のところまで追いつめた。
    後世に江戸幕府・諸大名家の各史料にその勇将振りが記録され、それらを基に軍記物や
    講談や小説などが創作されて、真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的
    武将として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となった。

    IMG_9518
    IMG_9513
    IMG_9499
    IMG_9520
    IMG_9523
    IMG_9442
    IMG_9441
    IMG_9433
    IMG_9434

    大坂城入城の折には、信繁の率いた軍は、真田の赤備えと呼ばれ、鎧を赤で統一して
    いたという。 この赤備えには、諸説あるが、赤は膨張色であるため、少ない兵をより多く
    見せるために用いたという説が有力。

    慶長20年(1615年)年の大坂夏の陣では、5月6日の道明寺の戦いに参加。 伊達
    政宗隊の片倉小十郎重長を銃撃戦の末に一時的に後退させた。 翌5月7日、最後の
    作戦を立案する。

    それは右翼として真田隊、左翼として毛利隊を四天王寺・茶臼山付近に布陣し、射撃戦と
    突撃を繰り返して家康の本陣を孤立させた上で、明石全登の軽騎兵団を迂回・待機させ、
    合図と共にこれを急襲・横撃させるというものだった、とされている。

    IMG_9387

    しかし毛利隊が合図を待たずに射撃を開始してしまったため、作戦を断念せざるを得なく
    なった。 これを受けて信繁は、『今はこれで戦は終わり也。 あとは快く戦うべし。
    狙うは徳川家康の首ただひとつのみ』とつぶやき、真っ正面から真一文字に家康本陣
    のみに狙いを定めて突撃を敢行した。

    この突撃により、徳川勢は壊乱して総崩れの観を呈するに至った。 真田隊は、越前
    松平家の松平忠直隊・15,000の大軍を突破し、合わせて10部隊以上の徳川勢と交戦
    しつつ、後方の家康本陣に突入。 親衛隊・旗本・重臣勢を蹂躙した。 真田隊の
    凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだったという話も伝わる。
     
    しかし数度に渡る突撃戦により部隊は消耗し、兵力で勝る徳川勢に追い詰められ、ついに
    四天王寺近くの安居神社(大阪市天王寺区)の境内で、傷つき疲れた身体を休ませていた
    ところを松平忠直隊鉄砲組頭の西尾宗次に発見され、『わしの首を手柄にされよ』と
    最後の言葉を残して討ち取られた。 享年49。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    名所・名勝・史跡・旧跡 に参加中!

    2010年7月1日に仙台市と宮城県を全国にPRするために結成された、
    奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊。 厚生労働省の緊急雇用創出事業として、
    仙台市観光交流課によって企画され、今期で5期目。

    thumb-w640h640_54f8f9b1-4770-471b-9255-412a704e7d6a

    元々は、その前年に結成された『名古屋おもてなし武将隊』の活動を参考
    としており、主に仙台城でのおもてなしや、写真撮影、その他、全国への
    観光PRも行っているため、全国でもその姿を見る事が出来る。 厚生労働省の
    緊急雇用創出事業として毎年ハローワークにて求人を行っているのも特徴的。
    よって、毎年メンバーが数名づつ入れ替わる。 今期の卒業生は5名で、
    過去最大規模でのメンバーの入れ替えが行われる。





    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    戦国時代のちょっといい話。

    戦国武将の中でも、随一の人気を誇ると言っても過言ではない伊達政宗と真田幸村。
    この伊達軍と真田軍は、慶長20年(1615年)に起きた、『大坂夏の陣』で東西
    両軍に分かれて激突しました。

    52bc3232a8acc

    伊達家随一の家臣、片倉小十郎重綱(後の重長)が率いた東軍の伊達軍は、この時、
    西軍であった、真田軍と道明寺であいまみえる事となりました。 この
    『道明寺の戦い』は、豊臣家の江戸幕府に対する最後の抵抗を鎮圧するために
    行われたもので、この時、大阪城の外堀は、既に埋められていたため、豊臣軍は、
    城を出ての戦いを余儀なくされました。


    毎年10月初旬に開催されている『鬼小十郎まつり』

    この戦に参戦した片倉小十郎は、現在の宮城県白石市にある、白石城の2代目当主。
    慶長20年(1615)5月6日未明より、片倉隊は、大坂方の後藤又兵衛、薄田兼助らと
    大乱戦となります。 この時、小十郎自らも敵4騎を切り倒した他、片倉隊だけ
    でも、討ち取った首が『93』と記録されています。 翌7日も片倉隊は『60』の
    首を挙げたと云わっており、この2日間における、片倉隊の奮戦は凄まじいものが
    ありました。
    52bd4e88b9a54
    こうした活躍により、重綱は『鬼小十郎』と称されています。 その一方で、
    真田幸村は、奮戦及ばず、この戦で命を落としています。 長男の大助は、
    大坂城で同じく命を落としていますが、実は、自らの死を覚悟した幸村は、自らが
    戦った、敵将である片倉小十郎を見込み、予め他の子息達を託していました。
    これを快く引き受けた、小十郎は、幸村の子供たちを自分の領地である、白石へと
    呼び寄せました。 この時白石に来たのは、阿梅、阿菖蒲、おかね、大八の4人。

    後に、阿梅は小十郎の後添えとなっている他、阿菖蒲は伊達政宗の正妻、愛姫の
    実家である田村家第31代当主定広に嫁ぎ、また、大八は片倉四郎兵衛守信と名乗り、
    仙台藩領内に領地を与えられて、仙台藩士に取り立てられています。

    その直系の子孫が、現在の『仙台真田家』となっています。 現在の宮城県
    白石市には、真田家ゆかりの地が沢山あります。 来年度の大河ドラマは、
    『真田丸』となっているため、その前に、白石を訪れて、あらかじめ予習をして
    おくのも、良いかも知れません。

    104_77374_sanada

    その時の両軍の激突の様子を再現しているのが、大人気の戦国バトルゲームの
    『戦国BASARA』。

    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    【Lord Date Masamune】
    It was built as the mausoleum of Sendai's founder Date Masamune in 1636. As a magnificent mausoleum architecture in Momoyama style, it was named as national treasure in 1931, but the mausoleum was destroyed during the Second World War. It was rebuilt in 1979. The place illuminated in Summer. This year, the illumination takes place in autumn for the first time since the 2011 disaster.

    【Samurai Date Masamune】
    Il a été construit comme le mausolée du fondateur de la ville de Sendai "Date Masamune" en 1636. En tant que magnifique architecture du mausolée dans le style Momoyama, il a été nommé comme trésor national en 1931, mais le mausolée a été détruit pendant la Seconde Guerre mondiale. Il a été reconstruit en 1979. L'endroit s'est éclairé en été. Cette année, l'illumination a lieu en automne pour la première fois depuis la catastrophe de 2011.

    【Samurai Date Masamune】
    Es wurde als das Mausoleum des Gründers der Stadt Sendai "Date Masamune" im Jahre 1636 gebaut. Es gilt als der prachtvolle Architektur im Stil der "Momoyama", und wurde als nationaler Schatz im Jahr 1931 genannt, aber wurde während des Zweiten Weltkrieges zerstört. Das Mausoleum wurde im Jahre 1979 wieder aufgebaut. Dieser Ort jedes Jahr im Sommer beleuchtet. In diesem Jahr ist das erste Mal die Beleuchtung im Herbst nach der Katastrophe im Jahr 2011 erfolgt. 
    dscf3367
    Zuihoden

    【Samurai Date Masamune】
    Foi construído como o mausoléu do fundador de Sendai Date Masamune em 1636. Como uma arquitetura mausoléu magnífico no estilo Momoyama, foi nomeado como tesouro nacional em 1931, mas o mausoléu foi destruído durante a Segunda Guerra Mundial. Foi reconstruída em 1979. O lugar iluminado no verão. Este ano, a iluminação ocorre no outono, pela primeira vez desde o desastre de 2011.

    【Самурай Датэ Масамунэ】
    Это было построено как мавзолей основателя города Сэндай "Датэ Масамунэ" в 1636 году. Он считается как великолепная архитектура в стиле "Момояма", и был назван в качестве национального сокровищя в 1931 году, но был разрушен во время Второй мировой войны. Он был восстановлен в 1979 году. Это место святилось каждое лето. В этом году, это освещение в первый раз происходит осенью после катастрофы в 2011 году.

    【伊達政宗】
    瑞鳳殿は、仙台藩初代藩主の伊達政宗の墓所として、1636年に建設されました。 日本最古の桃山様式の建築物として、1931年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争で戦災にあったため、1979年に再建されました。 この場所は、毎年夏に、ライトアップされていましたが、今年は、被災後に初めて、秋にライトアップが行われるようになりました。 

     

     

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ