多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドイツ南部にあるコンスタンツで、2017年7月30日未明、ナイトクラブで34歳の男が
    銃を発砲し、1人が死亡、警察官1人を含む4人が負傷した。 男は警察との銃撃戦で
    重傷を負い病院に搬送されたが、病院で死亡した。

    dmngkb0

    ドイツの警察発表によると、30日午前4時30分(日本時間同日午前11時30分)頃、
    コンスタンツのクラブで男が発砲し始め、1人が射殺、3人に重傷を負わせた。
    その後、男はクラブから逃走したが、警察と銃撃戦となって撃たれ、搬送先の
    病院で死亡した。 男の銃撃により、警察官1人が負傷している。 警察では、
    男は単独犯と見ているが、動機などは不明だという。

    ドイツでは数日前にも、北部ハンブルクで大型のナイフを持った男が買い物客を
    襲い、1人が死亡、6人が負傷する事件があったばかり。

    出典:AFP

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    自己責任とは、本来は、自分の行動には自分に責任が存在することや、自身の
    過失による場合にのみ、自身が責任を負うことを表しているが、最近の自己責任の
    用法には、その用法が間違っていたり、やや度が過ぎている感じが否めない。

    この言葉は、事故や事件が発生した際に、被害者に対しても使われることが多い
    せいか、非常にネガティブな響きがある。 命に関わるような重大な事件に巻き
    込まれた際にも、自己責任の一言で何もかもが片付けられてしまうことも
    しばしば。 本来は守られなければならない弱い立場の被害者にすら、自己責任と
    称して、社会からはバッサリと切り捨てられるのだから、たまったものではない。

    izu-8

    特に間違った用法としては、他人にまで自分の責任を強く押し付ける際や、
    さほど興味がない話題に対して、吐き捨てる場合の必殺技としても用いられるため、
    本来の意味からは、大きく掛け離れてしまったと言える。

    自己責任を強く問う人間に限って、自分では全く責任を負わず、他人のせいにばかり
    している人間が実は多いのだが、あたかも、自分にはその責任はないとばかりにまくしたてるため、完全に責任転嫁のレベルにまで達している人間も多い。

    誰も一切責任を取らず、他人のせいにばかりしている社会では、幸福を感じる
    こと自体難しいため、それがストレスとなって、回りまわって、自己責任ばかりを
    問う人間が多くなってしまっているのが悲しい現実なのだが、少しは心に余裕を
    持ち、その負の連鎖を断ち切らない限り、安心して暮らせる未来はない。 明日は
    わが身と置き換えて、真剣に相手の立場になって考えて見ることが重要なのでは
    ないだろうか。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう』−−。 2015の
    クリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母
    幸美さん(53)にメールが届いた。 あわてて電話し『死んではだめよ』と
    話しかけると、『うん、うん』と力ない返事があった。 数時間後、高橋さんは
    自ら命を絶った。

    高橋さんが中学生の時に両親が離婚。 『お母さんを楽にしてあげたい』と
    猛勉強して東京大に入り、電通に入社した。 だが高橋さんのSNSの書き込みは
    昨年10月以降、『体も心もズタズタ』『眠りたい以外の感情を失った』などと
    深刻になった。『君の残業時間の20時間は会社にとって無駄』などと上司から
    パワハラ発言を繰り返されていた様子も書かれていたという。

    電通は2016年9月23日、ネット広告を契約通りに流さず、広告主に過大請求
    していた問題を公表している。 高橋さんが所属していたダイレクトマーケ
    ティング・ビジネス局もこの問題に関わっていたという。

    1878666049

    電通の過労自殺問題で明らかになったのは、日本社会の歪みと、何もかも
    見てみぬ振りをする人が多いという事実だと思う。 比較的成功した人間に
    限って、この事件に対して否定的な意見が多かったのは、これまで他人を
    蹴落として生きて来たたためで、この事件を認めてしまうと、自分を否定して
    しまうため、否定的なコメントばかりするのだと思う。

    過去に派遣社員として某超有名大手企業数社で数回働いたことがあるのだが、
    どこも正社員として残っているのは、ひとくせもふたくせにある人間ばかりで、
    他人を蹴落として自分だけ生き残った人達ばかり。 他人の成果を自分のものに
    して伸し上がった人間も多く、基本的にまともな人間は、生き残れない世界と
    考えて間違いない。 そもそも、世間で言うところの『失敗』をした経験がない
    人達であるため、他人の痛みなど理解出来る筈もない。

    gkmflokt

    50代以降の人達に比較的否定的な意見が多かったのは、デジタル社会に対応
    していないため、現代社会の仕事量の多さが良く理解出来ていないためなのでは?
    根性論だけで乗り切ろうとするのは、今時時代錯誤で、競争力のない企業は、
    市場から撤退してしかるべき。 デジタル時代とアナログ時代とでは、そもそも、
    取り扱っている情報量が格段に異なる。 

    610134637

    日本社会では、誰とでも仲良くしろと言うものの、実際は、その真逆で、足の
    引っ張り合いが多い。 よって、人間関係とは、周囲に合わせるのではなく、
    自分で選ぶべき。 その理由は、いくら努力をしたところで、元々理解する
    気持ちがない人間には、どう説明しようが、理解出来ないため。 同じものを
    見ても、その人の主観によって、見え方が180度違うということも理解すべき。

    kAAgxIX

    今時の超絶ブラック企業では、一度や二度、退職の意思を伝えたところで、
    執拗に引き止められて、なかなk辞められないため、自分の身を守る退職
    方法としては、連絡なしで出社せず、そのまま郵送で退職届けを出すことが
    一番の方法らしい。 連日1~2時間しか寝ないと、思考もおかしくなるらしい。

    日本社会は転職を未だに『悪』とみなしているため、その後転職活動は茨の道。
    いくら自分に投資をしようが、転職を『悪』としか見なしていない人間には、
    何がどう出来ようが意味がない。 日本社会を停滞させているのは、人材の
    流動性のなさと、そこから来る生産性のなさが最大の原因。

    本来であれば、能力の低い人間は辞めて頂き、能力の高い新しい人材を雇い
    入れるべきであるのにも関わらず、日本ではこのような人材の流動性が一切ない。
    その理由としては、常に同じメンバーでばかり長年作業をしているため、単なる
    仲良しごっこになってしまっているのと、転職を許さない社会であるため、実際は、
    有能な人材から企業を辞めて行くのにも関わらず、辞めたその人を悪者に仕立て
    上げてしまうところに尽きる。

    海外では、転職でキャリアアップするのは当然のことであるのだが、日本の
    場合は、下手に転職をしてしまうと、大幅に待遇が落ちてしまうため、命取りに
    なりかねないため、一度たりとも失敗が許されない。

    欧米型のゆとりのある働き方が日本に導入されるためには、厚生労働省と
    労働基準監督署がまともに機能しなければならないのだが、厚生労働省と
    労働基準監督署自体がブラック体質であるため、日本の労働環境は、一向に
    改善の兆しすら見えない状態が続いている。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ