アモイは福建省の南東部、九龍江の河口に位置する港湾都市で、対岸は台湾。
中心となるのは、東西13キロ、南北14キロのアモイ島。 『アモイ』とは、
廈門を地元の言葉の閩南語(福建省南部で話されている言語)読みしたもので、
国際的にも通用している。

アモイには白サギが多く生息していたことから、鷺島、鷺門という名でも呼ばれた。
そのため現在でも特産品や地名に『鷺』の字が使われているものが多い。

XMN80534

史料によれば、アモイは唐の天宝年間(8世紀半ば)に福安と漳省から陳氏が島に
移住した時から始まったとされている。 宋代に行政に組み込まれ、明の洪武年間
(14世紀後期)に城が築かれて『祖国大廈之門』(祖国の大きな家の門)と呼ばれた
ため、『廈門』の名が付いた。 明末清初には、鄭成功がアモイや台湾を拠点に
清への抵抗運動を続けた。

また、アモイ港は水深が12メートル以上あり、かつ周囲の陸地や島が防波堤の
役割を果たしている天然の良港のため、明の正徳年間(16世紀前期)以降は、
中国有数の茶葉輸出港として繁栄した。 アヘン戦争の講和条約である南京条約
(1842年)により開港され、コロンス島に洋館が建てられた。

アモイは1980年に経済特区に指定され、1984年にコロンス島を含むアモイ全島が
経済特区となった。 華僑資本を中心とした外資が多数進出し、日本企業も多い。

繁華街は島南部の中山路と思明南路の中山路寄りの部分。 中山路は2階以上を
歩道の上まで延ばす、華南地区特有の建築様式を持つ。

アモイ最大の観光スポットは、古い洋館が建ち並ぶコロンス島で、風情ある
街並みが美しく、国内でも有名な観光地となっている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村