多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    【プロフィール】
    旧ソ連・ロシア、オーストリア、カナダ、ベルギーに語学留学経験あり。
    1991年より、一貫して通訳・翻訳や海外営業等の語学専門職としての経験を
    積んでおり、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語他の多言語を扱う
    語学のプロ。 専門はロシア語⇔ドイツ語の通訳論、言語学、並びに心理学。
    詳細はLinkedInを参照。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:主な都市

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブラジル連邦共和国の面積は、851万2000平方キロメートルで、これは、
    ロシア、カナダ、中国、アメリカに次いで世界5番目の大きさで、日本の国土
    面積のおよそ23倍ある。

    00fdv5

    【ブラジルの国境】
    ブラジルは、南アメリカ大陸のほぼ半分を占めている。 ブラジルの北端は、
    ブラジル領ギアナ高地とアマゾン盆地から成り、これらの人口希薄な地域は、
    フランス領ギアナ(植民地)、スリナム(旧オランダ領)、ガイアナ
    (旧イギリス領)、および、ベネズエラと国境を接している。 西は、
    道さえないアマゾンのジャングルがコロンビア、ペルー、ボリビアとの
    国境となっている。 南、および、南西に向かっては、平坦で肥沃な農地と
    牧草地があり、パラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイと国境を接している。
    南アメリカの国々で、ブラジルと国境を接していないのは、エクアドルと
    チリだけである。

    24012168

    【ブラジルの主な都市】
    ブラジルには人口100万人以上の都市が沢山あり、それらの都市は、主に
    ブラジルの南半分にある。 サンパウロには、1500万人が住んでいる。
    リオデジャネイロの人口は900万人だが、これはロサンゼルスや横浜の人口の
    およそ3倍である。 ポルトアレグレの人口は220万人となっており、名古屋市の
    人口よりも僅かに多い。

    この他の大都市としとしては、ミナスジェライス州の州都ベロオリゾンテが
    人口250万人、パナマ州の州都クリチバが人口150万人、サンパウロ州の州都
    サントスが人口40万人となっている。

    ブラジルの中心部に位置するブラジリアは、1960年代に新しい首都となり、
    今では、人口45万人の都市に成長した。 ブラジリアには目立った産業はなく、
    大半の人が政府機関で働いている。

    ブラジル北東部の大都市は、海岸沿いにあり、これらの都市は、港として、
    州都として、経済、文化の中心としての役割を果たしている。 主な都市と
    しては、人口240万人のレシフェ、人口180万人のサルヴァドール、人口160万人の
    フォルタレーザがある。 アマゾンの主要都市は、人口100万人のベレンと
    人口65万人のマナウスがあり、共に港町となっている。

    【お勧めの一品】



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    台湾の人口の3分の2は都市部に住んでおり、その中でも人口が多いのが台北市で
    ある(人口約270万人)。 台湾北部の都市、台北は、新店渓、淡水河の合流地点に
    位置した行政と産業の中心地である。 1949年以来、台北は中華民国の首都にも
    なっている。

    台北で有名な施設のひとつに国立故宮博物院がある。 ここには1940年に中国
    大陸から運び込まれた数十万点にもおよぶ中国の文物が所蔵されている。 市立
    美術館も数多くの芸術作品を所蔵していることで知られており、油彩、彫刻等の
    作品が展示されている。

    taipeiyakei

    台北の淡水河沿いの大稲埕は、元は平地先住民(平埔族)の村だったが、18世紀
    はじめに漢人も移り住み、やがて物流と貿易の町として発展した。 1875年には、
    台北北部の主要都市として発展した。 1875年には台湾全土の政治の中心地
    となった。 更に、日本の統治下(1895~1945年)で台湾は大きく発展する。

    現在、台北と周辺の工場では、コンピューターおよびその関連製品をはじめ
    として、様々な工業製品が作られるようになった。 また、台北は、西部沿岸を
    走る鉄道(縦貫鉄道)のターミナル駅であり、国内線の空港があり、国際線の
    空港や、主要都市へ繋がる高速道路の起点ともなっている。



    台湾第二の都市高雄(人口約278万人)は、2010年12月に高雄県を合併したため、
    台北を抜いて、人口では台湾第一の都市となった。 その東にある鳳山に漢人が
    住み着いたことに始まる。 オランダの当地を経て、17世紀に鳳山の外港として
    港が開かれてから、街として発展した。 もとは打狗(ターカオ)という地名で
    あったが、日本の統治時代に音を合わせた高雄となった。

    やがて高雄は台湾を代表する港湾都市となり、また、台湾最大の海産物市場がある。
    国内線、国外線の空港があり、鉄道と高速鉄道のターミナルにあたる高雄は、
    鉄工所、製鉄所、造船所、製油所等がある重要な産業の中心地でもある。

    中西部にある台湾第三の都市、台中市(人口約275万人)は、もとは平埔族の地で、
    18世紀から漢人が住み着き、やがて発展して19世紀には一時台湾府が置かれた。
    1967年には、台中港が建設され、工業都市としても重要な都市として位置づけを
    されるようになった。



    台湾南部の都市、台南市(人口約189万人)は、最も古い歴史を持つ街である。
    15世紀には、中国大陸や日本の海の商人らの出入りする港町、安平であり、
    1624年にオランダ人が上陸して以降、200年余り、台湾統治の拠点であった。
    日本統治時代の公共建築物や孔子を祀った廟等、多くの歴史的、宗教的な建造物が
    残っており、今でも台湾の文化の中心地となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ