韓国で開催されるピョンチャン・オリンピック大会のフィギュアスケート
ロシア代表選手団が、大会直前と期間中の合宿を新潟市にある
新潟アサヒアレックスアイスアリーナで行った。 新潟市は、ソ連時代の
80年代後期から極東のハバロフスク市、ビロビジャン市、ウラジオストク市の
3市と姉妹都市提携を結んでおり、日本の中では、ロシアと最も古い独自の
交流を続けている。 ロシア代表選手団との交流会は、新潟市文化スポーツ部
スポーツ振興課が企画した。
mainimg

【合宿概要】
2018年1月28日(日)~2月19日(月) までの23日間、フィギュアスケート・
ロシア代表選手団は、ピョンチャンオリンピック大会の事前、並びに、大会
期間中の合宿地として、新潟市の施設を使用し、ロシア選手団は、練習に
支障をきたさない範囲で、新潟市が企画した市民との交流プログラムにも参加し、
新潟とピョンチャンを数回行き来した。 選手団の構成は、代表選手11人名、
コーチ、役員等の合計30名。

【一般公開】
2018年2月3日(土)と2月4日(日)の午後2時半~午後3時45分
【ふれあい会】
2018年2月3日(土)午前9時45分~午前10時45分

0909568n

【ロシアスケート連盟】
ロシアスケート連盟の代表団は、新潟での合宿地を決定する際に、2回新潟市を
視察し、最終的に、ロシアとの交流が深く、ピョンチャンからも近い新潟市を
合宿地として選んだ。

ロシアフィギュアスケート連盟のセルゲイ・コノヌィヒン副会長(77)は
『新潟で市民の温かい気持ちを感じられた。心から感謝申し上げる。
日本からもロシアの女子選手を応援してもらいたい』と呼び掛けた。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村